イグルー + シアトルスポーツ クーラーボックス3台で半壊冷蔵庫と初夏の5日間を凌いでみた


何年ぶりだろう… 




ずっとしまってあった

このクーラーボックスを久しぶりに活用しました。

イグルーのホイールクーラーです。


実は20年近く使ってきた自宅の冷蔵庫

先週あたりから動作が怪しくなりまして… 





冷蔵冷凍機能を最強に調整し製氷機能を停止してみても

冷蔵庫内の温度はここまでしか下がらなくなってしまった…。




20度を下回りません。




結婚した時にワタシの親から送られた祝い品でしたが、

20年連続で動いてきた機械です。




よく頑張ってくれたなぁと思います。

しかし日常に目を遣ると、中高生を抱える我が家では、

毎日のお弁当作りのための食材をストックする機能が

ストップすることになり… 




とにかく暑くなりつつありますから、

いちばん早く自宅に配送して頂けるお店で

これまで使っていた機種と同等以上の機能を持つ

冷蔵庫を手配しました。


しかし日曜日のうちに支払い手続きを済ませたのに、

配送が木曜日となったのは合点がいきません。




前述したように我が家は毎日子どもたちに

弁当を持たせなければならないのです。




苦肉の策として高校生になった長女は

登校途中の買い弁で昼食を調達できますが、

困ったのは中学生である長男の弁当。




自宅すぐ近くの公立中学校に通う彼の登校途中には

昼食の弁当を買うことができるお店はありませんから

ママさんが手作り弁当を作ることかできる環境を

こんな悲惨な状況下で、

確保しないとならなくなりました。



そこで持ち出したのがこれらのキャンプ道具です。




最初にあげたイグルーホイールクーラーはもとより、

現役で使っているシアトルスポーツ 40Qt

リットル表記に直すと約37.8 リットルのソフトクーラーと… 




イグルー クールメイト。

車載すれば電源ソケットから電力を取って

時間をかければキンキンに冷やすこともできますが

今回は自宅で使っているのでその機能は見込めまず。

しかしもともと断熱材が肉厚なボディに充填されているため加冷能力を使わなくても何とかなりました。



冷えなくなった古い冷蔵庫を騙しだまし使いつつ、

もちろんクーラーボックス内に避難させた食材は

キャンプ時に使うような保冷剤をフル活用して冷蔵につとめ… 




対処すること約5日間…。



昨日ようやく新しい冷蔵庫が到着です。




冷蔵庫の電源投入後5時間が経過し…




古い冷蔵庫から一時的に移動させた食材も合わせ、

クーラーボックス内の生鮮や冷凍食材を

何とかしっかりと冷蔵冷凍できる環境へ戻すことができました。



苦しい5日間でしたが、

結果的には何とかなってしまった…。






古冷蔵庫が完全に機能しなくなっていなかったこともありますが、

クーラーボックスだけでも5日くらいなら

何とかなったような気がします。





保冷剤冷凍状態のものを求めたり

知人宅の冷凍庫で凍らせたりして使いました。

クーラーボックスだけでなく、これらの存在も大きかった。




ロゴスの氷点下パックでなくてもじゅうぶんでした。

アイリスオーヤマ保冷剤でもイケルのだなぁと…(^。^)


今年の夏休みは朝霧高原での親戚グルキャンだけでなく、

実は家族でも他の場所で2泊のキャンプ予定を組んでます。




デリカに3つものクーラーボックスを積んでいくのは難しいですが、

保冷剤をしっかり凍らせてクーラー2つくらいで回せば

2~3泊程度なら何とでもなりそうだという自信に繋がる数日間でした。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : クーラーボックス 保冷剤 アイリスオーヤマ 冷蔵庫 冷凍

期待のソフトクーラーが九州のお店から届いた ・ が…



熊本地震と時を同じくして、この連休でどうしても必要な道具をある店舗で注文しましたが、


後になって熊本の隣県である大分県に所在することに気付き、物流の混乱から遅配はやむを得ないだろうと考えていたところ… 







店舗から送信された出荷済みメールに書かれた予定日からは、全く遅れることなく出荷いただいたようで、


その翌夕、こちらが指定した時間帯に配送していただくことが適いました。




指定期日通りの受け取りができたことが、これだけありがたかったことは今までにありません。







山渓さんに感謝しつつ、開梱します。







段ポールに貼られた荷札は間違いなく大分県から出荷されたことを示しています。


私的な憶測ですが、瀬戸内海側の大分市は混乱が少ないのかもしれないのかなと…。









オーダーしたのはこちら。







シアトルスポーツ ソフトクーラー 40Qt です。







色はライム。明るい緑。







当初は黄色を探していたのですが、価格と在庫でソートしたところ、


店舗在庫がライムしか取り扱いがなかったこともあり、ふと気付いてこの色に落ち着くことにしました。




梱包のビニール袋から取り出すと、折りたたみできるソフトクーラーにしては、


ずいぶんと分厚いことに気付きます。







シアトル スポーツクーラー最大容量の40Qtですから、サイズはこんな感じ。







高さ30.5センチ・長さ48.3センチ・深さは27.9センチ。容量41リットルです。


27リットル容量の25Qtとは長さが10センチ違うだけということらしい。








では40Qt の容量がどれくらいのものかを確認すべく、立ち上げてみます。










ガッチリと立ち上げてみたいものですが、そこはソフトクーラー。







ハードクーラーと比べてはいけないことは分かってますが、


何となく頼りない感じが否めません。








うーん… 







保冷用の充填材はクーラー底部と側面だけでなく、しっかりとフタ部分にも入っている感じです。









比較対照が間違っているのかもしれませんが、イグルーのクールメイトと並べてみます。







クールメイトには先日のキャンプで食器やらクッカーやらの洗い物を洗えずに突っ込んでありましたから、


鍋底の煤汚れが付いてしまってました… (^^ゞ 








こうして見比べてみると、イグルーの32Qt容量の電動クーラーよりは、


確かに容量は大きそうです。




しかし… 







重ねて置いてみると筐体の肉厚さの違いは歴然としています。


キャンプでのメインクーラーとして使うには、


やっぱり盛夏前・晩秋後の荷物が多い時だけに限定することになりそうです。








この強力保冷剤を仕込みたかったのですが、昨日の通勤帰路ではアウトドアショップ立ち寄れず、


仕方なくホムセンで買った保冷剤で凌ぐことになりそうです。








車載容量からたためるタイプが必要と考え、5月連休ならこれでもイケルと決めて購入した、


ポピュラーなソフトクーラーです。








見た目重視路線に道を外してしまったのだろうと思いますが、


どれだけ使えるか… 実地で検証してみることにします。





そして後の祭りですが、シアトルスポーツにはこんなソフトクーラーもありました。





これ買って、見た目路線だけを走り切る手もあったのかもしれませんね… (^^ゞ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

次期クーラーボックス決定・キーワードは「折りたたみ」





デリカD:5の車載性能は頼りなく、それに反して子どもたちはどんどんデカくなっていきます。







第2子である中1のお兄ちゃんは、すでに中3長子の姉の背丈を超してしまいました。


なお彼の手にあるのは当然ながら玩具です。身体の成長に心のそれは伴わない。アホなヤツです。




今回のPICA富士吉田はクーラーボックスの使用を見送り、これで代用しました。






グリッドコンテナ。薄めに折りたためるので現地近くまでたたんで持っていき、


河口湖近くのスーパーで生鮮食品や飲み物を買い出ししてから立ち上げて、食品収容庫として使用しました。




富士吉田の3月下旬なら夜間の外気温は氷点下で、日が昇っても朝のうちはこんな気温です。






これならわざわざクーラーボックスを持参する必要はありませんし、


次の家族キャンプである5月連休もおそらく同じ手が使えるでしょう。




しかし… 









もちろん夏になったら、そんな付け焼き刃なやり方は通用しないことは分かっています。







もう少し積載方法を工夫すればクーラーを積めないこともなさそうですが、


今回の折りたたみ作戦、荷物を積載する時も下ろす時も、手際が良くなり、


精神的にも大きなアドバンテージをもたらしてくれました。



そう、キーワードは折りたたみ。そろそろ新しいスタイルのクーラーボックスを考える必要がありそうです。





熊に襲われても壊れないくらい頑強でお値段もヘビーデューティーなこの手のクーラー、いつか欲しいなぁと思ってましたが、残念ながらそれは適わないようで… 



クーラーボックスで折りたためる機能を求めるとなると、


ソフトクーラーバッグという答えに行き着きます。









評判が良いのはこれら。特に上のロゴスは保冷剤との組み合わせで、


かなりの保冷力を発揮するらしい。



しかし私的にいちばん気になるのはこちら。





スノーピークですがかなりの人気者で、現在も欠品状態が続いているようです。



しかしこのソフトクーラー、実は中身はこれと同じなんですよね。ここで書くまでもなく、良く知られていることですが… 






シアトルスポーツ。SPは相変わらずの殿様商売なので、こちらの40qt(約39リットル)を狙っています。



しかしSPのソフトクーラーが欲しくても買えなくて同じように考えられている方も少なくないようで、


品薄になりつつあるようですが… 








食材をじわじわと冷やしてくれるイグルーの電動クーラーも、もちろんこれからも使いますが、


荷物が多い時は今回のように諦めざるを得ない場合が出てくるでしょうね…(^^ゞ 







シアトルスポーツの40qt、現在在庫確認中ですが、無事に入庫してくれることを祈って止みません。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 










テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

電動クーラー修理は成功・改造は失敗…(T . T)




このクーラーボックスを使い始めたのは、まだボンゴフレンディに乗っていた頃からでした。





懐かしいリアウインドウから覗くイグルー クールメイト、ビンテージの域に達しつつある電動クーラー。





ついに通電が滞る不具合が出てしまったので、故障箇所を交換します。







まずイグルーデフォルトの電源コードと、交換用のACコードを切断。





これでもう後には引き下がれません…。







それぞれのコードの切断箇所のビニル被覆を、ライターで炙って剥き…







中間スイッチも支度します。





昨日の更新にいただいたコメントで始めて気が付きましたが、これって確かに… 





いわゆるコタツスイッチですよね。コタツ並みに強力に通電する機器用なら、耐久性も高いかなと♪ 






で、そのコタツスイッチも含め、イグルーコードの冷温の極性を間違えないように確認しつつ、


中間スイッチに結線します。










中間スイッチの裏蓋を取り付けて…







とりあえずコードの改造完了。








デフォルトの1.5倍以上の長さになり、オンオフできるスイッチも加わりました。





この長さ、今までにない使い勝手の良さを生みそうな予感…。この後の現物あわせで的中します♪ 









作業が完了し、自宅駐車場で動作検証に入ります。



ただし… 





不安なのはイグルーデフォルトのコードに何らかの配線上の細工が施されていた場合。


素人考えで直結したので、全く動作しない可能性もあります。







デリカの運転席近くのシガーソケット形状のコンセントに繋いである、AC/DCコンバータ裏に改造コードを接続し…






デリカのイグニッションをオンにし、コンバータもスイッチ入れて通電状態にしました。







緊張の一瞬。






あとは改造コードの中間スイッチだけをオンにすれば、クールメイトが通電しファンが回るはず。






中間スイッチオフの状態。クールメイトの冷却ファンが止まった状態なのが分かります。






じゃ行きます。スイッチオン!






あれ? 中間スイッチの通電ランプが点きません?


やっぱりデフォルトのコードには何かの細工があったのか… (^^;;






と思いきや…







クールメイトの冷却ファンはしっかり回ってました。







修理は大成功、しかし改造はやや失敗というところでしょうか…(^^;;







ちなみに改造コードの長さ、現物で見てみるとこんな感じ。





デリカのリアゲートのシガーソケットから電源を取り、クールメイト本体を助手席に置いて使うことも可能になりました♪ 







中間スイッチの通電ランプが点かないのは残念でしたが、とりあえずクーラー本体は通電するようになったので、


これで今夏はクーラーボックス用に氷を買わなくて済みそうです。






時間をかければしっかり冷えるので、夏の遠征時の頼もしい存在としても復権完了♪ 








なおイグルークールメイトですが、現在はもちろん中古での入手は難しいです。







ただ、オクでは年に4、5回くらいは出品されているようです。さほど高くない場合がほとんどだし、興味ある方は検索してみてはいかがかと。





今や当たり前に見られるイグルーブリキジャグと同じような他サイトとのかぶり方は、絶対にないことだけは保証します (^。^) 










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

イグルー電動クーラーの修理に改造追加






良いクーラーボックスとは言うまでもなく、保冷力が高いもののことを言いますから、


ある程度の保冷力を期待するなら、肉厚の筐体を持つクーラーボックスを探すことになります。





たとえばこれ。ペリカンのエリートクーラー。





2インチつまり5センチ以上の肉厚な筐体を持ち、7~10日間持続の保冷力がありますが、お値段は諭吉が11枚以上。



これ買いました。と言いたいところですが、


今の我が家の財布事情では、手が届かない逸品。去年事故らなければなぁ…(T.T) 






しかし我が家にある、たまたまオクでゲットしたこのクーラーボックスも、


肉厚な筐体を持ち、おまけにシガーソケットに繋げばじんわりと冷蔵してくれる機能を有してます。






イグルー クールメイト。今ではもう、ビンテージクーラーの域に達しているかもしれません。





このクーラーも5センチほどの肉厚な筐体を持っているので、保冷力は強力です。


そしてとにかくキャンプ場では、絶対にと言って良いほど、余所様と被りません。





そんなクールメイトの不具合を発見してしまったのが、つい先日の椿荘ACでのソロキャンでした。







通電しにくくなっているなぁと思ってたら、電源コードのコネクタ部分がゆがんでるのを発見。





接触不良を起こし、通電しなくなってしまったんですよね。






この部位の不具合なら、切った張ったでなんとかなりそうかなと思い、自宅の倉庫を漁って、


こんなコードを見つけ出しました。






おそらくラジカセかプリンタの電源コード。本体はとっくの昔に捨ててしまった筈です。






試しにクールメイトの接続口に繋いでみると… 





何の違和感もなく刺さります。これ、流用することにしました。











上がラジカセコードで下がクールメイトのコード。これを合体させますが、ただ繋げるだけじゃ面白くないので…





デフォルトではイグルーのコードには付いてなかった機能を追加することにします。








中間スイッチ、通電ランプ付きです。





電源コードのコネクタ部分をコンバートすることになりますが、気をつけなければならない点がひとつありまして… 









イグルーデフォルトのコードは極性があり、コネクタ部分の青を目印に合わせて繋げば保冷、赤なら保温と真逆の機能を発揮します。





ちなみに目印とはこれ。クーラー本体のコネクタ部分の丸い刻印。こっちに赤青を合わせることで冷蔵か保温かが変わるんですね。





なので用意したのがこの文房具。





油性マーカーです。





マーカーで赤青が分からなくならないように、デフォルトのコードに着色し… 










さらにコンバートするコードのコネクタも色分けしておきます。










じゃ、いよいよぶった切りますか…(^^ゞ 





これでもう後戻りはできません。上手くいったのかどうかは、続きます。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

イグルークーラー故障・買い換えかそれとも…?





我が家の夏のキャンプでは欠かせないアイテム、イグルーのクールメイト32。





シガーソケットから電源を取り、冷温の両方に使えるクーラーボックスです。




入手したのは2年ちょい前で、その時点ですでにデッドストック。


オークション経由で中古品を入手したものですが、冷蔵機能はしっかりしており、ずいぶんと助けられました。





盛夏の炎天下に庫内31度からスタートして、2時間で15度以上冷えてくれた時の画。



バリゴをクーラーにつっこんでおいて温度変化をはかりました。


14度台というのはけっして冷え冷えではないですが、ペルチェ素子で冷やすタイプなので、じっくり冷えていきます。


24時間くらい通電させると氷点下にも近くなるらしいです。






そのクールメイト、どうもこの部分が壊れてしまったみたい。





車載時にシガーソケットから電源をとるためのコード。





ヒューズ内蔵ですがそのヒューズが飛んでしまった感じ。





接続すれば静かめのファンの動作音が聞こえるんですが、うんともすんとも言わず。まったく通電しなくなりました。





夏の本格キャンプシーズンを前にして、困った状況に陥ってしまい、


やむを得ず、いろいろな可能性を考えざるを得なくなってしまった…。





同じような容量の製品を国内メーカーで探せば、カセットガスも使える強力な冷蔵機能の3WAYクーラーもあります。





しかし5万円近い投資というのは… 


我が家的にはカメラのレンズの方が優先順位が高いので無理っぽい。先日お子たちの運動会で苦労したばかりなので…(^^ゞ 






冷蔵機能だけを求めれば、これならまだ安いけど… ちょっと違う感じ (^^ゞ 







原点回帰して、電動で冷やす機能を捨て、クーラー単体の保冷機能だけを追い求めれば… 





今さら余所様とかぶりまくりなスチベルは嫌なので、同じイグルーのステンクーラーもありますし… 





突き詰めれば、イエティやペリカンのウルトラヘビーなクーラーも選択肢に上がります。





でもやっぱり高い… 残念ながら手が出ません。







どうやら新しく代替品を購入するのは難しそうだったので… 





これをリペアしたり部品交換する方法はないものかと考え、その方向でも情報を集めてみました。





クールメイト、実はクーラーボックスとしての潜在能力はなかなかだったりします。





筐体の肉厚は5センチもあります。





コールマンのホイールクーラーも持ってますが、これは筐体の厚みが薄く、保冷力は比較になりません。






加えて効き方はやさしめですが電動での冷蔵機能も有してます。やはり現状維持を考えた方が財布にもやさしそうだし… 





…でググってみると、





「日本語のページ」だけだと無理でしたが、「すべての言語で検索」するとありました。





米国イグルーのオンラインストア。





久々の海外アウトドア製品通販だなぁと思いつつ、購入に向けて入力を進めていくと… 





あれれ… 





うーん… 米国とカナダだけしか対応していないらしいです… 残念 (T.T) 


ちなみに米アマゾンでも同じ品物がありアカウントもあったので購入を試みましたが、海外通販非対応商品でした…(T.T) 









果たして夏前にこのクーラーボックスは復活させることができるのか… たぶん続きます…(^^ゞ 









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

イグルー電動クーラー・実践編と温泉キャンプ







長い新年度最初の週がやっと終わり… 







今日の昼頃、こちらへ… 







場所は御殿場。初めてのキャンプ場ですが、けっこう有名なところです。




大荒れの天候になると分かっていたので、


テントサイト予約をコテージに替えてほしい旨、電話でお願いしましたが、


爆弾低気圧の報道のおかげか、混んでいないらしくて大丈夫でした。





…で、これも初投入することになります。





イグルーの電動クーラー、クーラーメイト32♪







しかし冷温のどちらも使えるとのことなんですが… 






冷温蔵を切り替えるスイッチの類いが、どこにも見あたりません。






これはボタンでなくてネジふたみたい。





でも大丈夫です。



ユーザーマニュアルを入手できるところがありました。





アメリカのお店なので英文ですけど。





上のマニュアルに出ている通りで、DCコンセントの向きで冷温が変わるようです。






これは温蔵。







冷蔵はこっち向き。





本体のジャック横のまるい刻印に、コンセントの冷温表示をひっくり返して取り付けることで、


冷温が切り替わります。直流ならではですね。








マニュアルによれば、華氏70度(摂氏21度)から使用すれば、






5時間ほどで華氏45度、摂氏で言えば7度くらいまで下がるらしい。




24時間連続稼働すれば摂氏1度くらいにもなるみたいですが、


さすがに24時間エンジンかけっぱなしはあり得ません。







保冷剤を併用すると、より冷たいビールを長く楽しめるかな…





ま、とりあえず今日は試運転ということで… 



晴れればこんなふうに富士が見えるらしいですが、今日明日の予報では無理かなぁ… 







キャンプ場のすぐ横に、源泉100パーの温泉があるらしいので、


そっちを楽しむことになるかなと… 






ホント一週間が長かったですからね。色気や食い気より、ビールと温泉で癒されたいです。











にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






イグルー・クーラーメイト郵便事故?







新緑を彷彿とさせるラグといっしょに、これも来ました。







イグルー・クールメイト32。電動クーラーです。






昨日の更新時と同じ画の場所で撮ってますが、ちゃんと一日開いてます。





筐体の側面にはファンが排気するための円形スリットがあり、


その右下には電源プラグの差込口があります。







開梱してませんがこれが電源コード。






シガーソケットから電源を取ります。車中使用仕様ですね。





フタを開けようとして、残念なことに気付いてしまいました。








ありゃ… 





フタを留めるためのプラパーツが折れてました。






オクでゲットしたものなのでクレームを付けようかと思いましたが…




ま… いいかなと。



どうも郵便事故っぽい。パーツの破片は筐体内でなく、梱包内に落ちてましたから。


クレームつけても代替品を要求できる代物ではないし、出品者はNPO団体さんでしたからね。





イグルーのクーラーメイトにはもっと大きなサイズのものもあり、


家庭用冷蔵庫の使い勝手にならうような横開き扉で使える感じになってます。








でもこれ、縦置きで使うには小さいので、





こんなふうには使わないでしょう。フタの留め具が壊れていても支障はなさそうです。




一応、エポキシ系の接着剤で直す予定ではありますが… 





…で、これ。


長年使い倒してる、マックスコールドホイールクーラーに近い容量と感じたので… 





比較することにします。





奥行きは似た感じ。





ホイールクーラーのほうが、ほんの少しだけ長いです。





高さはこう。





クーラーメイトのほうが低いですね。






幅はホイールクーラーのほうが狭いかな。







容量差はこうやって見る限り、そんなに感じません。





クーラーメイトの32クォートは30リットルちょい。ホイールクーラーは38リットルです。





クーラーメイトには間仕切りがあるので、





こっちの方が使い勝手が良いかもしれませんが、ホイールクーラーの保冷力も侮れないので対決は後日に… 






電動でどう機能するのかは、週末の運用に持ち越しますが、


個性の異なる30リットルのクーラーが増えたことは… 






北海道行きを予定しているわが家には嬉しいかも。







そうだ… 


これもやらなきゃ… 





100均のアルミ蒸着シートを切って、クーラーメイト用の中ブタを作らないとなりませんね。




電動の温冷蔵機能がどれだけ使えるか、まだわかりません。





例え電動機能が腐っていても? イグルーのクーラーなので、


保冷力は信頼できると思いますから、







経験則ではいちばん効果があった、保冷性能を補完する工夫はやっておいたほうが良いかなと。





100均に行かねばならない理由ができたようです。








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン






イグルークーラーはこんな選択肢もあります




忙しい新年度が今日から始まりますが、


そんな中、あえて今週末に家族でのキャンプ予約を入れました。







上の画は過去の別キャンプ場でのもの。方角的には違いますが、今回も富士山がよく見えるサイトとのこと。




忙しいからこそ、しっかり心に滋養を与えなければと思うのと、


父的には、勝手ながらGW家族キャンプの前哨戦と位置づけております。




長女もいろいろ頑張ってますが、その反面で生意気になりつつあるので。






…で、


そろそろ冬キャンプから春夏のキャンプへとシフトする時季でもあり、






暑い時期に必須なこの装備について、見直してみることにしました。







… というのも、今夏は長期の北海道遠征を予定しています。既存のクーラーだけではちと不安に感じたので。







イグルークーラーの保冷力には定評があり、自身の経験に照らしても不安はありません。






クーラー本体の保冷力が高いのに加えて、100均のアルミ蒸着シートをハサミで切り、


ジャストフィットな中蓋にしてありますから… 





フタの開閉時、冷気が逃げることをけっこう防げます。







しかし、容量面での不安は払拭できません… 





40クォートなので、37リットル強くらい。2リットルのペットボトルなら6本までです。







昨夏は道志で4泊しましたが、都留あたりまで出ればスーパーがあると分かっていたし、


どうしみち沿いはコンビニも少ないけど、






ヤマザキショップや個人商店の所在は知っていましたから、不安はありませんでした。






しかし未知の土地で、一週間程度のロングステイとなると、


この容量ではいささかの不安が付きまといます。







今はホイール付きで60qtという選択肢もあるんですね。これ購入した当時はなかったなぁ… 






90リッター近い容量のものに買い直しても良いんですが… 





車内でかな~り嵩張りそうだし… (^_^;









いろいろ考えていたら、こんな製品もあることに気付きました。





やはりイグルー社のクーラーでKOOLMATEというシリーズ。これは40qtなのでウチのホイールクーラーと同容量。





下の画でこのクーラーの価値が伝わると思います。こっちは32qtなので約30リットル。





そう、電気式です。シガーソケットからDC12V電源を取って冷温蔵する機能が付いてます。







同容量のクーラーだとコールマンのベイルハンドルクーラーが該当ですね。






ウチのフレンディ、リアゲートにも電源専用のシガーソケットが付いてます。





ここに繋げば、車載中は冷蔵庫として機能します。キャンプ場についたらただのクーラーボックスになりますけど… 




ただしこれ、米国内での販売品みたいで日本国内では売られてません。



が… 


 


探すとあります。新品ではないですが、楽オクでもふたつくらい出てました。





どうやら実用度的にもハゲシク物欲をくすぐられる品物を探し当ててしまったようです。







市街地のお店で安いけど冷えてないビールを買っても、





ドライブ中にキンキンに冷えた状態を作り出せるのは魅了的ですよね。


次のキャンプでデビューが叶いそう。無事、落札しちゃいました。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン










クーラーボックスに有効な100均系DIY




購入してすでに二度のソロキャンに持ち出しているホイールクーラー16QT…


無垢の状態でもじゅうぶん使えていたのは、季節がまだ夏にはなっていないからだったと思います。





半月ほど「やらなきゃな」と思っていたDIYを




やっと実行できました。



何かというと…



ファミキャンで使ってるイグルーのクーラーでもやりましたが…






中蓋をつけること、です。







考え方はこれと同じ。



冷蔵庫用のカーテン




100均で買えるアルミ蒸着のシートを、クーラーボックスの開口よりちょっとだけ大きく切り出し突っ込んでおくだけです。


ちゃんとした数値で検証したことはありませんが、


夏場は多少の違いはあると思います。






イグルークーラーでやった時は7月。ビールも冷えたままで旨かったし(^u^)






じゃ、ホイールクーラー16QT用にも作ってみます



3年前にイグルークーラーに使ったアルミ蒸着シートがまだ残ってたので…




ホイールクーラーの開口部のカタチに合わせて切ってみます。





この形状を見ながら手元ではさみを使っても、絶対に上手くいきませんから…





こうします。パックリと…





アルミ蒸着シートをクーラーにかませて




そのまま周りをチョキチョキと…







しかしこのままでは、クーラーボックスの開口部に対して大きすぎる…







なので、ここからは、外周から2センチくらいを目安にフリーハンド・はさみでチョキチョキと小さくします。


大まかでも大丈夫です。




で、出来上がりはこちら。






開口部よりほんのちょい、大きめに切り出せたかな?







試しにこのままフタを閉めてみると…





大丈夫です。シートがはみ出したり、フタの密閉度を妨げてる様子はありません。





これで夏場も活躍してくれると思います。



が…



PCで見たのか、お子たちが「これで遊びたい」と言い出したので…



ローラー滑り台…




ということで昨日は急きょ、出動することになりました。




もちろん中蓋DIYを施したクーラーボックスも持っていきましたが…





ちと残念な結果になってしまった…




続きます。






blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ