BAJA400の使い勝手は…

高通山を下りて向かったのは…





西伊豆の回転寿司 伊豆ととやさん




ここ、賀茂郡松崎町で唯一の回転寿司店だそうです。


店に着いたのは午後2時過ぎ。遅めの昼食を摂ります。





これはくじらのにぎり。念のため、周りに不審な外国人がいないか確認してからオーダー(笑)




ちなみにこちらのお店はタッチパネル無し。対面でカウンターの中にいる店員さんにオーダーしますが、


気付けばウチのお子たち、親が頼まなくとも自分で食べたいものをオーダーしておりました。





末子も「えび と さーもん さびぬき」と自オーダー♪




ふと思ったのは、きっとこれの恩恵もあるんだろうということ…




タッチパネルでオーダー取る回転寿司チェーンが増えてます。こっちならパネルオーダーで食べたいものが目の前まで来ますが…




これがない寿司屋だと、自分の口で訴えなけりゃ食べられません。


親が突き放してるワケじゃないんですが、山登りでお腹も減ってたんでしょう。勝手にそうなってました…




しかしお兄ちゃん、


「あの… ちょっとマグロをさびぬきで…」と口走ったら…



お店の大将、「はい、ちょっとマグロね」とこちらをくれました(笑)




プチな「ちょっとマグロにぎり」(爆)



もちろん奥に見える緑皿の正規サイズも出してくれました。ちょっとマグロはサービスでいいそうです。


なかなか粋な方でした。


伊豆ととやさん、もちろんネタも新鮮で、自宅近くじゃ味わえない味を堪能できました(^。^)





ととやさんを出て雲見夕陽と潮騒の岬ACに戻ると…





さすがに西伊豆海沿いの崖の上です。すごい風が吹いてました。



今夏、道志川沿いでドームテントの中に突風が吹き込んでメインポールを折られたことがあったので、




リビメではそうならないよう、全てのスカートの裾先までペグダウン…




あらかじめペグを打ってあった場所は…




留守にしていた間、風で暴れたスカートが砂利を払ってしまってるのが分かります。





ロッジ建物に近い場所は建物がジャマしてペグが打てないので、ストレッチコードを支柱に巻いてスカート固定して…




撮り忘れてしまった。これと同等品ですが、あとで無惨な姿になりました…




しかし強風の恩恵は…








富士の周りの雲も吹き飛ばしてくれました。



千貫門から見える富士山はこれまででいちばん雲が少なかったし♪





しかし風は止むどころか、ますます強くなってくる感じ。






釣瓶落としです。










あまりの強風のため、今夜はちびストーブ使用は見送ることにして…







しかし今宵はクリスマスイブ。







ロッジの中では、ママさんとお子たちが火を使わないで作れる料理を造作中です。






なるほど、チェックインの時に「荒天時は管理棟で調理や食事をしていいですよ」とはこういう意味だったのか…




しかし突風の中、管理棟まで調理道具や、すでに出来上がってる料理を持って下がるのもたいへんです…


なので一大決心。





リビメの中、ドラゴンフライで火気使用の調理をすることにしました。




万が一、幕がぶっ飛んだとしてもたぶんすぐ消火できますし。





ケロ化してますからやはりアルコール予熱します




下に敷くのはバーナーシート代わりのスノピのソロテーブル。



予熱中に燃えるアルコールがこぼれたら、キャンプ場設備のテーブルを焦がしかねませんから…




鍋をかけて…





まず第一段、完了。





ソーセージをボイルです。




つづいてドラゴンフライをロッジ内に持ち込みます。



で、やっぱりテーブル上でそのまま使うワケにはいかないので、ソロテーブルも。



ただしこのまま使うとこれからの用途では位置が高くなりすぎます。なので…








足を畳んだままで使用♪




こっちも持ってますが…




この上ではアルコールバーナーや予熱はしないほうがいいです。アルコールこぼれると熱で連結ゴムが切れます…



構成が金属オンリーのBAJAの方が高いですが、けっきょく耐久性は上。結果、安上がりです。




じゃ、これであるモノを溶かします。




だいたいお分かりですね…




大晦日の更新ですが、まだクリスマスパーティの様子で失礼…(^_^;


みなさま、今年も一年ありがとうございました。








人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ





3歳児 登頂

猿岩休憩所を発って







もうすぐ山頂です。







今は葉っぱすらついてませんが、桜並木あり。





春先はキレイらしい。




北側展望台にて登頂前の最後の休憩…






よく晴れたし、もしかしたらあのfヤマが見えるかも…







あわてずに、まずは千貫門と雲見温泉を見下ろして…








牛着岩もよく見えます。




雲見夕陽と潮騒の岬ACも見えました。





左のロッジにフレンディが停まっているのがわかります。






そして…





ひときわ大きく見える雲の塊のむこうには…




ラピュタが… (嘘)




うーん…








あとちょいなんだけどなぁ…




この絶景を見もせずに…





そろそろパパにスマホ返して貰おうか…(-.-#)






末子はかなり泣きが入ってました。カルピスウォーターを楽しみにここまで登ったようなモノです…






休憩を終え歩き出すと、さっきまでと打って変わってなだらかな歩道が、


山頂近くを思わせます。







そして到達。







やはり姉兄のほうが早かった…






末子は…








思わずママの胸に飛び込んでました。ふたりともがんばったね…(^_^;











スントは515mと表示…





山頂下の北側展望台では見れなかった反対の山麓側に、浜勝崎がよく見えます。







ここまで降りることもできるみたいですが、かなり長い道のりになるようですから、


来た道を引き返すことに…









しかしその前に…













富士山、やっと見れました♪




じゃ、下山です。





しかしどうも燃料切れっぽい。






嫌な予感はしてましたが…





最後はやっぱりこうなった…




傾斜がキツイところもあるので、そこは歩いてもらいましたけどね。




みんながんばったので、下山後はご褒美を戴きに行きました♪








人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

高通山トレイル

じゃ、高通山(たかとおりやま)を登りましょう。







いきなり倒木がありましたが、







小学生は上をまたぎ…




保育園児は下をくぐってクリア




低山ですが噂通り。傾斜もキツめ…








早くも背中を押して貰ってます…(^_^;




対照的なのが小2のお兄ちゃん。








さすがパパが連れ回してるだけある?




途中から末子以外の全員が枝を杖にしてぼりました。トレッキングポールが必要でしたね。







標高300mほどのところにある休憩所。





雲見夕陽と潮騒の岬ACを出たのが9時半で、ここまで約1時間…









どうしても3歳児は姉兄に遅れてしまうので、奥の手を出します。





パパのスマホのゲームをやらせてる間に…






ちょっとでもアドバンテージを稼ごうと…





けっきょくすぐに追いつかれちゃいましたけど…





高通山トレイル、ところどころにベンチがあるのは助かります。




標高400mの猿岩休憩所にも♪





山頂まであと200m、ここまで来たらあと少し…



あれれ、何か登山ブログみたいだ…?


人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

雲見オートキャンプ場?

雲見夕陽と潮騒の岬ACのかまぼこ型管理棟を見やりつつ…







坂を下ります。



振り返って見たらこう。


キャンプ場内は二段の棚田状になってます。





足場パイプで手作りしたブランコと滑り台もありました。






ここ松崎町は、石部の棚田が有名ですが、








雲見も石部も同じ松崎町だから



ここも棚田状なのか…







最初は農道っぽい舗装路を歩き…







この坂道を上がったカーブの先に突然、場違いなものが…




なぜこんなところにお風呂が?






実はここもキャンプ場。雲見オートキャンプ場です。


スコーリア(火山礫)を敷き詰めたサイトが良好な水はけを誇ることでも有名です。







一部、造成中とおぼしきサイトもありました。








ここにもやがてスコーリアが敷かれることでしょう…





言って見りゃ「キャンプ場の赤ちゃん」ですね♪




ここから雲見夕陽と潮騒の岬ACも見えました。





こんなに小さく見えます。




で、今夜は雲見オートキャンプ場へ泊まります…




じゃなくて…


目的地はここからもうちょっと上でした。




高通山遊歩道の入口が…




噂じゃ遊歩道というより登山道に近いらしいですが…





山頂は標高518m…




いわゆるひとつの低山です。



しかし… 産まれてから初めての山登りとなる3歳児が…





キミは無事に登れるのだろうか…









人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

崖の上の…干物?

朝風呂から上がってサイトを見渡すと…







真冬にしてはぼちぼちお客さんがいます… クリスマス前の連休だったからでしょう…







ロッジは2棟のみで、あとはすべてテントサイトですが…





ほとんどのサイトにこれがありました。AC電源♪




何か書いてありますけど。





「土手の上には乗ったりペグを打たないで…」とマジック書きが…






たしかにこちらのキャンプ場、崖の上に立地してますから、





この土手から先は断崖絶壁だし…





絶景というのは危険と隣り合わせであることも少なくないでしょう…






そろそろ湯冷めしそうになったので、ロッジに戻ります。






屋内ではすでにお子たちは目覚めてましたが、エアコンだと空気が乾くので…




ちょっと見苦しいけど…



あえて自宅から半乾きの洗濯物を持ってきてました。浴用に使ったタオルもわざと濡らして干してましたが、


一晩でカピカピに乾いてしまった…




少し温まったら、パパは再び外へ出ておかずを作ります。






やはり伊豆だし…





往路の松崎町内の普通のスーパーで買った地物のアジ開きとサバ味醂♪




どちらも脂が乗ってます。





欲を言えば薪でなく炭で炙りたかったけど、忘れちゃいました(^_^;




じゃ、朝ご飯にしましょう。





食卓は外です。しかし窓からリビメが見えるというのは不思議な光景かも…





お姉ちゃんはメシ盛り係…





パパのは盛り過ぎだって…(^_^;




焚火缶での炊飯は初でしたが吸水しすぎたかな。芯は残りませんでしたが…








往路で求めた伊勢エビ入り味噌汁もつけて…




やはり地物は旨し♪








サバがいつの間にか無くなってるし…(^_^;




お姉ちゃんに山盛りにされましたがおかわりも…(^_^;





オコゲがカリカリで旨かったです。






食後はこれで…






パーコレーターでコーヒー飲むのも久しぶりでした。







ゆっくりと朝食を摂り、午前9時が過ぎて…







雲見2日目、これからある場所へ向かいます。





このマムートの耳当て、ママさんに贈ったものの筈ですが…




末子が気に入ってしまったそうです(^_^;



人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

ちびストーブと焚火缶でメシは炊けたか

雲見夕陽と潮騒の岬AC 2日目の朝





起きたのは5時過ぎ




まだ眠る家族を起こさぬようにロッジを抜け出て、リビメに入ります。








この朝、ワタシにはとある使命がありました。




ちびストーブにはちょびっとだけ熾き火が残ってたせいか、幕の中は9度までしか下がっておらず。






それでもじゅうぶん寒いんですけど…




ところでワタシの使命とは…





これです。DUGの焚火缶の中には…





前夜、仕込んでおいたあきたこまち(無洗米)が吸水中…



2日目の朝メシはご飯にメチャクチャ合う食材を買ってありますから。




水かげんはいつも通りこんな感じで。焚火缶も飯盒も基本的には同じ寸胴の飯炊具ですから。



しかし火かげんは、レバーで調整が効く燃料ストーブとは違います。




そろそろ広葉樹の薪も燃え始めましたね。




薪を足してすぐは火力を強めるために、ちびストーブの窓を開けて空気を入れ込みます。







うまく燃焼していればこうしても煙は煙突側から排出されますが、そうでないと…





幕内の空気がうっすら白んでるのが分かります。ともかく煙いので…




リビメの窓を開け、煙を逃がす必要があります。





これも持ってきました。一酸化炭素警報機。




ちゃんと数十秒ごとに作動中であることを知らせるためにLEDが点滅してました。


煙が幕内に広がっても、警報が鳴ることはなかったです


安かったしなぁ… ちゃんと動いてくれてるんだろうか。






ちなみにこれが…




うまく燃焼している状態



フタ全開放中でも煙が出てませんね。


煙突に向かって吸気されてる音が「シュゴー」と聞こえるくらい。ナチュラルドラフトですね。



こんな感じで煙たくなったりナチュドラを楽しんだりして、約30分強…









焚火缶のフタの隙間から出る蒸気に「オコゲ臭」を感じたら、10数えて…





ストーブからおろし、蒸らしに入ります。




これでたぶん上手く炊けているでしょう。





気付くと空も白み始めてました。





午前6時半の朝風呂OKな時刻を回っているのを確認して、こちらへ♪







眼下の海は蒼く…








南に目をやると太平洋♪








今日は昨日よりも雲が少なそうです。


この切り取りの中に、富士を収めることができるかもしれません。







メシ炊きのあとにこの光景、たまりません(^。^)





イィヤッホウ♪







人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




設備も眺望も高規格なキャンプ場

お腹もいっぱいになったので風呂へ…




日が暮れる前に撮った画。雲見夕陽と潮騒の岬ACの展望風呂棟です。




繁忙期は時間ごと貸し切りの家族風呂ですが、今の時期は30分という時間枠を守れば、


空いている時に使ってかまわないとのこと。





ウチの泊まってるロッジから徒歩20秒です。中に入ってみましょう。




脱衣場は決して広くはありません。座れる場所がないのは乳児やご老人には辛いかも…







浴室に入って、風呂のフタに思わず郷愁を憶えました。







しかしこの日はこれ以上は撮れませんでした。だって寒くて、ともかく一刻も早く暖まりたかったし…


朝も6時半から入浴可で、明朝は最強の眺望が待ってました。またアップします♪






で、風呂を出たついでに…




管理棟に行ってみることに。風呂から徒歩1分です。







天井が低く感じます。かまぼこ型の屋根を横に連ねた感じの建物です。





自販機は場内には管理棟のみ。







ジュース類の価格は通常設定ですが、黒ラベルだけは高かった…







その横にはゴミ用のコンテナが…





道志村ばかり行ってるワタシにしたら、生ゴミも含めてキャンプ場に捨てていけるのは驚きでした。




そして水場も場内にはここだけです。





冬季限定ですが給湯あり。冬以外は冷水のみですが、食器類を洗うには通年でお湯が使える方が嬉しいなぁ…




荒天時は管理棟のこのテーブルスペースで食事していいと、チェックイン時に言われました。





その言葉の意味は、2日目の晩に思い知ることになります…





奥に進むと…








洗濯機と乾燥機が2基ずつあり



その横にあるトイレはウォシュレット完備です。






トイレの横には…








シャワー室もあります。使わなかったので撮れませんでしたけど…




嬉しいことにシャワーはコイン式ではなく、時間無制限で使えるものだそうです。


夏場はシャワー室のみシャンプー石けんが使用可能・風呂では禁止となるようです。海水浴客も多いらしく、循環式の風呂なので仕方ないかな…






じゃ、そろそろロッジに戻ります。






屋内の灯りがやわらかい…








そして今回はクリスマスキャンプですから…










お子たちの手作りなオーナメントを持ってきてみました。








ロッジ内のエアコンも使いましたけど、レインボーも持参してます♪





雲見夕陽と潮騒の岬AC、細かい部分はツッコミたくなるところもありますが、


場内がさほど広くないこともあってか、コンパクトにまとまった感じを受けます。



管理棟を含めて場内はどこも清潔に掃除されてるのはもちろんですが、





駿河湾の対岸の灯り…




 

そして美しい星空…



このロケーションは何物にも代え難い魅力ですね。




人気ブログランキング


blogram投票ボタン








1ヶ月前より安くなったかも…




おきてがみ

キャンプで煮込みラーメン

雲見夕陽と潮騒の岬AC 初日の夕餉は…





ロールキャベツに見えますが…




それだけじゃないんです。








煮立ちました。OKでしょう♪










自宅では何度かいただきましたが、キャンプでは初でした。






煮込みラーメン with ロールキャベツ♪







このラーメン、かんすいが生麺タイプのラーメン並みに効いている感じです。



しょう油風味のスープと入り混じった美味しそうな香りが、リビメの中に広がります。




「お手伝いしないとラーメンあげないよ~」と口走ったら…

 



ふだんは手伝いなどしない3歳児もカラトリーを配ってくれたくらい…




旨そうなラーメンの香りというのは、人を突き動かすモノだということでしょう。







熱いけど旨し!!













チンゲンサイも入れましたが







こんなにやわらかく煮えました。箸でつまむと簡単に崩れます…




ビールも進みます♪







ちなみにこの時点でリビメの中は…





20度あります。




以前はもっとガンガン薪を使って温度を上げてましたが、


暑くなり過ぎるし薪の減りが早いしで、あんまり良いことはないので、


最近はちょいセーブするようにしております。





それにしても…




みんな無言で食べてます。まるでカニ食ってるみたいだ…(^_^;






人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

薪をキャンプ場へ届けるのもあり…

暗くなる前にランタンを灯しましたが、




お恥ずかしい限り…




ホヤはまだ割れかけたまま…






キャンプ出立前に、上の画リンクからオーダーしてましたが、


年末なので配送までに時間がかかるらしく、この更新時点でもまだ到着してません…






ていねいに扱えば… このキャンプでは割れずに済むと思います。





ところでキャンプ前にオーダーしてあったのはホヤだけじゃなくて…





岐阜のお店に送ってもらった広葉樹の薪と、焚き付け用ベイマツ端材…



こちらは届いてますから、もちろん持参してます。




広葉樹は20kg… つまり通販で買ったモノを全てと、ベイマツ焚き付けは広葉樹の隙間に入るだけ、


詰め込んで持ってきてましたが、車載した中ではいちばん重い荷物です。






おそらく小2のお兄ちゃんの体重とあまり変わらないはずですから、


今思えば、キャンプ場とイシケンホームさん両方に頼んで現地配送にしてもらえばヨカッタかも…






じゃ、薪を投入します…




大メシ喰らいが口を開けて待ってますし…





639C給油時に灯油を拭き取ったキッチンペーパーを火種にして、焚き付けのベイマツを投入…







すぐに火が熾きたので、広葉樹薪も投入 !







以前ブロとものmatsuyamaさんに戴いた桐薪のほうが、ベイマツより着火性はいい感触でしたけど、


この端材もまずまずかな。季節を変えて試してみたいですね。





じゃ、夕餉の支度です♪




今回はダッヂでロールキャベツ… だけじゃないんです(^。^)







広葉樹も勢いよく燃え始めました。さて何ができるかな…♪







人気ブログランキング


blogram投票ボタン




おきてがみ

雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場

雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場は崖の上に立地しています。




このすぐ先には…





素晴らしい眺望が…




晴れていれば富士も望めるそうですが、この日は曇ってました。






ところで今回はロッジでの予約です。





中は10畳の広さがあり、5~6人が快適に使用できるよう考えられた構造になっていて、


エアコンや簡単な白物家電の備えもあり、快適でした。構造や設備についてはまた別の更新で触れたいと思います。




ただしロッジ内には調理スペースがないため、必然と屋外で行うことになります。


でも寒いので…




ロープの中であればタープを起てて良いそうですから…




これ、持ってきました。





リビングメッシュエッグです。




到着直後から気になってましたが、ロッジ備え付けの屋外用テーブルがあります。


これをリビメで覆えばいいんじゃないかと思い、やってみました。








果たして上手く行くのか…




…そして15分後








大成功♪




でもこれだけじゃ寒いので、もちろん暖房も投入。







オガワのちびストーブと自家製の幕体避けジグをセッティング。







OKでしょう、準備完了です。













気付くともう夕暮れの時間。






さすが夕陽を名前に冠するキャンプ場。




駿河湾の空が赤く染まります。美しい眺めです。




人気ブログランキング


blogram投票ボタン






おきてがみ



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ