零下になるのに薄い?シュラフで寝てみました…




お風呂で温まった後は… 






森と湖の楽園の受付前にあるキッズスペースで、ひとしきり遊んでから… 






自サイトへ戻ります。








ヘッ電が似合う4歳児…(^_^; 





そういや書き忘れてました。



ブロともの満作さんが、下の画を見て「入浴料が高いなぁ」と仰ってましたけど、


宿泊客は入浴料をとられませんでした。






日帰り利用者用の設定みたいです。扉のキャプションには「ご宿泊の方は無料」と朱書されてます。




ボケ画だったので見難かったと思います。すみません…(m_m) 






で、サイトに戻る途中にあるのがこちら。





テントサイト用の炊事場です。





食器洗い用の洗剤とスポンジの備えがあります。









ここ、森と湖の楽園はキャンプ場としては高規格な部類に入ると思いますが… 






残念なことに炊事場はお湯が出ません… 





でもこの設定、清水さんの理念に基づいているのかもしれませんね。





自サイトに戻り… 








あたたかいちびストーブのある幕内でくつろぎます。






次はママさんとお姉ちゃんが入浴する番です。





行ってらっしゃい♪ 










…で、風呂から上がったママさんと男子たちはネムネムになり、


シャングリラの中に入って休みました。







気付けば午後9時過ぎです。






しかしこの人は、まだ小腹が空いてるらしくて…








パパとふたりであのそばを分け合いました。薪ストの上でいつでもお湯は沸いてる状態ですからね…(^_^; 






ヤカンもこれも持ってきておいてヨカッタ… 






とりあえず胃袋を満たしたので、お姉ちゃんをシャン5の中に送ってから、


テーブル上のゲニオールを消灯して… 








639Cも消します。







ヘッ電で撮ったら、この時点でやっばり29度くらい。暑さすら感じてましたが…








この後、就寝時の熱源は… 






自分の体温とホッカペに頼るのみという状況になります…





しかし… 


酷寒の中なのでしかたないことでしたが、いちばん最後にシャン5に入ったワタシは… 






家族にホッカペ上の就寝スペースを奪われた状態で寝ざるを得ませんでした… 







翌朝、どうだったのかは、また続きます。


起きたら氷点下だったりしますけど…(^_^; 














にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





このキャンプ場に男女別風呂がある理由とは

とっぷれと日が暮れた、森と湖の楽園のテントサイト…






午後6時半過ぎ。これから風呂に入ります。






テントサイトから風呂のある管理棟までは、徒歩1~2分程度。


さほどの距離はありませんが、







末子にはヘッ電を付けさせました。





なぜかというと…






段差のあるテラスの階段を上り、夜露で濡れたテラスのウッドデッキを歩く必要があったから。












このテラスにはマス釣り池もあります。



マス池は柵で覆われていますが、万が一落ちたりしたらコワイので…(^_^; 






…で、テラスの奥にある管理棟夜間出入口から、風呂のある管理棟の中に入りますが、






男女別の入口ということは… 






夜間出入口から入ってすぐのところは、トイレです。







そしてトイレの洗面所の先に進むと…








来ました。お風呂です。嬉しいことに男女別湯♪





キャンプ場で風呂があるところというのは、たいていは時間で男女の利用時間帯を区切ってますからね。



これは別のキャンプ場の画ですけど… 





あるいは1時間とか30分の予約枠で、家族風呂として貸すかのどちらかが多いです。






しかしここ、森と湖の楽園はテントサイトだけでなく、コテージや洋和室の宿泊設備も整ってます。


社内の研修や旅行にも門戸を開いているくらいですから、男女別の風呂は当然の備えなんでしょう。







では入浴♪ 





浴槽はけっこうな広さです。大人が7~8人で入っても大丈夫かも。









温泉ではないと思いますが、湯温も高めでほっこりと温まれました。








石けんはありましたが、シャンプーはありません。





忘れても大丈夫。管理棟受付でシャンプーを売ってます。






すっかり温まり、風呂からレストランスペースを抜け、管理棟の受付へ…










チェックインの時、お子たちはこの場所をしっかり記憶していたようです。






受付の対面にはキッズスペースがありました。











絵本やオモチャだけでなく… 





ソロ用テントまで置いてあります。





ウールリッチがこの大きさのテントを出していたとは知りませんでした。






オモチャよりも、末子にはこっちのほうが楽しかったみたい…(?_?)








この後、しばらく出てきませんでしたから…(^_^; 













にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ

薪ストーブで28度の夕餉♪





森と湖の楽園にチェックインしたのは定刻通り、午後2時ちょうどでしたけど、



設営を終え、まったりとくつろぐ頃にはすっかり日が暮れてます。





そろそろお腹も減ってきたし…





ちびストーブの上では、夕食を仕込み始めてます。





ソーセージを茹でて、DUG焚火缶の中にも食材を仕込んであり…





今夜の夕食メニューには不可欠な白ワインも、用意してあります。








ここまでで、だいたい分かりますね。そう… チーズフォンデュです。








調理熱源はトランギア。









そしてフォンデュ鍋は、過日に求めてあったコロダッチを初投入です。






しかし…





トランギアの五徳、コロダッチとは相性が悪かった… 




五徳の支持点とコロダッチの糸底のサイズが近すぎます。




これじゃ簡単に鍋がはずれてしまいますから、


チーズも溶かしにくいし、お子たちにとってはアブナイです…(^_^; 







タトンカのアルコールバーナーの五徳形状なら大丈夫だったかも…




こっちも持ってきてましたけど、点火してあるトランギアを何にも使わず下げるのは勿体ないし、


お子たちも空腹を訴えていたので、パパが頑張ってチーズをかき回しました。







皮手袋で押さえながらでしたけどね。






そろそろいいよ~と告げ、コロダッチをアルコールバーナーからおろしたとたん…








食欲の権化たちの手が伸びてきます…(^_^; 










外は零下に近いのに、またもTシャツか…(○_○; 






…と思ってバリゴを見たら、幕内はとんでもない温度になってました。





なんと28.4度。ちびストーブが主力でしょうが、アルパカとトランギアの火力も貢献してますね。






大人すら汗をかき始めたので、メッシュエッグの天窓を開放したくらい…








そしてあっけなく…





フォンデュ終了です。






調理開始から、80分ほどの出来事でした。気付けばワタシはほとんど食べてないし…(T.T) 






しかし… チーズフォンデュで本当に美味しいのは鍋が空になった時です。


これを待ってました。




オコゲ状態で鍋肌に残ったチーズせんべい。



これ、剥がしてかじるとワインに合うんです。最強に旨かったし(^u^) 







フォンデュ後のチーズせんべいの旨さは、ママさんから教えられた知識でした。






夫婦で夢中になり、鍋肌のチーズを剥がしたら、コロダッチもキレイになったし…♪











お腹もいっぱいになったので、次はお風呂で温まりますが… 









清水さんち、さすがです。そんじょそこらのキャンプ場とは違います♪








 












にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





ヤマガラとアルパカとちびストーブの威力と





パパが汗をかきつつ、サイトで設営している間に… 










お子たちは、こんな素敵な体験をしていました。









これ、ヤマガラです。れっきとした野鳥。










お姉ちゃんが手を差し出したその指先に止まり…










餌をついばんでいます。








現在は鳥獣保護法により、飼育は禁止されていますが、


こちら、森と湖の楽園に出店されているカフェ、コカリナで、軒先に来るヤマガラが勝手に懐いたらしい。










ヤマガラと日本人との付き合いは、平安時代に遡るくらい、古くからあるらしいです。





滞在中のこの後、お子たちが何度もこのテラスに足を運んだのは、言うまでもありません。





そしてお子たち、ここで素敵な物作り体験もさせて頂きました。






お兄ちゃんはバードコールを製作中♪





お姉ちゃんは…









これを造りました。樹脂も使ったストラップ。お店の方に「上手に出来てるからカメラで撮らせて!!」と言われたらしいです。










そして、酷寒の河口湖近くで暖かく過ごすための現実に戻ります。






アルパカは、もちろん持ってきてあります。





アレの煙突を支えるためのスタンドも組み立て、







気付くと午後4時半前で、6度しかありません。








あっという間に釣瓶落とし… 





幕内も設営は完了してます。






アルパカストーブだけでは足りないので、これも点火です。





オガワのちびストーブ。この存在感、圧倒的な暖房力はありがたい。






ランタンも点けました。







外で遊んでいたお子たちに、「そろそろ寒くなるから中においで」と声をかけに出て行ったら、


いっしょに幕内に入った瞬間、寒暖差のせいでしょう。






レンズが不本意に曇りました(^_^; 







煙突からも暖かさが伝わってくる感じは嬉しい♪ 







30分くらい後にバリゴで計測したら、





軽く20度を超しました。





この後でさらにスゴイ温度を目にします。


外から幕に入るたび、顔の筋肉が弛緩する感じでした。さすが薪ストーブです。









もちろんCO検知器も使用してますよ♪










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





森と湖の楽園



いよいよやって来ました。







森と湖の楽園。受付がある管理棟には、清水國邦の自然樂校という看板があります。







その近くにあるのは、このログハウス。








2003年に清水さんが初めて作ったログハウスだそうです。中は倉庫になってましたけど。







その向かいには、巨大なバーベキュースペースがあります。






さすがにこの時期は使われていない感じ。夏は混むらしいです。









受付を済ませて、いよいよオートキャンプエリアへ… 







三連休の2日目からの予約です。








周囲は前日から泊まってたグループで埋まってましたけど。








リビングメッシュエッグを設営し始めて気付きました。




ここのテントサイト、けっこう広いです!!





経験則からは、家族でのキャンプで、だいたい60平方メートルくらいのサイトだと狭く感じます。




この幕体を設営したことがある方なら分かると思いますが、リビングメッシュエッグのポールってけっこう長いので、


狭めのサイトだと、設営・撤収中は、お隣りさんちにポールがはみ出さないかと気を使います…





事前にホームページで調べてあった森と湖の楽園 テントサイトの広さは、約70平方メートルとのことでしたから、


気を付けなきゃダメかな~と思っていたんですが…






まったく問題ありません。





メッシュエッグがあと2つくらいは起てられそう。100平方メートル以上ある感じでした(^。^) 







家族全員の寝床になるシャン5を起てても、全然余裕がありましたから。










ところで今夜は、今冬でいちばんの冷え込みになると聞いていたので、





これを求めてありました。グラバーのオールウェザーブランケット。






これ、かなり効き目がありました。











冬はやっぱりAC電源付きサイト。シャン5の中にホッカペをインストールし、







画ではホッカペ上に置いてますが、





何でもNASAが開発したという毛布3枚分の保温効果のこれを、ホッカペの下に敷きます。





その上にサーカルのメキシカンラグを敷き、





撮り忘れましたがオガワの2度でも大丈夫な封筒型を敷いたら、全く寒くありませんでした(^。^) 





さて、こうやってパパが設営に汗を流している間に… 





お子たちとママさんで素晴らしい体験をしたらしいです。






さすが自然樂校を謳うところ。ウチの自宅じゃ真似できません。素直に降参です(^。^)








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





お餅とうどんの楽園?





昨日からこちらへ…







清水国明さんのプロデュースするキャンプ場、森と湖の楽園へ来ています。






楽園と自称するだけあり、なかなかの充実ぶりですが、



それについてはまた後日。





往路に嬉しいことがありました。


今回の目的地は河口湖近く。高速道路を使う手もありましたが、渋滞していると事前に知ったので、





いつも通りのどうしみちを通り、いつものこちら、きこりさんで薪を求めて…





道路の反対側を見ると…





上棟式かな?






きこりのネコちゃんたちとお子たちが戯れている間、立ち話などをしていると、


「あなたたちもおいでよ」と道路の向かいから声がかかりました。





通りすがりのキャンパー家族にも声をかけていただけるとは…(^。^)






やがて新居の施主さんたちや大工さん達が階上に現れて…








餅投げです♪







テレビなどで観たことは何度もありますが、実際に参加したのは初めてでした。










しかし…






けっこうイタイ…(^_^;








きこりさんでビニール袋もいただいて、おやつや紅白餅、使い捨てカイロなどを大量にゲット♪









きこりさん、お向かいの施主さん、ありがとうございました。








そして嬉しい発見がもうひとつ。





昼食場所で素晴らしい場所を見つけました。





蔵ノ介さんという吉田うどんの店。


お店は自宅を改造した感じで、玄関で靴を脱ぎお座敷でうどんをいただきます。






かけうどんが、なんと300円。





ちくわの乗ったかきあげも足しました。これが100円です。







なぜかTシャツ一枚のお兄ちゃんが頼んだのは、肉うどん。





これも400円。安い!!






驚くことに麺は自家製手打ち麺。





割り箸よりも太いです。角が立っていて、こしの強さはさすがの吉田うどん♪





薬味は七味もありますが、この後は寒い中での設営が待っているので一味をチョイス。






汁は醤油で少し濃いめ、質実剛健な見た目ですが、満足の味でした。






家族5人で2000円でお釣りが来るなんて…♪






ちなみに蔵ノ助さんから森と湖の楽園までは、車で5分とかかりません。





こちらのキャンプ場に来た時、外へ出てリーズナブルに食事したいなら、オススメの場所です♪












にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





ペグが抜けなくなった時に取る行動…



11月下旬のキャンプです。


道志川がすぐ横に流れる青根キャンプ場でも、空気は乾燥しています。







おかげでオガワ張りしてあるノルのタープ、テントウイングは… 












全く結露してません。これならたたむだけで持ち帰れます♪






この幕、夏から秋口までは、結露や雨で濡れまくってました。






撤収時に乾ききらず、ポリ袋で持ち帰ることも多々あったので、乾いた状態で持ち帰れるのは嬉しい限りです。






しかしツインシスターズの方はというと… 









換気口を閉じた状態で中で休みましたからね。内側はお約束、しっかり結露してます。






MSRのオレンジ幕は、生地ロットの当たりはずれがあるらしく、


加水分解してベタベタになる可能性があるので、しっかり乾かしてからたたむ必要があります。





で、撤収時に幸いしたのがここ。炊事場です。





日・月曜で空いている青根の炊事場の直近に設営したのは、このテーブルがいろいろ使えそうと思ったから。撤収時にも役立ちました。








まずはテーブル上でタープをたたみます。 





地面の上でやるのがもっぱらです。汚れないので済むのは嬉しい限り♪





ボイジャーコットもベンチの上で、楽々とたためます。





コットって設営や撤収ごと、たいてい土とか泥が付いてしまいますが、今回は泥汚れは一切ナシでした (^。^) 








次にこの、手のかかる幕体をテーブル上に広げます。 





しかしこのままだと乾きにくいし、暖かさを享受できたスカートには泥汚れがついてますから… 






ティッシュで結露した水分や泥を拭いていきます。










きれいになりました(^。^)








ちなみにツインシスターズのサックには、加水分解対策のため、


一応これもつっこんであります。






シリカゲル。味付け海苔に付いてきたモノ。サックだけでは密封できないので、気休め程度の効果しかないでしょうけど… 







ところで幕体やコットはきれいに畳めましたが、


ひとつだけ、諦めざるを得ない事態が起きました。





MSRのグランドホグステイク… 





一本だけ、ポッキリと折れてしまった… (T.T)





素晴らしい勢いで地面に刺さってくれるペグなんですが… 





どうも木の根っこか地中の岩の隙間とかに打ち込んでしまったようです。何とかしようと、押したり引いたりしても、びくともせず…




30分くらい格闘しましたが、ペグの方が先に根を上げました。


頑強なY字ペグも折れてしまうことがあるんですね… (^_^;




今回の損傷は不運だったと諦めました。


SPの鋳鉄ペグと比べても遜色のないパフォーマンスのあるペグですし、






今日も使う可能性がありますから、好日さんちで急いで買い足しましたけど。








青根のテントサイトのチェックアウトは午前11時。









この時点でまだ1時間ほど余裕がありますが…





空模様が怪しくなってきたので、バイクへの荷積を急ぎます。









ちょっと左に寄りすぎてる感じがしますが…




これで良いんです。なぜかというと…



2サイクルのオフ車でエクゾーストシステムを社外製に変更してあるため… 





右寄りに荷積してしまうと、排ガスのオイルで荷物が汚れるので… (^_^;



乗車時のバランス面は、往復共に気になりませんでした。


細身のオフ車なので、重心からそんなにずれてるワケではありませんからね。






10時半前に撤収完了。








青根の紅葉はあと少しという感じでした。




今日からの河口湖は、もっと紅く染まっていると良いんですが…







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ