キャンプの忘れ物をゼロにする方法



朝食はこれ。今回はベーグルにしてみました。







40パーオフですが賞味期間は大丈夫です。





これ、クリームチーズ付き♪





ハムを挟んで炙っていただこうと目論みましたが、お兄ちゃんが普通のハムは嫌いなので…





チキンハムにしてみました。あっさりしていて豚ハムより臭みは少ないです。ステーキ屋で扱っていたので知ってます。





ベーグルは半割にして薪の火で炙っておき…







あまりキレイに塗れてませんが…





クリームチーズを載せて…





完成♪ お手軽です。しかし野菜がない… レタスも買えばよかったかな…(^_^;







末子が起きてきたので…






インスタントですがコーンスープも付けて…








…4歳児にはベーグルの食感は固すぎたようです。ハムとチーズだけ食べ、スープのみで朝食完了でした(^_^;





小3のお兄ちゃんはものともせず、ベーグルも完食でしたけど♪








朝食が済んだタイミングで晴れ間が差してきて…






これなら幕体の結露を退治できそう。お日さまありがとう!!






朝の冷気で露が付いてしまった幕を乾かしまくります。









シャン5もモンベルリップウイングも完璧に乾きました♪




ノルディスク・テントウイングは…





洗濯干し用…? 樹木の間に渡してあったロープが役立ちました。





ブガミッドも完璧に乾いて…







撤収完了♪







11時過ぎてしまいましたが、チェックアウト定刻に近くに受付へ…






今夏、晴れたままで終わるキャンプは初だったなぁ…





オム受付のオーナーさん宅の庭のサルスベリに、夏の勢いを感じます。







…で、自宅へ戻りますが…



晴れたのはいいんですが…





とにかく暑すぎます…(^_^;





自宅駐車場に車を入れ、これから荷下ろししなきゃいかんのですが、


殺人的な暑さです。そこでまず家に入り、海パンとタンクトップに着替えました。



庭木に灌水用するシャワーホースで頭から水を浴びてから…





荷下ろしです。




途中もう一度水浴びしましたが、汗もかかずに済みました。涼しかったですよ♪






真夏は海パンで水浴びしてからキャンプ道具の荷下ろし、かなりオススメします。



集合住宅などでは難しいかもしれませんけど…





そしてもうひとつ、この方法は通年でオススメです。



実は今回、コップの類いとケチャップなどを忘れてしまいました。


ふと思いついたのがメモを残すこと。



そこで次回キャンプで間違いなく持ち出すだろう食器用コンテナに、


今回忘れたり使えなくなったモノの項目をメモして貼り付けました。






これで次のキャンプでは忘れ物をしないで済む確率が上がると思います。









ということで…




本当に忘れ物が無くなったのか、明日からの更新をお楽しみに♪







 





blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


ケロシンランタンなら結露も乾かせますよ




日が昇り、道志渓谷を挟んだ西側斜面がまぶしく輝き出します。












道志村のキャンプ場ではたいてい見える晴れた朝の光景。木陰とのコントラストが美しい…





しかし木陰ということは…






もれなく余計なオマケが付いてきます。






幕体の結露…








コットンテントが欲しくなる瞬間です…(^_^;











年末に予定しているある行為の代償に、ついにこれを買えそうな雲行きになってきました(^。^)





結露はこの幕体もです。








加水分解しやすいロット生地が多いMSRのオレンジ幕です。





昨日は乾燥させたくて設営したのですが、


ツインシスターズを張ったままで、シャン5の中で寝てしまいました。





このままたたむことは絶対に避けたいので…



こうしてみました。





熱もスゴいケロシンランタンを投入。タンクに残った灯油の残りをこれで使い切ります。







背面上部の換気口へ空気が流れて循環するようにと考え、入口部分のスカートだけバハで上げます。









思った通り…




排気口からすごく熱い空気が排出されてきます。これで乾くでしょう。







ところで昨夜、もうひとつ失敗をやらかしました。





これです。もうイッコの639Cなんですが…




こっちはやや多めに灯油を入れてありました。そのぶん加圧のエアが少なかったことになります。


もうひとつの639Cは就寝前に消してあったんですが、こっちだけ消し忘れたまま寝てしまい、





灯油が垂れてしまった… 煤だらけです(^_^;





このままじゃ持ち帰れません。しっかりと拭き上げてから…




再度加圧して予熱します。








煤だらけで黒くなったマントルも再度の空焼き…









オケーです。再空焼き完了でしょう。




せっかくなのでこっちもツインシスターズに投入♪






内外共にツインになりました(笑) これでさらに早く乾くでしょう♪





もりちゃんさん、灯油の臭い対策はこれもきちんと乾燥させたほうがいいと思います。



フューエルファネル。放っておけば乾きますが、急ぐならやはりティッシュで吸わせるのもアリかと。





灯油吸わせたティッシュもファネルも帰路は密閉して持ち帰るか、あるいはティッシュは燃やしてしまうと良いかと…






そろそろあちらの方から、もぞもぞと動く気配がしてきました。







いつ起きてきても大丈夫です。






ランタンで遊びながら、朝メシも仕込んでありますから(^。^)


















blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


キャンプ場でプロレスだぜ



お子たちが起きる前の散策で見つけた気になる建物とは…






オムに来たことがある方なら知ってるかな…





近づいてみます…






なるほど…









杉葉を集めたものを、着火材として提供する設備でした。




杉葉は脂分が多いので確かに着火材として適してます。松ぼっくりなど具してもいいかもしれませんね。








この着火材置場の横がマス池ですが…






今日も平日だし、新しいマスは入らないでしょう。




何より朝食と片づけと撤収でお子たちに付きそう時間はなさそうですし、


もし釣れたとしも、針を外したりシメて開いて塩振ってという手間はなぁ…(^_^;






お姉ちゃんを連れてくるべきでした。しかしそろそろ親と同道したくないお年頃になってきたらしく… 残念(T.T)








マス池を回り、白樺広場へ来てみました。






この時期でも週末ならテントが乱立するでしょう。平日なので誰もいませんでしたけど。






白樺広場直近の水場はこんな感じ。





簡素な作りですが清潔です。管理が行き届いてる感じ♪






広場の脇にこんな立て札を見つけました。



なになに…?





キャンプ場ブロレスの木だそうです。




植樹されたのはどれだろうと探しましたが…






…よくわかりませんでした(^_^;




オムのHPを見てみると、プロレス団体DDTにより、なんとこの地でプロレスが繰り広げられるようです。


今年は9月9日に開催予定とのこと。






昨年の様子をYou Tubeで見つけました。けっこう面白そう…





そして白樺広場の先に気になる建物が…











オムはテントサイトもたくさんありますが、コテージもたくさんあります。






マス池のほとりにあるからかな… ポンドという名前のコテージ。





テラスが広い!






6名用コテージみたいです。中にはトイレもあるらしい。




すぐそばにはリバーサイドというコテージも。









ボンドとは兄弟関係みたい。設備的には同じコテージ。




もうひとつ、リトルポンドという4人用の小振りなコテージもあります。






グルキャンでこの3つのコテージ利用という手もありですね。





これらコテージの横に流れるのは田代沢です。






これが注いでニュー田代ACさんに行ってるみたい。




3棟のヨサゲなコテージを見てからサイトに戻りますが…






この右手にあるのは…




ツリーハウスですね。






2年前にお兄ちゃんと泊まったなぁ…





昨日沢遊びをした流れを見やりつつ…







自サイトに戻ってきました。









まだ朝の5時半です。散策中にも末子の声は聞こえず。お子たちは寝たままでした(^。^)





昨日再リペアしたシャングリラの傷跡も再びくっついた感じ♪






再リペアなのであまりキレイではありませんけど…(^_^;





手持ちのベイマツ端材が残っていたので オムの杉葉は使いませんでしたが、



朝メシに備えて火だけは熾しておくことにしました。






今日は暑くならないと良いなぁ…(^_^;










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


芸術の秋にふさわしいキャンプ場



オムに朝が来ました。







午前5時ちょい前





昨夜は10時まで起きてたお子たちは、まだ夢の中。







朝の散策タイムのチャンスです。






ブガミッドは結露対策で、モンベルのリップウイングを半分だけ被せてありました。






改めて唐松広場を占有してる状況を目にします。





素晴らしすぎるなぁ♪






実はこの唐松広場にも…







あるんです♪





ハイジブランコが(^。^)




ただ、昨日の岩風呂前のと比べると地上から高さがあります。


末子はおろか、お兄ちゃんも躊躇するくらい。リアルハイジレベルです(笑)






唐松広場から富士見台方面へ向かうと





炊事場が見えてきました。





でもオムの場合、こぢんまりとした炊事場ではありません。





デカい建物です。予約制の集会場を兼ねているらしい。



唐松広場松の木広場で設営して雨が来た場合も、ここへ逃げ込めば大丈夫でしょう。







こんな壁画もあり






いろんなワークショップのイベントもあるキャンプ場。ほんわかとした雰囲気ですが本物のアーティストの手によるものでしょう。





こんな張り出しもあります







炊事場の流しに、給湯はありません。





しかしもの凄く清潔に保たれています。






キャンプ場の炊事場は溺れた虫の死骸を目にすることも少なくないですが、


オムでは全くそれを見ませんでした。







こんなところにもチェンソーで作ったと思しきオブジェあり♪





炊事場の横にすすんでみると…









ここにも清流が♪











ここも浅くて、小さな子どもが遊ぶのも大丈夫でしょう。水温はかなり冷たいと思いますが…






次に炊事場から右手に松の木広場を見つつ、坂道を下ります。







ウチが使ったトイレがこの先に…










オムの中でいちばん大きいトイレかも




男子便器と和式便器がふたつ、洋式便座もあります。









トイレに男女別の表示はありませんが、洋式には消音器がありました。基本ここが女性優先と捉えるべきかな…





トイレ外の手洗いはこう。






ワイルドすぎるぜ!!






U字溝は灰捨て場を兼ねている感じでした。







ここからマス池に下ろうとして、気になる建物を発見…






散策レポ、二度に分けます。











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


キャンプでついに霊を見たり?

長い間キャンパーしてます。


山とか森とか、いろいろ行きました。




霊験あらたかっぽい所も行ってますが、


これまで「出た」ことはありませんでした。






「出た」と言うのはもちろんオバケとか霊のことですが、



まさかこの時に出くわすとは…






蒼白い顔の子どものオバケ…





しかもふたりも…









































な~んて…(笑)










ごめんなさい。



パパのスマホで○ングリーバードに興じるふたりを撮ったら、


液晶の照り返しであまりに不気味に蒼白く撮れてしまった…







夢中です。撮られていることにすら気付きません…



ただ…

実際、あるモノを見て撮ってしまいました。

キャンプ場さんに迷惑かけるかもしれないので、これ以上書きませんが本物っぽいです。

知りたい人はことづてとかメールフォームで聞いてください。





しかしここで


オバケよりコワイかもしれない事実に気付いてしまった…






うーん… ペトが不完全燃焼?









加圧して完全燃焼させれば消えるだろうと思い、何度もポンピングしましたが、


黒点はなくなりません。





どこか壊れたのかと不安になりましたが…





夜が明けてから気付きました。現地で撮れなかったのでこんな感じだったと自宅で再現。





ベイルハンドルのナットが緩んで、ベンチレーターが浮いてました。この状態じゃ気化が上手く行かないのは当たり前です





ベンチレーターがずれてるとは気付かず、不正燃焼に納得いきませんでしたが、



すでに午後8時半…









そろそろ寝る支度しようかと、お子たちに言おうとしたその瞬間…




またもコワイものを見てしまって…







羽アリの巣立ち日に当たったらしい…





自宅地方はもっと早いですが、道志のあたりだと8月下旬なんでしょうか



死屍累々です。639C、みごとに集蛾灯として機能しました。






巣立ちを摘んでしまったのは悪いことをしてしまった、明るすぎるのも罪か。







やるせない思いを抱えつつ






焚火の鎮火を確認し…





シャン5にて、まずは3人で休みます。





が… 就寝までにもう少し時間かかりそうな雰囲気…(^_^;








しかしこのランタンも明るい♪










BD オービット。へッ電と比べればバッテリーの保ちは悪いけど、明るさはさすが。アポロでなくてもじゅうぶんかな♪









しかしキミタチ、何時になったら寝るのかな…





パパは酷暑の設営でもう死にそうなんですけど…(^_^;











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




※ なおいちばん上の画は写真素材 フォトライブラリーさんちからの借り画です。


1250キャンドルパワーか





岩風呂に行く前に給油とポンピングまでを済ませてあったので…






アルコールでプレヒートするだけ。ホヤが曇ります。





639C、2基ともあっという間に点灯。





500CPふたつで1kCP? ともかく明るい♪




そしてペトも…







639C付属のボトルでアルコールをプレヒートカップに入れ…










こっちはもう少し念入りにプレヒートします。





強烈な光量の639Cは集蛾灯としてサイト周囲へ。やや光量の小さいペトはブガミッド内のテーブル上へ。





これにて1250CP(キャンドルパワー)達成?





さらにこれも。






ウチのドラゴンフライもケロ仕様です。付属のジェットを交換すれば簡単に変更できますよ。





2分ほどアルコールで予熱したあと、バルブを捻ります。









すぐさま赤火から青火へ。この時期は予熱も早い気がします。






整いました。





じゃ、作るか…




ダイエーの1パック98円のギョウザ♪





風が出てきたので外壁作ってスキレットで焼き焼き…








水入れたらコッヘルでフタして蒸し焼きに。







わが家の漢キャンプでギョウザと言えば、これを付けるのが定石です。






今回は静岡風おでんにしてみました。




パッケージ開けると…






なんか少ないなぁ…(^_^;





ドラゴンフライはギョウザ焼きで使用中なので焚火缶で薪火で温めます。







濃い口醤油ベースのつゆで青のり・だし粉をふりかけるのが静岡風らしいです。






本場はひとつずつ串に刺すらしいがレトルトなのでありません。




すでにギョウザは賞味中。おでんを持っていくと…



末子は真っ先に卵をキープ♪






でもまだ彼には熱すぎて食べれません(^_^;






「はやく食べないとお兄ちゃんに全部食べられちゃうよ~」と言うと…





意を決したようです(^_^;







旨さにもだえる4歳児の図…





ギョウザとおでんの宴は続きます…(^。^)










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


オムの風呂ってどこにあるの?



エダマメは全てお子たちの胃袋へ消えました。






そろそろいい時間かな…






展開してあったオートフリートップ、一度たたみます。






焚火も鎮火に近い感じになったので…







オムさん自慢の岩風呂へ…




とにかく広いので、テントサイトから風呂までは車で行ったほうが良いです。





車で3分ほど走って、古民家の前へ…





「パパ、ここおふろじゃないよ~!!」





そう、この古民家に岩風呂があるんじゃないんです。





その横に建つ黒塗り板張りの建物が風呂棟でした。






チェックイン時、「岩風呂のあたりは屋根が一部改装中」と言われてました。








2年前に来た時は風呂の予約が取れなかったので、今回リベンジ達成です。じゃ、入ってみます♪





階段を降りて…






何かを見つけたらしい?









まるで温泉旅館みたい。入口にはちゃんと名前が書かれてます。




割り当てられた時間は30分。


それじゃ慌ただしいと思う方も多いでしょうが、案外と大丈夫でした。




脱衣所は広々です。







ワイルドな石造りの内壁。






ちなみに石けん・シャンプーの類いはありません。ご利用の方は自分でご用意を。




浴槽も造りも目新しくはないですが…









空いている時でも家族風呂にしてくれる配慮が嬉しかったです。






岩風呂の大きいガラス窓から見える森の景色、これをのんびりと眺められるのは家族割り当てならでは♪




自由に入浴できる風呂なら、こんなゆとりは生まれにくいですから。



なんと10分足らずで風呂から上がり、古民家前のブランコで遊んでしまった。





お子たちを急かしたわけではありません。





ワタシ自身もっと入りたかった。風呂入る前にブランコが見えてしまっていたということ…(^_^;





再びサイトに戻ります。





これ以降、撤収まではAFTを起てっぱなしで済みます





やっと飲めるし♪







もう午後6時半を過ぎました。



夕餉を作らないとなりませんが、その前にやることがあります。






ケロの儀式が待ってます



















blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ