焚き火テーブル メンテナンス・久々のワトコで濡れ色フィニッシュ完了♪




焚き火テーブルメンテナンス最終話です。




天板部分はマジックリンを塗布して擦ることで、

ある程度キレイになったのですが、

エッジ部である天然木のパーツも同じように処理したら

白っぽく荒れてしまったので… 





電動工具で研磨することにしました。





UNIFLAMEの焼き印が消えてしまうかもしれませんが、

背に腹は代えられません。





仕上げに布ヤスリで表面を整えます。





ここまで屋外で作業していたのですが、

残念ながら雨が降ってきてしまった…。






ここまでの状態でフィニッシュとするワケにはいかないので、

仕方なく自宅リビングに古新聞紙を敷いて、

次の工程へ…。





そう、研磨したままではすぐに荒れてしまうので、

天然木のエッジ部保護のため、ワトコワックスを塗布します。





今回はワトコオイルは使用せず、

ワックスのみで仕上げます。





湯煎が必要な場合もありますが、

久しぶりに開けたワックス缶の中を見て、

今の気温ならそれは不要と考えました。





細い部材ですから安めの小さな刷毛でもじゅうぶん間に合います。





まずは旧型の焚き火テーブルのエッジ部に塗り… 





続いて現行型焚き火テーブルのエッジ部にも塗布。

ユニフレームのHPではエッジ部天然木の材が何かは、

明記されていないのですが、見た感じではホワイトアッシュっぽい。






ワトコワックスを塗布した後、

20分ほど放置して… 





ウェスで拭き上げれば完了です。



手前が旧型で奥が現行型。




天板部分の煤汚れは皮肉なことに、

より古い旧型の方がキレイになりました。


エッジの天然木はこう。






ワトコの濡れ色でしっとり仕上がっています。

撥水性も期待できるので、

これでまたあと数年はノーメンテでも現役で使えるでしょう。



現行型の天板はもともとこんな汚れ方でした。





マジックリンだけではこれくらいにするのが限界だった…。





次にメンテする時は、

先の更新でも触れた業務用ケミカルを使うことになると思います。







今も生々しいくらいに輝いている、

伝説のガレージブランド製ウッドファニチャーと合わせても遜色ない… 





とまでは言えませんが、まあまあキレイになったかなと。





これであと5年くらいは気持ち良く使い回せる状態に戻せたと思います。




以前はもっと安かったけどこの出費でもじゅうぶん元を取れる耐久性があります。

今回のようにメンテすればさらに延命も可能です。





買って後悔しない度は高いです。まだお持ちでない方、

試しに1台買って使ってみたら、必ずもう1台欲しくなりますよ♪ 







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 

















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 焚き火テーブル ユニフレーム メンテナンス ワトコ オイル ワックス 刷毛 フィニッシュ ガレージブランド デザインリコ

焚き火テーブル メンテナンス・マジックリンでなくあの業務用ケミカルを使うべきだった?


アウトドア用のテーブルはいろいろありますが、

この製品の耐久性は抜群であると言って良いでしょう。





言わずと知れたユニフレーム 焚き火テーブルです。




焚き火テーブルの使い勝手がどれほど有用かを考えると、

我が家の使い方なら、現在7500円もするコイツは、

あと10個あっても足らなかったのかもしれません。


ですが幸福な出会いがありました。




デザインリコさんです。伝説のガレージブランド、

ウッドファニチャーを提供してこられた彼の方は、

ご活躍当時すでにヘビーユースなテーブル畑において、

メジャーな存在だった焚き火テーブルの仕様を意識された

物造りをされてました。





ヘビーな使用状況でも根を上げない焚火テーブルの卓面高さ、

37センチ前後と同じ高さの木製テーブルや

ジャグ台をリリースされておりましたから、

とっても使い勝手が良くて… 





我が家では今もリコさんが手がけられた幾つかが現役稼働しており、

気付くとユニフのほうを買わずに済んでおります。





現在すでにガレージブランドとしての活動を終えられましたが、

いつか復活されることを待ち望んでおります。






で、ユニフ焚き火テーブルを油脂系汚れに効く強力洗浄剤、

マジックリンで洗った結果です。


スポンジと古歯ブラシで擦った結果は

こうなりました。




左が旧型 天板エンボスが荒い方で、

右が現行型の天板エンボスが細かい方。


どちらもキレイになったかと思いきや… 




現行型の天板にこびりついた灯油系と思われる汚れ

かなりしつこい。





残念ながら天板の灯油系汚れはこの時点までのところ

マジックリンでは太刀打ちできず、後日に課題を残しました。


 

最初からこれ使えば良かったです。

業務用油汚れ用強力洗剤のケミクールと専用スプレーボトル。





かつて務めていたステーキハウスでは

厨房グリルをこれを使い、定期的にメンテナンスしてましたが、

強靱な油脂汚れも鉄部を加熱してから洗浄すると、

あっという間に無垢の鉄色に戻りました。



ただしこの業務用洗剤、使用にあたって

ある程度の経験や知識が必要なので

不用意にキャンプ道具に用いると大ダメージを与えかねません。






水溶性です。しかし希釈には専用ボトルを用意した方が良いくらい

強力な浸透力がありますのでご注意を。





さらにエッジ部の天然木は経年変化で汚れておりましたから… 





マジックリンで表面を脱脂してみたのですが、

表面が白っぽく荒れたマチエールになってしまいました。



これはきちんと手を当てる必要があるということ。





ということでエッジ部の研磨作業に入ります。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 

















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 焚き火テーブル ユニフレーム 汚れ ケミクール

あなたの焚き火テーブル、きれいにした方が良い時期に来てませんか?




焚き火テーブルというロングセラー製品があります。





言わずと知れたユニフレーム社の製品で、

我が家がひとつめを手に入れたのはいつだったかと

記憶を辿ると、なんと7年も前だったことが判明。




そしてその2年後にはふたつめの焚き火テーブルを入手し、

現在に至っています。


その名の通りの使命を果たしており

焚き火とかそれを使った鋳鉄鍋であるダッチオーブン、

スキレットだけでなく、

芝サイトで燃え残った薪を一時的に乗っけたり、

その他いろいろ、ともかくこのテーブルでなければ

受け付けてくれないような…





重量物やけたものの仮置き場になっておりました。





もちろんあの大嵐だった朝霧高原ソロでも使っていたのです。

が… 





その後の道志ソロには持っていっておりません。

それはなぜかと言うと… 




使用に耐えないと思うほど、

汚れがきていたことを感じたから。



こちらは現行型。





この上で火器が上手く燃焼できなかった時、

足掻いたことの足跡かと。





灯油の燃え滓と思しき黒い汚れが染みついています。


そして旧型の焚き火テーブル




旧型は卓面のエンボスが荒いのですが、

この卓面の汚れはなぜか大人しい。

現行型を入手するより前、

もっと素人度が高い時期から使っていたのですが…(?_?) 



とりあえずこの手の材でこの手の汚れには、

やっぱりこのケミカル材が使えそうだよなと思い… 





用意してあります。マジックリンです。



この時は気持ち良く晴れましたから、

庭の水道に繋いであるガーデンシャワーを使っても

問題は少なそうでしたし、

マジックリンも実はもう1本在庫があったので、

躊躇うことなく垂らしまくります。





細かくこびりついていそうな汚れを落とすのに

食器用スポンジをハサミで切ったモノを使って

こすりまくります。







でもスポンジだけでは落ちなさそうだったので… 







古歯ブラシも使ったりしてさらに擦りまくり… 





ガーデンシャワーの水勢をいちばん強そうな直流状態にして、

マジックリンを洗い流しました。



うーん… 





効果は半々というか何というか、

なかなか手強い感じです。続きます。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 焚き火テーブル ユニフレーム メンテ 汚れ

頑強さ向上! 伝説のガレージブランド製ウッドテーブル・販売再開を切に願う…




デザイン・リコさんの渾身の一作、

Living Table (リビングテーブル とでも申しておきましょうか…。




リリース当初はヒノキ製だったと記憶していますが、

その後ヒノキ材の調達が難しくなり、アッシュ材に変更されたと聞きました。




材の変更で頑強になったようですがその代償として、

ヒノキ材の持つ軽さという耐久性と背反する魅力は失われたようです。


何が言いたいかというと、とにかく重いということ。




このことについてはデザイン・リコさんも 「重いですよ」と仰られてましたが、

過去に分けていただいたこのクーラーボックススタンドもアッシュ材で… 




重いは重いのですが、それがゆえ、

耐久性も高いようで、今もまだまったく材が欠けることなく使わせて頂いております。

耐久性が上がってるのなら、多少の増重量はむしろ歓迎したいところです。



そしてこの新生・リビングテーブル





青野原でも開発者様の手で見せて頂きましたが、

収容時と展開時両用で活きる工夫が施されておりました。


これです。






卓面下部を支えるフレームに、ダボとダボ穴が設えてあります。


この施工、左右両方のフレームに施されております。

リビングテーブルは卓面が左右に分かれており、ロープで結ばれる構造ですが、

その仕舞い方法がゆえ、折りたたんだ後に収まりが良くない状況を開発者様は感じていらしたようです。



たたんで収容する時はダボがダボ穴にはまるので… 




設営前も撤収後もフレームが擦れたりせずに運べます。



そしてこのダボは、デザイン・リコさんのリリースの中では、

中・大型テーブルの場合は一貫され車載時に収容しやすい折りたたみ型にこだわられてきた

ロックアームにも活かされており… 




テーブル両端の下に設えられたアームのロックボルトは指先でねじって外せる機構ですが… 




ロックアームにもダボ穴があり、

フレームのダボにはめ込むことで強度が上がる仕組みになっています。







前述通り指先で回せばロックできるボルト。

設営撤収に、工具はまったく必要としません。




ロックボルトを4箇所はめ込めば、リビングテーブル設営完了です♪ 

堅牢にして濡れ色の質を呈する仕上がり。堪りませんね (^.^) 



さらにあと2つ。

ワタシが過去に自作キットを分けて頂いて組み上げた、

ワイドタイプの天板テーブル、P-1246 Kit と同じ物で、

デザイン・リコさんが組まれた物をお分けいただきました。




やはり開発元が作った物となると、全然出来が違います…(^^ゞ 



そしてもうひとつ、小振りな自作Kit用をご自身で作られたサンプル? も… 




天板エッジがカットされた仕様。これカッコイイなぁ (^.^)



思い出すとデザイン・リコさんとのお付き合いが始まったのは、

もう3年も前のこと。




自作テーブルのモニターをご依頼いただき、調子に乗って不躾な仕上げで、

このブログに掲載しました。




その後も変わらず見守っていただき、何度もモニター品や試作を頒布いただいたりして… 





本当にありがとうございます。


現在は出荷を停止されておりますが… 




いつか再び蘇られるようにと願って止みません。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : デザイン・リコ テーブル ウッド ガレージ ブランド 自作

あの伝説のガレージブランドのウッドテーブル、再降臨




KBを出発したのが10時45分頃。





道志みちを相模原方面へ走り、途中で左折してこちらの坂を下ります。





そう… この坂は青野原ACへのアプローチ。





この日この時はダム放水中とのことで、道志川の流量は上流の久保よりも多かった。





この日は平日でしたが、ワタシと同じように連休中の仕事で振替をもらったか、

はたまた美容業界の方々が多く訪れていたのか… 




場内は平日であることが信じられないくらいの、けっこうな混雑ぶりでした。


この最奥のデイキャンプエリアでお約束していたのは、

あの伝説のガレージブランド… 




そう、デザイン・リコさん。2年半ぶりの邂逅です。


久しぶりにメールをいただいたのが9月初旬で、

いくつかテーブルをいただけるとのありがたい話をいただいていたのですが、

なかなかワタシの都合が付かず、約1ヶ月後のこのタイミングでやっとお会いできた次第です。



2年半ぶりの邂逅で話は尽きませんでしたが、

この後ワタシも自宅での家事が待っており、泣く泣く青野原を後にします。




またいつかご一緒させてください。その時は年季の入った里子たちの姿をお見せできると思います。



そして帰宅後、洗濯などの家事を済ませてから、車載キャンプ道具の片付けはそこそこに… (^^ゞ 

いただいたテーブルをじっくりと拝見させていただくことに。



ひとつめはLight Table (ライトテーブル)




現在デザイン・リコさんのHPに載っている物ではなく、初期の頃のライトテーブルです。





脚が短めですがこれと同じ物を過去にも分けていただいており、

何度もキャンプに連れ出すうちに負傷してしまったので、ワトコでメンテして、

今も現役で、幕内と自宅室内で使用しております。


小振りな卓面ですし短足がゆえに脚部に負荷がかかりにくいようで、

分けていただいた中では、いちばんエイジングダメージが少ないのがこのテーブルです。



そしてこちらは試作品だそう。




サイドテーブルとして使えそうな意匠。

デザイン・リコさんにしては珍しく、褐色系のオイルステンでフィニッシュされています。




ランタン台として使うのもアリですが、この意匠は… 




末子がベンチと勘違いして座らないように強く言っておかないと… (^^ゞ 



さらにこちらは Living Table




これ以前も同じ物を分けていただいたのですが、

話を伺うともう、材から構造から確実に進化を遂げておりました。


素晴らしい加工精度はまさに伝説の仕事ぶり と言って良い仕上がり。

さすがでございます。


詳細は長くなりそうですので続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 青野原 ガレージブランド 伝説の デザイン・リコ

イタリア発・夏キャンプ向けのエアベッドを発見♪




それをテント内に出すと、我が家の子どもたちが狂喜乱舞するアイテムがあります。


正しくはありました、です。何かというと… 







これです。エアベッド。



最近はクローズドセルのマットばかり使っていますが、インフレータブルの極厚空気の層があることで… 










ある条件下のサイトでは、とあるアイテムを組み合わせることで、


真冬のキャンプで化繊シュラフでもまったく寒くなく、朝を迎えることができていました。




ある条件下とはAC電源付きサイトのことで、とあるアイテムとはこれのことです。







ホットカーペットですね。







ホットカーペットの上にこのエアベッドを2つ敷くと、マット内の空気が暖められ、


ホッカペの面積以上を暖めることが可能になりますが、さらに… 







極厚インフレータブルなエアベッドが得意とするのは、むしろ冬場ではなくこれからの暑い季節。


極厚の空気層は体温を拡散し、ひんやりとした寝心地をもたらしてくれますから。





しかし子どもにはこの非日常的なフワフワ感がたまらないみたいで… 







ダメだと言っても上でバンバン跳ねるし… (T.T) 


気付くと2つあるうちのイージーロールクイーンエアベッド、ひとつはパンクしてしまい、粗大ゴミ行きとなってしまいました。





今年の夏はこれまでになく暑くなりそうだし、もう一度イージーロールクイーンエアベッドを買おうかと思っていたのですが、


なんともっとスゴいアイテムを目にしてしまった。






「Ca.Mia」というエアベッド。イタリア製らしいです。





初期状態はこんなにコンパクトですが… 





コードが見えます。どうも電動エアポンプ内蔵っぽい。


スイッチをオンにすると… 








5分とかからずに展開するそうです。






天蓋と思しきメッシュの立ち上がりがあるため開放感もあります。





これからの季節、蚊帳としての虫除け機能と、涼感をもたらす効果も期待できそうです。





これ収容状態ではトートバッグに入る大きさになるそうです。






イタリアを拠点とするCAMPEGGIという家具デザイナー集団のサイトで紹介されたプロダクトですが、


今のところは実売段階にはないのかもしれません。







CAMPEGGI、屋内用の家具が多いですが、アウトドアでも使えそうなファニチャーも所々に見つけることができます。


興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか? 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ポール折れマンティスチェア復活の日




昨夏に骨折したエーライト マンティスチェア。







ゴールデンウイークのグルキャンに合わせて何とか使えるようにしたいと考え、


半ば強引に長ネジ等を使い、見た目的には直ったように見えます。







この画で言えば左下の部分が修繕した箇所ですが、何となく歪んでいる気が… (^^ゞ 




試しに腰掛けてみたところ… 







座っているだけなら大丈夫。




しかし身体を揺らしてみると… 







やっぱりダメでした。


長ネジをねじ込んだ時ははっきりと分からなかったのですが、よく見比べてみると、


長ネジとチェアフレーム、それぞれのネジ山のピッチがまるで違いました。これでは直るワケがありません。









ということでGWのグルキャンに、エーライトを連れ出すことは適わなかったのですが、


ここで諦めたワケではありませんで、実は先手を打ってあります。




入手できたのは連休前だったのですが、届いたのは連休後。






オークションで入札し、まさかの競合者なしで落札できた物が届きました。



開梱して出てきたのは… 







そう、マンティスチェアのフレームとポール。







もちろん不具合なしの物です。


というよりこれ、マンティスチェアのデフォルトケースなしで出品されていたもので、


シートの色は黒。







私的にはもともとの手持ちのイエロー/ホワイトのボーダーが好みなので、あわよくば落札できたとしたら、


ガワだけ交換して使えば良いかなぁと入札し、そのまま落札できてしまったという次第。




 



ボーダーのシートを装着して、呆気なくマンティス復活です。






復活と言っていいのかどうかビミョーなところですが… (^^ゞ 








長ネジでリペアできたとしたらどちらかと言えば目立たない部位ですが、


やはりデフォルトのポールの方が然るべき姿です。


こんな方法でしか元の姿を取り戻せなかったのは悔しいですが、諦めることにします。








落札物のガワは壊れたフレームと一緒にリペア用パーツとして保管することに…。













新品の半額以下の出費で済みました。マンティスチェア、なんとか戦線復帰です。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 














テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ