自走北海道キャンプの総走行距離は何キロ?






長かった北海道キャンプレポも、今回が最終更新。








8月7日の23時59分、いよいよ苫小牧港を発ちます。








しかし… 





お姉ちゃんと末子はすでに夢の中。長いドライブで、かなりお疲れだったみたい。





出航前に、船室内の照明は暗くなりました。





もう夜中ですからね。





しかしキャンプ道具って、こういう二等船室みたいな環境でも威力を発揮します。





グラバー オールウェザーブランケットにシュラフ、そして 厳密にはキャンプ道具じゃありませんが メキシカンラグと… 





末子がくるまっているのは、SEA TO SUMMITのサーモライトリアクター。








本来はシュラフインナーですが、夏場の二等船室みたいな雑魚寝環境なら、これだけで立派に寝具になります。






北海道、さようなら。








夏の北海道キャンプ、あまりに美しい思い出でした。またいつか必ず近いうちに… 








この後、ワタシも程なくして夢の中へ… 









翌朝は5時頃に目が覚めて、甲板から海を眺めます。









船尾方向の眺めには、もう北の大地は見えません… 





船室の家族や、他の同室のお客さんもまだ寝ているので、


往路船便と同じくオートレストランへ。














冷凍食品です。ジャンバラヤ。





濃い目の味付けです。





不味くはなく、むしろ美味しいけど、若い人向けかな… (^_^;





この後で展望浴室にも行き、寝汗を流してさっぱりです♪ 







午前7時過ぎに、八戸港が見えてきました。










3.11は、この堤防を津波が超えたということでしょう。











7時半に接岸しましたが、船内でのフレンディの位置が悪くて、陸に上がるまで30分待たねばならず… 





八戸です。




ここで旅は終わった感じがして、帰路道中の690kmは、ほとんど画像を収めませんでした。







途中で寄った、菅生PAでの画くらいかな… 





ちなみにトリップメーターは2周目。帰路の菅生までで、1,964kmを走ったことになります。





かなり疲れていて、撮ることも適いませんでしたが、


自宅に辿り着いた時点で、この旅の走行距離は2,300kmを超えました。





総走行距離10万kmを超したばかりのボンゴフレンディ、まだまだ行けそうです。







北の大地よ、またいつの日か (^。^)







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













ハイジのベッドの制作費は1000円だった?








道の駅「花ロードえにわ」に隣接する直売所「かのな」には、地場産の青果だけでなく… 







こんなものまで売られてました。麦わらロール。






マルチング用途らしい。たったの500円。




上の画を良く見ると描いてます。ネズミの巣になる場合もあるため、管理には注意が必要らしい。







これ2つ買ってもたったの1000円。ハイジのベッドになるかなと思ったけど、さすがにもう車載できるスペースはありません (^_^;






恵庭市から千歳市へ入り… 





国道36号線を走り、新千歳空港の横を抜けます。











横を走る千歳線は単行列車でした。





そして午後6時前に、苫小牧港着。









ゆっくりのんびり、下道を走って来たつもりでしたが、それでもあまりに早く、着きすぎました。







念のため、川崎汽船の窓口で、一本早い21時15分苫小牧発の便に空きがないかを尋ねましたが、すでに満席。





キャンセル待ちもできるけど、出航直前にならないと乗れるかどうか分からないとのこと。





夜中の便を待つしかなさそうとわかり、一度、フェリーターミナルを離れます。





そういや、せっかく北海道にやって来たのに、海鮮を食べたのって、


初日のアルテン横の日帰り温泉で食べたホッキとか鮭の押し寿司とかだけだったことを思い出し… 







ワタシが独身だった頃に1人旅で北海道に来て、入ったことのある寿司チェーン店の存在を思い出しました。






北の匠・100円くりっぱー。15年くらい前は100均系はなかったけど、今は非100均系と両方を展開しているみたいですね。





過去に来た時は、北海道は回転系ですら旨いと感じましたが、今はそれなり。本州でも寿司ネタの鮮度が上がっているということでしょう…。






食後にマックスバリュに寄って、船内用の夜食や飲み物を求め… 







22時過ぎ、再び苫小牧フェリーターミナルへ。





往路と同じく、家族は徒歩で乗船。パパはフレンディの積み込み乗車です。





船内への移動は、22時30分にスタート。





キャンプの帰路というのは憂鬱なモノですが、船旅となると話は違います。ワクワクする瞬間♪ 





往路のフェリーは、この7月に就航したばかりの新しい船体でしたが、


帰路は、やや古めのシルバークィーン号。






二等船室は往路とは違い、雑魚寝スタイル。






しかし、徒歩乗船より車での乗船のほうが早かったので、いち早く窓側の一角をゲットです♪ 





お盆前の平日の深夜便です。この後、ウチの家族以外に同じ船室に入ってきたのは2組3人だけでした。





遅れてきた家族と合流し、午前1時には閉まってしまうので… 








(イメージ画)




急いで風呂に入り… 







この旅、最後の夜。最後のビールはやはりクラシックです。











間もなく出航です。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













温泉と沢遊びを同時に楽しめる場所とは?







苫小牧港から北海道に上陸し、最初にやって来たのは…










大湯沼川遊歩道です。登別温泉の源泉地の近く。









遊歩道を進めば、鉄泉池や大湯沼まで行くことができますが、



今回の目的は、遊歩道に入ってすぐの場所。









清流沿いに歩くので、念のために自作した虫除けを足に吹いて… 












ほどなくして… 





沢の水に白いモノが混じります。











そう、この沢の上流は温泉が湧いていて、









天然の足湯が楽しめるんですが…









足湯というには、野趣に溢れ過ぎてる感じ。









沢遊びというには、これ以上上流に行くとたぶんヤケドする筈なので… (^^;;














しかし気持ち良い♪








周りに誰もいないし、水着持ってたら間違いなく、



足湯でなく腰湯になってたでしょう。






ちなみにバリゴを沈めて測ったら、湯温は43度と出ました。






この後、ママさんとお子たちで登別の地獄巡りを楽しみ…













パパは駐車場の車内で、休憩を兼ねて留守番でした。東北道縦断の疲労は、フェリー内で5、6時間休んだ程度では解消しませんでしたから。









その後は支笏湖へ。














スワンボートに乗るのもパパ以外で。












運転は車だけでじゅうぶんですから。(^^;;













湖畔で軽食の昼餉を済ませたら、







いよいよです。








北海道有数、というより日本有数の規模と高規格さを誇る、あのキャンプ場へチェックインします。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













船旅、クセになりそうな予感♪





川崎近海汽船のシルバーエイト号の船内には、ゲームコーナーもありました。






これ、夜が明けてから撮った画。











昨夜のうちは、船内はけっこう混んでいて、


オートレストラン(軽食コーナー)なども、座ることすら適いませんでしたが、







さすがに朝の4時過ぎ。まだ人影もまばらです。








オートレストランと言っても、つまりは自販機の軽食を具するのみ。





高速道路のSAなどでおなじみの、ニチレイの冷凍軽食を売る自販機などが並びます。





400円は船内価格。通常なら、350円で売ってる筈です。






カップ麺も200円。乗船前にターミナルの売店で買っておいたほうが安いし。






お腹も減ったので、麻婆丼を食べることに。






ブログネタにもなるし。













こちらはニチレイのとは違い、買い手が専用の電子レンジで、自分で加熱調理します。











で、完成。





味はなかなか。しっかり辛旨でした。冷凍食品、恐るべし… (^^;;






そういや昨年末~今正月に、空路でイタリアまで往復しましたが、








移動速度は比較にならないでしょうけど、


自由度は船旅のほうが、かなり高いと実感しました。







風呂にも入れるし。これ、クセになりそうな予感♪


















6時ちょい前、やっと北の大地の玄関に到着です。








やや少なめの6時間程度の睡眠でしたが、お子たちを起こし… 







下船時は乗船時とは異なり、同乗者も一緒に車に乗り込みます。









いよいよ下船。











来ました、苫小牧港♪





先日、総走行距離100,000キロの大台を超した老体ですが、





ボンゴフレンディ、何の問題もなく、ここまでの700キロを走破してくれました。日本車ってやっぱりスゴイのかも… 







苫小牧市街を走り出しますが… 










まずは朝食。


ワタシは麻婆丼を食べましたが、他の家族は、まだですからね。






しかしこの時間ではまだ、食事を摂れる場所の選択肢はありません。





目に付いたセブンイレブンに入ると、オニギリが100円セール期間。









どうせなら地場産ので…(^_^;






そして向かったのは…







登別温泉。この温泉地に来るのは、私的には二度目ですが…




目的地は、フツーの温泉じゃありません。






この先にスゴイ場所があるんですよ。




詳しくは次の更新で。温泉と沢遊びを同時に楽しめるなんて、北海道恐るべし♪






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪









いよいよ北海道へ・船旅開始♪









フェリー出発までの時間は八戸市内をぶらぶらして、


ここへやってきました。









【八食】くりやスタジアム





あのB-1グランプリの第一回は、ここで開催されたそうです。








訪れたのは午後6時過ぎで、夕食を摂るために寄りましたが、


すでにいろいろなモールは閉店した後で、選択肢は限られてました。





ということで廻転系。しかしいつもの道志帰りによるお店と違い、100均ではありません。




あまりの美味しさに、寿司自体は撮り忘れましたが、会計が100均廻転系の軽く倍くらいになったことを申し添えます… 





午後8時前に、再びフェリーターミナルに向けて出発。







乗船するために、フレンディで並びます。








車を乗船させるための運転者はひとりのみ。


同乗者はこちらから、歩いて乗船します。









この日の便は、川崎近海汽船の「シルバーエイト」号。


車輌積載能力はトラック(12メートル換算)で68台、乗用車30台のはずですが、





ざっと見積もって、70台近い乗用車が並んでます。





夏休み時期の週末なので、トラックは少なめでした。


12メートル換算のトラック1台につき、乗用車は4メートル未満のはずなので、トラック20台程度ということなのでしょう。





午後9時になり、いよいよ乗船。





まずは二輪車から。





続いてトラックが乗り込み… 







10分もせず、乗用車の順番に。







誘導の手際も良い。さすがです。






乗船したのは9時15分でした。





フレンディを後にして、船室へ… 








ロングステイでいろいろとお金がかかるので、往復とも二等船室です。





船内の案内図で、場所を見つけました。





ママさんやお子たちと合流したのは、9時半前。





二等船室、未就学の末子は人数にカウントされません。4人分のマットレスがあります。





船内には風呂もあり、出航前にも入浴できます。








かなりの混雑のためカメラは中に入れませんでしたが、熱めのお湯は11時間のドライブで疲弊した身体を癒してくれました。





風呂上がりに末子とデッキを散策。








八戸を後にします。





翌朝は、いよいよ苫小牧着。北海道上陸です。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













あまちゃんと震災の記憶と







昨日の更新で謎解きにしたこれですが、謎にするにはハードルが低すぎたようです。







せんべい汁でしたが、答えを書かれた全員の方が正解でしたから。





ママさんとしては、こっちを食べたかったようですけど。





まめぶ汁。しかし昼食を摂ったのは午後1時過ぎで、「あまちゃん」効果で全国区化してました。すでに品切れです。








東北道から八戸道へ入り… 








最初に寄ったSAが「折爪」。駐車場の空き方で、通行量の少なさが伝わると思います。





閑散としていることを伝えたかったのではなく、


本意は快適なドライブだったことを伝えたかった次第です。








八戸道のドライブは快調に進み… 





いよいよ下道へ。







八戸インターのETC料金表示は… 





8,800円。最安で7,600円にまで値下げが効くみたいですが、朝5時出発がわが家の努力の上限でした。




通常なら13,850円かかる筈ですから、差額の4千円ぶんは美味しいものをいただく資金に回せます♪ 










八戸市街をフェリー埠頭へ向けて走り… 














ついに到着… 






八戸フェリーターミナル。ここまで11時間を要しました。





ターミナルのエントランスをくぐって、最初に目に飛び込んでくるのは… 





3.11当時の津波到達水位のプレート。ワタシの背丈より高い… 





小6のお姉ちゃん、クラスでは背が高いほうですが、


自分の背丈の遙か上まで津波が来たことを、その目で体感したと思います。






将来、自然災害の驚異を次代に語れる記憶になったかなと… 







しかしこの時点で、まだ午後4時過ぎ。








乗船するのは、22時発のシルバーエイト。






出稿まで、あと6時間もあります。






どうする? itchann家 (^_^;




満作さん、スミマセン。また使いました (^_^;











北海道移動編、まだ続きます。コメ欄開けてますが、コメ返遅れます… (m_m) 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪









自走北限記録、更新中♪







8月2日(金)の朝、いよいよ北海道に向けて出発です。





さすがに今回の荷物はてんこ盛り。






自宅を出たのは、 






午前5度前。






これから八戸まで、約700キロの道のりを自走して、


夜22時発、苫小牧行きのフェリーに間に合わす必要がありますが、





平日だったことが幸いしたのでしょう。首都高も東北道も目立った渋滞はなく… 









のんびりと走り、東北道・那須高原SAには、3時間弱で到着しました。





実は前夜、亀田末弟のナイスファイトをテレビ観戦し、試合終了間際の限りなくダウンに近いスリップを奪って判定勝ちした結果に高揚したみたいで、


なかなか寝付けず、3時間ほどしか睡眠を摂っていない状態でのドライブ。



間違ってもかっ飛ばすことなんて、できません。






出発時間を早めたのは、ETCの割引を狙ったからというのもあります。



朝食は那須あたりかなとアタリは付けてありましたが、




SAのレストランは、まだ営業してません。





…で、こうなりました。







朝からラーメンな人たち… (^_^; 













フードコートは、朝7時からラーメン屋とそば屋、ベーカリーが開店してましたが、


お子たちはパパのように、そばは選択せず。ラーメンの方に食指が動きましたね (^_^;






かき揚げを店頭で揚げているようで、それの天かすを入れ放題。これ、香ばしくて旨かったです。





食後にガス欠間近だったので、この日1度目のガソリン補給を済ませ… 








実は那須までが、これまでのわが家が、自走したことがある北限の地。






その自家記録を、一気に塗り替える旅になります。福島入りです。











さらに宮城を抜け… 











仙台には寄れなかったので、金成PAでは… 





牛タン串焼き。旨くてあっという間に無くなりましたけど。








ところどころでポツポツと雨に降られますが… 







岩手山のあたりまで来ると… 








スカッとした晴れ間に♪ 





北の大地に近づいていることがわかります。





湿度が関東のそれとは全く違う感じ。爽やかな暑さです。







岩手山SAで昼食を摂り… 








これ以外にパパはステーキ丼、お姉ちゃんは親子丼でしたが、ママさんのオーダーの中に… 








キマシタ。これなんだか分かります?






正解は… 次の更新で。











にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪










ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ