コットン製巨大テントはこの手で雨撤収できます



ふもとっぱらで撤収のタイミングに豪雨に見舞われましたが、


2週間前の青根でも、雨に降られてました。







その時は朝になったら止んでくれたので、乾燥撤収が適いました。チェックアウト時刻に間に合わず、ヒヤヒヤしながら乾かしたけど。




あの轍を踏んだあと、豪雨撤収の場合の対策を講じておくべきだったのでしょう。








探せば業務用120リットルサイズという、巨大なゴミ袋もあるようです。





120*100センチの大きさで、これ2枚使えば濡れたジルコン15も入れられる可能性があります。0.05ミリの厚さが20キロ超の重さに耐えられるかは不安だけど…。






やはり雨が止むであろう翌日まで延泊し、乾燥させてから帰るべきかと思ったその時、


ママさんの口から「あの緑色のタープでくるんじゃえば?」との一言が…。






モンベル・ビッグタープ、今回持参してましたが、広げかけて端に微細なカビを見つけてしまい、設営を見送ってました。





なるほど… 





このタープ、1年以上前ですが、完璧な撥水処理を施せる、あのニクワックスで洗ってあります。






対角5メーター近いリップウイングタープを風呂敷にして包むと、何の問題もなく畳まれた巨大なポリコットンの塊も、


デリカの荷室に収まりました。








帰宅後に見たら車内に少し漏水しましたが問題ないレベル。これで無事に帰路に就けます。





2日前の混み具合が、嘘のように引いたふもとっぱら。








この中の何組かは、延泊を決意した方々なのかも。







管理棟受付の薪にも雨除けのシートが… 





午後3時半にふもとを発ち、高速の渋滞を避け、ほぼ下道だけで帰宅したのは、結局午後8時半。





e-campさんや弟たちはウチより早く発ちましたが、やはり渋滞に巻き込まれて同じような時刻に帰宅したそうです。


お疲れさまでした。




そして帰宅した翌日は… 





ジルコンは駐車場のフェンスに引っかけて乾かしますが、洗濯ばさみでは押さえられない重さなのでデリカで踏んづけてますけど。





そして、あの加水分解しやすいオレンジ幕は… 





5日の夜の時点で雨が止んだので、速攻で乾かし始めたら… 








大丈夫でした。加水分解は免れたようです。ベタつきなしのグッドコンディションをキープできてます。





ファウデの幕体も… 








これも前夜のうちに干してあり、サラサラに乾いてくれました。





グランドシートにしていたタイベックも無事です。





ただし… 








大量のシュラフは連休中に洗濯が終わらず、一週間後になり、ようやく全ての洗濯と乾燥が終わりました…(^_^; 






豪雨と混雑は想定外だったけど… 








あの解放感は癖になります。ふもとっぱら、またいつか行くことになるでしょう。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 








昨日も遅くなり今朝も予約更新です。コメ返しばらくお待ちください m(_ _)m











豪雨撤収か、それとも延泊か







5月5日の朝食後、e-campさんがお子さんと愛犬のプリム君を連れて遊びにきて下さり、


楽しいひとときを過ごし、お別れした後… 







ポツポツと来たのは、午前10時半ころ。





にわか雨の予報だから、止んだ隙を狙って幕体を拭き上げ、素早く仕舞ってしまおうというプランでしたが… 





見通しが甘かったようです。止む気配はなく、むしろ雨脚が強まる一方… 





やむなくジルコンの中に待避し、外の様子を伺います。








雨だけでなく暴風も吹いてきて、ツインシスターズが風圧に耐えているのが分かります。




MSRのオレンジ幕、できれば濡らしたくなかった。加水分解してベタベタになる可能性がありますから。


前夜のウチに仕舞うべきだったと後悔しましたが、時すでに遅しです。




いっぽうで、ポリコットン幕のジルコンは雨に強く、


生地自体が呼吸するので、結露しても雨に濡れても幕内に水滴がつくことはありません。






幕内からも外側に雨粒が垂れてるのがわかりますが、内側に浸み出すことは皆無です。 が…





雨脚が強いので、煙突の穴を伝って雨漏りが… 





煙突ガードを伝い、フロアにポツポツと、雨粒が落ちてきます。






うーん、まいった…。







翌日まで待って天候が回復してから幕体を乾かして帰宅するか、それとも撤収を強行すべきか…






キャンプは本日5日までの予定。もう1日延泊することも可能ですが、6日は仕事都合で休出したかったしお子たちも予定があるし… 



悩んでいる間にも豪雨が降り続き、ジルコンの幕体がどんどん水分を含んでいくし…





明日まで待って乾かしてから撤収したいけど… 予定は待ってくれません。






意を決し、デリカを幕体に寄せ、撤収開始。







遠くにe-campさんと思しきランドロックproが見えますが、


e-campさんも強風に難儀したそうです。近くのランドロックが風に煽られて飛ばされたとのことで、


ペグは最後の最後まで抜かずに撤収されたそう。










ウチも同様の手法を取りました。幕内を片づけ、最後の最後で幕体を撤収します。





煙突を外し、幕内で灰漉しして… 





ここまで弟に手伝ってもらいました。





最後まで同道すると言ってくれましたが、渋滞するのは目に見えていたので、午後3時前に先行して帰路に就いてもらいました。






暴風雨に煽られるジルコン。左側がしなってます。





どれだけ強風が吹いているかが伝わるかなぁ… 





この頃すでにe-campさんは無事に撤収を済ませ、すでにふもとを発たれた後でした。







しかしこの幕体… 





乾いていても、20キロのポリコットン幕。


濡れていて嵩張るし、手持ちの90リッターゴミ袋にも入らない大きさだし… 







ツインシスターズとファウデ・ファーリット3は、こんな感じの新聞屋からもらった45リットル ポリ袋に収まりましたけど。





はたしてどうするか… 頭を抱えてしまった。


再び「延泊」の2文字が頭を過ぎります。






どうする? itchann !!



※ 「どうする? □□」は豊年満作さんに使用許諾を得ております(笑)





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















BBQの生ハンバーグをカリッと焼き上げる方法






標高820メートルのふもとっぱらの、5月5日の朝は13度を切りました。






前々夜は氷点下だったとリコさんから聞かされてましたが、昨晩も同じくらい冷えた感じ。日の出後に暖かくなったということでしょう。





幕内では暖房がまだ活躍中。








リコさんから戴いた広葉樹の薪は、そろそろ在庫が尽きます。





ミルクランドで薪を求めておいたのは、やはり正解だった。








子どもたちの中でいちばん早く起きたのは、ウチのお兄ちゃん。





彼がキャンプで早起きするのはかなり珍しい。この数時間後の出来事は、キミのせいかも…。





もちろん弟たちが休むファウデの幕内にも、暖房は用意があり… 





アルパカストーブが燃焼中です。





1月の青野原ソロで、この幕体にアルパカ入れたらちょうど良く温まりましたが、今回も全く寒くなかったとのこと。










起きたらすぐにトランプ。スピードに興じるウチの兄と甥。小5・小4と歳も近くて仲が良いです。







ノルのテントウイングの向こうに、気球が上がるのを見遣りつつ… 








有名精肉店の手作りハンバーグを調理しますが… 






これともかく肉汁がハンパない。





脂分が多いということですが、フライパンで焼く場合は、キッチンベーパーとかティッシュペーパーで、


吸わせながら焼くと、表面がカリッと焼き上がります。


一応ステーキハウスで7年働いてたので、信じてもらって大丈夫かと。








主食は米を持ってくるのを忘れてしまい、朝霧高原のコンビニでも売り切れだったので、


セブンイレブンで求めたパックご飯ですが… 






レンジがないので10分湯煎が必要だったけどイケる味でした。ハンバーグもソースなしでもご飯が進む味♪ 







末子はコーンポタージュ付き。いつもの光景です。









気付くと空が、だんだんガスって来た感じ。





この日の予報はにわか雨とのことでしたが、やはりお兄ちゃんが珍しく早起きしたからかなぁ…


この後で、とんでもない天気になりました。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







昨日も遅かった。今日もコメ返遅れます。スミマセン(m_m) 











MSRオレンジ幕の結露がことの始まりだった…







5月5日の夜。






連休を1日余して、翌日には撤収の予定。





ふと夜中に目覚めて、薪を補給することができました。家族は寒い思いをしなかったようです。





そして夜が明け… 








5月6日の朝は曇天でした。





前夜、大人たちで飲んだあとです… (^_^; 





こんなに飲んだのかと。我がことながら呆れてしまうし… 






そしてやはり今朝のふもとっぱらにも、バーナーの爆音が響き渡ってます。








気球が起ち上がりました。







気球を上げるのはふもとっぱらの敷地の端のほうで、ウチから近いこともあり、


この日は近寄ってみました。








やはりデカイ… 






昨日は気付きませんでしたが、気球に乗るためでしょう。行列ができてます。








富士と気球を同じ画面に収めようと、その姿を探しますが… 








残念ながら、今朝は雲のむこうがわに隠れてしまった。





振り返ると、ふもとを包み込むように毛無山が見えます。





右の大見岳はすでに雲に覆われてました。毛無山もこの後、雲海に飲まれていくことになります。





朝7時近くなり、焚火台に火を熾し…








幕外はまだ寒いし、朝メシの調理熱源にもなります。今朝も、あのスペシャルなハンバーグですから。







ふと思い出し、心配になりました。


燃料庫兼ゴミ置き場にしていたMSRのオレンジ幕の中を覗くと… 









草原サイトでボトムなしの三角なら仕方ないですが、やっぱり結露してますね…(^_^; 







MSRのオレンジ幕、濡らすと加水分解の可能性が高まりますが、この後でさらに濡れることに… 





現行の黄色なら加水分解は大丈夫みたいなのかなと… 





フットプリントを買っても良いのかもしれません。多少は結露軽減の効果があるでしょうし… 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















ふもとっぱらの風が止んだ時間






ふもとっぱら、2日目の夜。






風の湯の食事処はお手頃な値段でしたが、量は少なめだったということのようです。






某有名精肉店の手作りハンバーグ。弟が持参してくれたもの。





これ3日目の朝メシになる予定でした。





テーブルを出す前に、腹ペコどもが群がります (^_^; 








あっという間に無くなっていくし… 





で、調理は幕外のSP焚火台とグリルネットで行いましたが、


このハンバーグ脂たっぷりで、当然グリルネットにこびり付いてまして、キレイにする必要があるので… 






焚火用の薪をネット上に井桁に組んで… 








この時は珍しく風が止んでます。炎がまっすぐ上がっているのが証拠です。





下から炭火、上から焚火で焼き切れば、キレイになります。





これで大丈夫。ふもとっぱらの洗い場環境はトイレといっしょで、なかなかキビシイものがありますからね。











そして幕内でも… 





ちびストーブが元気に燃焼中。幕の内外で火祭り開催中♪ 





関東以南の平地では、そろそろ日中の暖房など考えられなくなる陽気ですが、


5月のふもとの夜は、まだ暖房は必要です。






ちなみにちびストーブをジルコン15にインストールするには、デフォルト煙突だけでは足りません。





0.1mm厚のステンレス板を3つと、ちびスト煙突径と同じ配管接合ニップルを2~3つ、さらにホースバンドを9つ求める必要がありました。









これらだけでなく、他にも導入すべきものがありますが… 知りたい方はコメ欄などで聞いてください。




パパの努力? の甲斐あって、幕内はホカホカです。








お子たちもすやすやと休んでます。ふもとっぱら、2日目の晩が暮れていきます。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















ハダカで30分待ち・GWの日帰り温泉ではやむを得ない?



前夜はふもとっぱらの風呂に入れましたが、朝霧高原でキャンプした場合、いくつかの日帰り温泉が選べます。



ふもとっぱらのお風呂は子ども連れが多く、そのせいか湯温がぬるかったので温泉が恋しくなったこともあり、





こちらへ行くことになりました。あさぎり温泉風の湯です。





ミルクランドからここまで、県道71号を車で道なりで進めば5分も経たずに着きます。






ミルクランドを午後5時過ぎに発ったのには理由がありまして… 





風の湯は午後5時過ぎると安くなります。そのことはふもとっぱらの近隣施設紹介コンテンツにも記載されてます。





そんな目論見で、ふもとっぱらから「いちばん近い日帰り温泉」とのこちらへやって来ましたが…





駐車場には、ダッシュボードに手書きでナンバー4ケタが書かれた大きな紙を置いた車がたくさん… 




この手書きってヤツ、ふもとっぱらのお客さんであることを示す宿泊者票ということ。手書きだから逆に目立つし。





フロントの受付には「洗い場で並びます」とホワイトボードに告知があり、


別の風呂に行った方が良いかとも思いましたが、さらに足を伸ばすには時間も押してたし、


子どもたちもすでに温泉に入る気満々だったのでやむなく入場しました。が、


脱衣所からしてすでに床は濡れてるし、浴室で30分裸でカラン待ちで並ぶし、


数年前のGW、道志で風呂の無い場所でキャンプして、道志の湯が激混みだった事態を思い出しました。






空いてたらパナジウム温泉はもっと気持ち良かったでしょう。






考えることはみな同じだったということかと。


こことかこことか、もう少し足を伸ばしたほうが、もっと空いてる温泉を楽しめたかもしれません。






キミにはまだマッサージチェアは必要ないと思うけど…






外はすっかり日が暮れてしまったので、ママさんや弟と相談した結果、


風の湯の食事処で夕餉を摂ったほうが良いだろうということになり…






風の湯の食事処、品数はそんなに多くありませんが、リーズナブル。





ラーメンは500円。





単品感が前面に出たざるそばは600円。前々週のいやしの湯は750円で小鉢付き。どっちが良いかは個人の価値観に寄るかなと。


ちなみに上の画の右はカレー好きな甥ですが、ここのカレーは辛口でした。途中でギブアップしてしまった… (^^;;





ただしこちらの料理はすべて、カルシウムやマグネシウム、


ミネラルが豊富なパナジウム水を使って作られているそうですから、体には良いのかもしれません。




ワタシはこれ。





富士宮やきそばもあります。麺のコシが強くて歯ごたえが楽しいし♪






そしてふもとに戻ってe-campさんのサイトに寄り、


明日は撤収だし今夜は宴会なしですね~と話をして自サイトに戻りましたが… 







この判断、正解でした。飲み明かしてたら、翌日はとんでもないことになってたでしょう。






前夜のケロシンが残っているので、ランタンの点灯も楽です。





連泊って良いなぁと♪ 





ジルコンの幕内にランタンが灯り… 








まずはリコさんちから戴いた広葉樹薪で、ちびストの運用を開始します。





やっぱり持ってきて良かった。ふもとはまだ冷えますから。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















まさか薪も便乗値上げか?





朝霧高原のキャンプで、薪を求めることができる場所とはこちら。





富士ミルクランド。HPでは薪の取り扱いがあることは触れられてません。




観光牧場ということになりますが、こういう所に来れば、薪を求める前にお約束です。


当然お子たちはこちらへ。







動物ふれあい広場。





乗馬体験やウサギのタッチコーナー、乳搾りなどもできるみたいですが… 








ふれあい広場の入場前に、手だけでなく足も消毒する必要があります。








靴の裏まで消毒というのは口蹄疫対策かな… 






残念ながら来た時間が遅かったようで、乳搾り体験は終わった後でしたが… 








ヤギの赤ちゃんが放たれており、お子たちは草をあげたりして大喜び。





画像以上に実物は可愛いかった。周りに人だかりが出来たくらいです。






そして、この光景は… 








高所のハシゴを物ともせず渡る子ヤギたち。










思わすハイジのOP曲が頭を過ぎります (^。^) 






他にもトランポリンや、ストラックアウトなど、子ども向けの遊戯設備があり… 











ストラックアウトは姪の2枚が最高記録でした。ボールが軽いのでコントロールしにくい感じ… (^_^; 





…で、やっと薪を買うことになりましたが、売り場と思しき農産品直売場でなかなか見つけられず…


ふと気付くと、店先のワゴンの下にひっそりと置かれてましたけど。






無事に買うことができ、さらに車内が汚れないように、古新聞を付けていただきましたが…





事前に調べておいた情報だと、かなり軽い薪で200円のはずが400円。


まさかこんなところで便乗値上げにまみえるのかと思いましたが、


持った感じはまずまず身が詰まってる重さがあり、これなら400円でも良いかなと。






なお、山中湖回りで朝霧高原のキャンプ場に来るなら、手前約20キロちょいの、鳴沢のここで、良質で安価に広葉樹薪を買えるみたい。





ウチの経路なら往路で寄れたんですが、デリカ車内に薪を載せる余地は全くありませんでした。






ヒッチキャリア、ますます欲しくなりました。デリカでのキャンプはルーフかヒッチのキャリアは必須ですね。








さて、午後5時過ぎまでミルクランドで遊び、薪も求めたので次の目的地へ向かいます。





5時過ぎというのがミソなんですが… 思うところはみんな一緒だったかも。続きます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 








仕事で午前様が続いてます。今日も予約更新です。コメ返遅れてます。スンマセン m(._.)m













ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ