アウトドアブログなんて季節モノという良い証拠ですが節目は来ました



炎天下の元、レストリブレでの撤収を終えました。








体温と同じような気温の中での撤収作業はさすがにこたえ、干涸らびそうな感覚が…(^^ゞ 






レストリブレのチェックアウト定刻は11時ですが… 





10時過ぎに撤収完了したものの、すでに気温は37度近い。危険な温度です。






ここでひとつ問題が…。



この後、近所の某○志の盛にデイでインして天然プールで水遊びをと考えてあり、水着も用意してあったんですが、




※ ちょうど一年前の画です。




お子たちがなぜか心変りし、「いかない」と言い出した…。





あの冷たい水で火照った身体が冷やせると思い、クソ暑い中で撤収してたのに… 


ちょっと呆れてしまいました。


次からはキャンプでのゲーム機持参を規制してやろうかと…(--#) 






そう思いながらも、一学期の終業式を終えたばかりでもあり、お子たちも疲れがあるだろうとも考えつつ、 


それでもやっぱり今の時期、思いっきり水遊びするのが子どもとして正しい姿だよなぁとも思いつつ… 





複雑な思いを巡らせながら、レストリブレのフロントに向かい、チェックアウトの手続きを済ませると… 





嬉しいサービス♪ なんとAC電源代をオマケしていただきました。





リブレの若旦那さんと話をしましたが、なんとウチのブログで紹介すると、問い合わせの電話が増えるとのことで、


「じゃガンガン宣伝しときますね♪」とお伝えし、ありがたくサービスをお受けすることにしました。






ちなみにHPによれば、まだお盆時期も空きがあるらしい。夏休みのキャンプ場をまだ押さえていない方、いかがでしょう?







そして帰路はいつもの16号線沿いのGSに寄り、軽油を補給。





リッター101円。一時期よりちょびっと値上がりしましたね。





ドトールのあるGS。ソフトクリームもたまには良いかもしれません。今回お子たちは気付かなかったので、次の楽しみにしようかと。










それにしてもやはり軽油は安い。2,000円ちょいで満タンです。今回キャンプはほぼ150キロを走ってるのに♪ 






しかしこの時期はクリーンディーゼルとはいえ、燃費が落ちちゃいますね…(T.T)





エアコン使うとどうしようもない数値に… 





帰宅時には10km/l を切ってしまった。熱中症にはなりたくないし、仕方ないところです…(T.T) 








…で、レストリブレのキャンプレポは以上で終了なんですが、


つい先日、このブログもある節目を迎えたようなので一応ご報告を。







アクセス解析から引っ張ってきた画です。今月中旬だったと思いますが… 






累計でのPVが700万アクセスを超えました。これはもうちょっと後のキャプチャ画。





ちょっぴり寂しくさせるのは、アウトドア系ブログって季節モノの要素がかなり強いということ。





棒グラフ見ると分かりますが、冬場と夏場では下手すりゃ3倍近いアクセスの違いが生じます (^^ゞ 





このブログもご多分に漏れず夏場は大繁盛でして、ここ一ヶ月ほど一日あたりの平均PV数はほぼ毎日10,000を超してますから、


この更新の時点で、717万PVは超すかなぁと…。






不思議なのはブログ村のPVポイントで、かなりの漏れがあるといわざるを得ない。


精度が高いとは言えないようで、意味あんのかなとも思ってしまうところですが、



まいいや… 







ともかく、ここを始めた時はこんなに多くの方にきていただけるブログになるとは思ってなかったです。


皆様のご愛顧に厚く感謝いたします m(__)m










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

あの米国製タープの遮光性は意外にも高い





通算3度目の利用でも、雨が絡んでしまった道志のレストリブレですが… 






午前8時を過ぎると、抜けるような青空に恵まれました。







おかげで昨夜の雨で濡れてしまったケルティ・ノアズタープは、すっかり乾いてくれたようです。








とりあえずこっちの幕は、乾燥状態での撤収が適いそう。







ところでノアズタープの幕色はライトベージュで、素材は75Dのポリエステルタフタ。








この色だし、ポリコットン系のタープに比べたら、そんなに遮光性は高くないんだろうなと思ってましたが… 





道志の森のソロで使った時も感じたことですが、陰の色がけっこう濃い。遮光性は意外にあるようです。






そしてもうひとつの大物。テンティピ・ジルコン15も完全に乾いてくれて… 





ほぼ20kgの重量があります。過去に一度だけ濡れた状態で撤収し車載しましたが、あれだけは二度とやりたくない。ほぼトラウマです。


正直、乾いてくれてホッとしました (^^ゞ 











抜けるような青空とはまさにこのこと。延泊したいくらい… 





だけど仕事は待ってくれません。








午前9時過ぎ、36度超の気温という絶好のコンディションの中で撤収開始…(T.T) 








これだけ気温が高く、晴れてくれると脳天を焼かれて熱中症が怖いので… 





ノアズを日よけに残し、まずはジルコンをたたみます。









撤収中にも起きたことですが、今回のキャンプでヒヤヒヤしたことがひとつ。





他の利用者のお子さんが、ウチのロープに何度も引っかかって躓いたこと。






他のお客さんのサイトを横切らなければ起こり得ないことで、こちらには非がないといえばない。


しかし危なっかしいので放って置くわけにも行かず、ワタシからその都度声をかけたり、


該当のお子さんの親御さんも口頭で注意されてましたが… 






ウチのサイトを横切れば、トイレや炊事場に行くのに近道だったんですよね。


何より夏休み最初のキャンプという環境は、子ども達の自制心より開放感に味方してしまったようでした。






負傷などの実害がなかったから良いものの… 



やはりとっておきの場所がとっておきでなくなってしまったのは確かなようで、その意味での落胆は小さくありません。






次にこちらへ伺うのは冬の声が聞こえ、客足が遠のいた頃になるのかも…(^^ゞ 










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

夏キャンプにオススメ・ヌメ冷系の超簡単和食レシピ



上道志のフルグラスなキャンプ場、レストリブレの早朝。







朝の5時半過ぎ。今は晴れてますが、夜間に雨が降ったようです。










レストリブレを利用するのは、今回が3度目ですが…


 


過去2回も雨降りだったなぁと…。





ただし2回とも初日に降って、2日目は晴天に恵まれ… 





完全に幕体を乾燥させた後の撤収になりました。今回も同じような展開になるかもしれません。







自宅で使いたい思いもあり、ここに来る途中の買い出しで求めた扇風機はここまでずっと稼働させてましたが、


この時点でようやくスイッチを切れました。






23度くらいなら必要ありませんから。











清々しい朝の風に流れる雲。頬をなでるそよ風が気持ちいい♪








涼しさも手伝って、残りの薪に火を点けて朝焚火をスタート。





昨夜は木炭を仕込みましたが、撤収まで4時間ほどです。なので薪火だけ。これで朝メシも仕込みます。








薪火ではさすがに焼肉系は無理ですが、この食材なら炙ることはできます。





トウモロコシ。






焼きトウモロコシを美味しくいただく調理方法は、過去に何度も載せてるので割愛します。


要は皮付きのままで回しながら炙り、皮が焦げたら剥がしてまた回すことを繰り返せば…









最後の皮を剥く頃には、食べ頃にちょうど良い感じ。蒸し焼きが完了してます。






昨日のキャンプ往路に寄ったレストランでいただいた物。新鮮なプチトマトも盛り付けます。









ソーセージも軽く炙るだけなら、焚火上の網で調理可能な食材です。







ここで末子が起きてきた。





朝焚火で炙ったトウモロコシを見つけてかぶりつき♪ 







そしてメインディッシュは和食系。








暑い時期は、ツルツルっと入ってくれるレシピがいいかなと思い… 





国内産のめかぶと… 





流水麺。夏の食卓の強い味方です。袋のまま水を入れ揉み込んで、水を捨てればすぐに食べられます.















良いお蕎麦なら初めからつゆに浸したくはありませんが、そこは流水麺だし。








麺を好きなだけ盛って好きなだけめかぶを入れて、ツルツルっといただきます♪












お子たちが嫌いなので端折りましたが、ホントならネギも入れたいところ。あと揚げ玉も… (^^;;






夏キャンプに流水麺、さっぱりとお腹満たしたい向きには、お手軽で悪くないメニューです。ガンガンに暑い昼メシ時にも良いかも♪












にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

焚火台は花火とも相性が良いという話



今夏初のトリオキャンプでの肉祭りを終えて… 








次はこれ。花火です。





小6のお兄ちゃんはすでに興味を持たなくなって久しい。末子とパパだけの時間です。






着火源は以前ならSP焚火台でしたが、今回はピコグリルを使います。








花火に付いてくるキャンドルは風に弱いけど、薪火なら風で消えることもありませんし… 








燃え残りの棒もそのまま焚火台に放り込めば、ゴミにならずに済みます。










末子はいま1年生。キミはあと何年、キャンプで花火を楽しむのかな。






さて、時刻はまだ午後8時過ぎなんですが… 





小さなお子さん連れのお客さんが多かったようです。レストリブレのテントサイトは早くも静けさ優勢になりました。











我が家もお子たちに水分を補給させて、早々に就寝。






昨夏こちらに来たときと同じように、明日は撤収後にすぐ近所の某有名キャンプにデイで入って天然プールに行く予定もあり、


この後、午後9時には寝入ってしまった。











そして翌朝。


目覚めたのは4時台でしたが、1時間ほどゴロゴロしてたら完全に夜が明けて、この時間になりました。





午前5時半。気温は23度を切ってます。さすがに標高750メートルの高地だけあって涼しいし♪ 







ポリコットンのジルコンの幕体には、遮光性もほどほどにあります。





夏キャンプでは幕体の遮光性って案外重要な要素です。


この時期は早朝に夜が明けますから、良質な睡眠を欲するなら、遮光性の高い生地もテント選びのチェックポイントに入れるべきかと。





外に出ると… 





大陸性高気圧が張り出してるかな? 鱗雲が広がってます。






そして幕体を見下ろすと… 








ありゃ… 昨夜寝た後に一雨来てたようです。











ノアズはけっこう濡れてます。乾燥撤収が適うかなぁ…(^^ゞ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

BBQに最適な炭の燃焼状態って知ってる?




レストリブレの夕方、6時半を過ぎました。





空が暗くなったのは日が暮れたからではなく、曇ってきたから。






7月の今はこの時間でもじゅうぶん明るいけど、ランタンは仕込んでおかなければなりません。










ケロシンランタン、639C700 3基にそれぞれ給油します。








もちろん真夏でも、灯油は買うことができます。GSでは通年で求めることが可能です。





また今の時期、暖房には使わないため、5リットル買うと2~3泊は優に保つようになります。









ランタンとしてはかなり明るい部類に入ると思いますが、寄ってくる羽虫はそんなに多くありません。







クローブの自作虫除けが効いている証拠でしょうか。







ピコグリルの焚火に突っ込んでおいた木炭は、現時点ではこんな感じ。





炭が白くなりつつあります。これで炎が出なくなれば、炙りモノの熱源としては適正な状態。







木炭の状態は焼き物に使うにはまだちょっと早くて、「はらへった~」と訴え始めたお子たちを黙らせるため…





これの出番です。エダマメの浅漬け。







冷凍エダマメと浅漬けの素と750cc程度の容量のクッカーがあれば、自作も可能なレシピですが…





ダイエーで半額でした。今日のうちに食べてしまえば、自作するより遥かに安上がりです。










冷えたエダマメ自体、夏の食卓では止まらなくなる食材ですが、それを浅漬けに仕立てるとなると、もっと美味い♪





こんなに美味いのに、なかなか実店舗では売ってません。ちなみに自作した時のレポはこちら







エダマメが終わる頃…





白くなった木炭から炎が出なくなりました。これがBBQ熱源として最適の状態。ボケ画でスンマセン(m_m) 





焼く順番は、まずは安価な材料から。





ソーセージを皮切りに…










次は牛もも肉。





安心の国産牛。







焼き色があまり付いてませんが、もも肉は焼き過ぎるとパサパサになるので、早めに網から引き上げるためです。












そういやキミタチ昼飯でもステーキ食ってたけど? でも炭火で炙ったほうが旨かったらしい♪ 







そして真打ち登場。





オージービーフ。サーロインステーキ♪







やや赤身が強く、私的には好みの外側部位も削られてますが、この値段なら良いかなと思い求めました。














遠赤外線の強火・遠火で炙るのは、ステーキ焼くのにベストな環境かもしれません。刻みタマネギ入りの塩ダレでいただきます♪ 








椅子から立ち上がってまでして食べた末子の表情が、美味さを物語ってます。











下界ではさっぱりしたモノが欲しくなる暑さですが、涼しい道志では肉三昧もいいモンだし (^。^) 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







ちなみに今回レポしてるレストリブレさんのHPはこちら♪ 












テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ブログで紹介したがゆえ混んでしまったキャンプ場



レストリブレの所在地は、上道志の下善之木。





ということは道志の森や水之本ACのすぐ近所ということになりますが… 





それら老舗の有名キャンプ場、いや… 


道志みち沿いのどのキャンプ場とも一線を画し、あるいは全国レベルでも誇れるんじゃないかというような、


充実した設備を持ってらっしゃいます。







先の更新でも触れてますがお風呂です。






元来レストリブレはレストハウスであり、キャンプ場は付帯施設と思うのですが、


そのレストハウス(直訳は宿泊所の意)自体が2013年に開業したばかりとあって、全体に真新しく、


風呂も清潔感に溢れています。







清潔なだけでなく、例えばアメニティには櫛(くし)、そして使い捨てひげ剃りすら備えてあります。


正直、道志に限らずとも、キャンプ場の風呂で持参したものでなくヒゲを剃れるところは、他に思いつきません。












浴室からの眺め。緑の木立も目に涼しげです♪





こちらには小さめながらサウナ室もありますが、残念ながら今のところ、稼働状態になっているのは見たことがありません。


もっと繁盛していただけたら、キャンプ場できれいな風呂に浸かれるだけでなく、サウナも楽しめるようになるのかも…。







言うまでもなくひげ剃り以外にも、シャンプー・リンス・ボディソープは完備されてますよ♪ 










親子3人水入らずで汗を流し、自サイトに戻ります。






レストリブレの母屋から徒歩1分程度でした (笑)







ここへの往路、いつもの薪供給源で全ての薪が売り切れと言う憂き目に遭ってしまったため、


風呂上がりにレストリブレのフロントで杉薪を求めましたが…






その際に言われたのが、「ブログに書いていただいたおかげで、お客さんがたくさん来るようになりました」とのお言葉。



素直に嬉しい言葉でしたが、まさか自分で自分の首を絞めることになっていたとは…(^^;;







過去画です。とっておきの芝サイトで、独り占め感を味わえる場所だったんですがそれはそれ、我が儘でしょう。


お気に入りのキャンプ場自体が存亡の危機を迎えても困りますしね。








ま、いいか (^^)





鉈で薪を割き、焚火の支度を始めます。








ピコグリル396を展開し… 





割いた杉薪の木片を着火源にして焚火スタート♪ 









道志では貴重な芝にダメージを与えたくなくて、ピコグリルはカシワグリルの上に載せてます。







緊急解放していただいたサイトです。





隣接する別荘の庭先でキャンプしてる感じかなと思いましたが、幸いチェックアウトまで別荘は不在のまま。人目を気にせず幕営できました。







バリゴで気温を計ってみると… 





昨日の更新と見比べていただけると分かりますが、1時間で1度下がったようです。






たった1度の差だけど、風呂上がりの身にはもっと大きな清涼感が味わえました。







レストリブレさんちの標高は約750メートル。この標高なら避暑も可能かと♪ 









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

扇風機・虫除け・風呂:夏キャンプの三種の神器




梅雨も明けました。リビングスペースは開放的なオープンタープが似合う季節です。





ケルティノアズ16ft。他のレストリブレのお客さんはほとんどがスクリーンタープでしたが、やはりこっちのほうが涼しいです。







そして初・実戦投入のヘリノックスOEM。






青は正真正銘のホンモノ。赤とオレンジがOEM品。






1泊2日でホンモノとOEM品3つにまんべんなく座ってみましたが、その差は全く感じられませんでした。









OEM品というのは本当っぽい。本体とケースに、Helinoxのロゴがあるかないかの違いだけっぽいですね。









あらかたの設営が済んだところで…






今回は自宅を出てしばらくの間、これをクールメイトで冷やすのを忘れてた…(^^;;






キャンプ場の手前、約30キロあたりでそのことに気づき、慌てて電動クーラーの中につっこみましたが、


その段階では時すでに遅しでキンキンには冷えてくれずでした。






気持ち冷たいかな~くらいのメイソンジャーボトルで、好みの黒ビールをいただきます。






汗で水分が飛んで行った身体に沁み入るような一杯目を味わいつつ…





空を見ると、少しガスっぽい。





今夜は雨かも?






もうすぐ17時。少し気温が下がり始めた感じがして、ブヨ対策も実行します。






クローブの自作虫除けを自サイトの地面に向けて吹きますが、今回は久々の子連れキャンプ。


お子たちを守るため、さらにもう一手… 







森林香にも着火します。残りが少なくなりました。後で注文しとかないと…。






やっと涼しくなってきた♪ 








ネビュラチェーンにぶら下げたヘリノックスのケースが、吹き始めた風にそよぎます。







さっきまで熱々だったジルコンの幕内も…








ボトムとトップのベンチレーターを全開にして…






夏キャンプのACサイトでは、これ強烈に力強い味方です。扇風機で強制換気したので…






ジルコンの幕内も過ごしやすい温度になり…





お子たちは幕内でゲームとiPadに夢中…。ヘリノックス組立ては手伝いましたけどね…(^^;;














幕内ですら25度台に下がってきました。さすが道志という感じ♪ 






午後5時半を過ぎたので、チェックインの時にお願いしてあった、


上道志のキャンプ場ではおそらくいちばん気持ちいい場所に向かいます。






ここ、道志でのキャンプで入れる風呂としては最高ランクかと。清潔さとアメニティの備えは他のキャンプ場では味わえないレベルです。


ホテルなので当然と言えば当然ですけど…(^。^)












にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ