キャンプ場にもローマにも多い動物とは…







ローマ郊外の、GLAND HOTEL TIBERIO(グランド ホテル ティベリオ)に着いて一眠りして目覚めた後、


敷地内を散策してみます。








4階の廊下のつきあたりに非常口があり… 







建物の内側からはドアの赤い部分を押し込むと開きます。


しかし外側からは鍵穴に鍵を入れないと開けられない仕組みです。






なので下手すると閉め出されてしまいます… (^_^;






町中のホテルです。周りはアパートが多い。









外壁の傷みが少なくない建物も少なくありません。築年数は20年以上かな… 








思い切って? 非常階段を降りてみることに… 







なぜかというと、眼下にこれが見えたから。






プール付きホテルだったということです。もちろん今はクローズされてますが… 





プールの敷地にも難なく入れました。





オープン時は売店になるのかな?





地面はシロツメクサっぽい草で覆われており、裸足で歩いても気持ちよさそうです。









ふわふわの弾力感♪ ここで設営しても気持ちいいだろうなぁ…





プールの方を見遣ると… 





やはりいました。ローマはノラネコが多いと聞きます。日本のキャンプ場でもいちばん良く見る動物はノラネコですけど… 





黒猫はすぐに逃げてしまいましたが、人なつこいのもいます。









この三毛は後日もプールやエントランス周りで見かけましたが、よく太ってます。ホテルで飼われているのかも。





…で、当然非常階段の扉は、外からはロックされて入れないので、









プール敷地の横にあった階段から駐車場に降りて、ぶじにエントランスに出られました。








エレベーターで4階に戻りますが… 






階表示が変?





エントランスとかロビーは0階ということらしい。





この表示に気付かず、初日は迷いました (^_^;







さてローマ一泊目の夜が明けて…






12月27日の午前7時過ぎ。まだローマの空は白み始めた頃。日本時間は27日の午後3時です。






午前7時から、0階のレストランで朝食を摂れます。








トースターもあり。その横にはスライスチーズとハムもありました。





フルーツや野菜の種類もまずまず。ヨーグルトも山積みになってます。








飲み物はオレンジ・グレープフルーツのディスペンサーと…







お湯やコーヒーの出るディスペンサーがあります。






撮り忘れましたがベーコンと卵焼きも用意があります。



品数としては日本のホテルの朝食バイキングには敵いませんが、


イタリアであることを考えると信じられないくらいの豊富さです。






生野菜のドレッシングは定番の、バルサミコ酢・オリーブオイル・塩だけでなく、マヨネーズもありましたし。







サンドイッチも出来るし♪








さて現在はローマを離れ、トスカーナ地方のポンタシエーベに滞在していますが、まだまだ凄まじい量の画像が残ってます。


デジイチの画質は必要最低限の画質に落としましたが、それでも旅行期間の半分を過ぎたあたりで、


すでに2.5GBの画像を記録しました。




一応アウトドアブログなので、海外渡航紀が続くのもご期待に添えないかと思いまして、


更新のテンポを上げることにしました。ということで、大晦日2回目の更新です… (^_^; 








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






ローマでホテルレビュー





フィウミチーノからタクシーに乗り、ローマ郊外のホテルへ。







定刻より早い到着でしたが、午前10時にチェックイン可能とのこと。




まずはこの宿で、身体を現地時間に慣らします。









GLAND HOTEL TIBERIO(グランド ホテル ティベリオ)です。






ママさんしかイタリア語は喋れません。ワタシはビールを頼むのと、グラツェ(ありがとう)くらいしか話せません…


彼女にチェックインの手続きをしてもらう間、お子たちとロビーで待機しますが… 






ここでPCを発見。









OSはXpでした。しかし… 










残念ながら有料。30分で1.9ユーロからとのこと。





現地時間は午前9時43分。入室まではあと15分ちょい待たないとなりません。








日本の方が時間の進みは先です。26日の午後5時43分ということになります。






ママさんの交渉が効いたか、末子がロビーでうるさかったのか、定刻より少し早く部屋に案内されます。





4階へ。





鍵はカードキーです。





カードを差し込んで一度抜くと「カチャリ」と小さな音がして開錠される仕組み。





ベッドは4床。









クイーンサイズのほうに夫婦と末子の3人で休むのでこれで大丈夫ですが、後で確認したら4人での宿泊申込みになってたらしい… 







しかし天井が高い… 







カーテンは二重でしたが、遮光性は申し分ありません。









全閉にすると暗すぎてデジイチのシャッターが降りませんでしたから…





テレビはサムスンの24型くらい。チャンネルはケーブル回線のもの。





NHKはありませんでした。JSTVは契約していないみたい。アダルトなどはありません。




テレビの下にあるのは…









冷蔵庫です。フリーザーがないのでアイスなどは買っても入れられません。もちろん中の飲み物は全て有料です。






テーブル上には湯沸かしポットとカップがふたつ。紅茶やコーヒーは無料です。










バスルームを覗いてみると… 








アメニティは豊富です。








石けんの数は4人の泊の契約ということですね。





トイレは便座とビデがあります。







そして浴槽もありました。ローマなど都市部ならではと思います。





次に行く、トスカーナのポンタシエーベはシャワーのみでしたから。





シャワーカーテンは無くて、分厚い透明アクリルの水避け板? が付いてました。







室内のコンセントはユニバーサルタイプが一口あったので…









変圧器をそのまま差せました。





満作さんからご指摘いただいたので追記です。実は過去に変圧器かませず使って、旅先でPCを壊したことがあり、念のため使ってます。





このあとはゴロゴロと過ごしてローマ初日を過ごし、4泊して時差ボケ解消させつつ観光です。



おなじみの場所をたくさん回りましたが、とにかく人が多かったです… (^_^; 






ところで更新の最後になりましたが、本家ホテルレビューブログはこちら


ブロともの豊年満作さんの手法をパクリさせていただきました。スミマセン (m_m)







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






亜平寧山脈って何と読む?





香港からローマへの便の座席には、嬉しい装備がありました。








テーブルを開けると… 








コンセントがあるし♪





110Vなので変圧器を使いましたが、日本のプラグもそのまま差せます。







実は成田からの便にもコンセントがあったんですが、場所が良くなかった。





座席下の足もとで、しかも2席で共用。





一方で香港~ローマ便は1席1口。これは大きかったです。




PCでブログ用画像を加工したり、iPhoneも満充電できましたから♪






さて、末子だけでなく、上のお子たちにもシールブックが配られましたが…










彼らには座席モニタの豊富なコンテンツのほうが嬉しかったみたい…





特にゲーム。やり放題ですからね (^_^;





日本から来た身体は真夜中の1時半ですが…








機内食が配られます。やはり子どもが先です。




案の定、ほとんどお子たちは食べられず。



大人はチキンカレー、ポークのマッシュルームソース和え、シーフードパスタからチョイスできたので…





ワタシはポークを頼みます。往路の機内食では、これがいちばん旨かった。








ママさんはシーフードパスタ。






ハーゲンダッツは末子に取られました。代わりに彼の食事、全面的にワタシが引き受けましたけど。







食後はまどろんだり映画観たりして、ほぼ12時間後…






朝食が配られます。ベーコンステーキとソーセージ、ローストトマトに卵焼きとパン。フルーツとヨーグルト付き。





大人も子どもも構成は同じで、大人用は香辛料が効いてる感じ。




ところで満作さんから「機内の消灯時間は何時だったか」という質問がありました。


しかし何時に消えたんだったか…



スミマセン、実はよく憶えていません (^_^;





朝はローマの午前6時に、機内の灯りが点いたのは憶えているんですが…





ところでこの時間帯で、香港からローマへ渡る便はかなり空いていました。






お姉ちゃんは空いていた窓際席に移動。他の乗客も、それぞれ空いている席に移り、身体を横たえて眠る人が多かったです。




窓の外が明るくなってきたので、ワタシも空いている座席に移動して…






夜が明けてきました。





アドリア海上空にさしかかったようです。









到着まで1時間くらいのところで…






お兄ちゃんがダウン。ゲームやり過ぎだろ~ (^_^;





それに引き換え末子の元気なこと…





この人がグズったらエライことになります。人生初搭乗で20時間、元気で過ごせたのはヨカッタです (^。^)






眼下に見えるのは…








亜平寧とは… アペニン山脈ですね。





海岸線が見えてきた。









やっとローマ到着。フィウミチーノ空港で入国審査です。










20時間ぶりの地面。まじまじと見つめてしまった…






これからタクシーで、ホテルを目指します。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






ケロシンランタン増殖決定・いよいよローマへ出発






イタリア旅行の実況レポの途中ですが、一応アウトドアブログなので…







これ、3つ目をゲットしちゃいました。






コールマンのケロシンランタン、639C700。



国内に流通していない製品なので、コールマンからのサポート対象外ですが、






古めなペトの運用で感じる不安定さとは、同じ燃料のランタンと思えないくらいの安定度があります。






屋外では夜の闇は暗く、深いです。


500CPもの光量を持つランタンをもってしても、ひとつふたつじゃ物足りなさも感じます。





家族で出るとなると、光源が多いに越したことはありませんし…




以前から、3つ以上持っていても多すぎとは感じないだろうなと思ってました。









ところでひとつめの639Cはオークション、ふたつめは海外の知人を通しての購入でしたが、






今回はどうしたかというと… それはまた後日。


しかしこれまででいちばん安く入手できたことだけは書いておきます。7000円台でした。







またこれを買わないとならなくなりましたけどね。ケースは必需品ですが別売りなので。




ちなみにこの黒いケースも国内未流通品。オクなどで探せます。






国内で売ってるコールマンの大型ランタンケースは使えないのかなと思いましたが、639C用には横幅が足りないので無理です。





ノーススターには使えるんですけどね。残念…




ちなみに639Cが届くのは、帰国後になるようお願いしてありますが、初運用は1月下旬かな…


いろいろと予定が立て込んでまして、非キャンプなお出かけが続きそうなので… (T.T)









…で、イタリア渡航の続き。





香港に着きました。乗り替えまで2時間ほどあります。







しかし…









こんなに広かったっけ…? 実は過去に一度、キャセイで来たことがありますが、朧気な記憶とも明らかに異なる光景です。






案内表示で探してなんとかゲートを発見。








末子も無事に目覚めてくれました。







2時間はあっという間に過ぎ、いよいよ搭乗開始。







香港もボーディングブリッジ♪








スマホやiPhoneが勝手に現地時間の時刻表示になってくれるので、


バリゴは日本時間のまま修正しないことにしました。





日本時間で12月26日の午前0時半過ぎ。香港は25日の23時半過ぎた頃になります。








いよいよ離陸。






機材はA340。





成田から香港までは座席モニタの機能が乏しく、ゲームも出来ませんでしたが…




この便は万全の備えでした。








日本語表示も選択可能。







映画は言語別にソートされた選択画面もあり… 








到着までに「アメージングスパイダーマン」と「トータルリコール」の両方を鑑賞♪







この機材のモニタはゲームも可能だったので、お子たちが夢中になっていたのはいうまでもありません。



でも末子には、こっちのサービスのほうが嬉しかったかな…





お絵かき帳とシールブックがセットになったもの。これホント助かりました。




更新はなかなかローマに辿り着きませんが、ホントに長かったので。トータルの搭乗時間はジャスト20時間でしたからね… (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






キャセイの機内食は旨いという噂は本当か?





まずは香港を目指します。




18:05発キャセイ便は成田第2ターミナルの86番。サテライトなのでシャトルに乗らないとなりません。







シャトルは空いていたので… 








難なく先頭位置を独占。





男の子はこうなりますね。







しかし… 











あっという間にサテライトに到着。





出発まであと30分弱。搭乗手続きが始まります。










走らなくてもいいのに… (^_^;






ボーディングブリッジですね。寒くなくてヨカッタ。









5人分の座席はこうなりました。








右の窓側2席と、真ん中4列のうち右から3席。ワタシが左端。左隣は中国紙を読んでいた。中国の方みたいです。





香港とは1時間の時差があります。







いよいよ離陸。





「飛行機、動いたよ~」という顔♪








今回の前、最後に海外に行ったのはお姉ちゃんが4歳、真ん中は2歳児くらいの時。



お姉ちゃんはかすかに済州の記憶がありますが、真ん中は全く憶えていません…





窓際のお子たちにカメラを託しましたが、





ブレブレです… (^_^;





これから5時間近いフライトです。





公里はそのままkmとして読めますね。







ほどなくしてスナックが配られ… 








飲み物はビールを頼みます。






機内食は子どもから配られるのは、親としては安心です。








和風のきのこそばと、ナゲット・ポテト・ニンジンにパンとチョコのデザート付き。大人もほぼ同じ構成。





旨かったらしい♪







子ども用と違うのは、大人には香辛料が効いていたこと。そばにはワサビも添えられてました。



旨かったなぁ…







そして日本時間23時15分頃、香港時間では22時過ぎ、


そろそろ香港に到着なので… 





香港の夜景を撮るよう、窓際のお子たちに再びカメラを託しましたが… 



夜景はまだ無理ですね。





香港までの空路、ワタシもウトウトしましたが、


末子はもっとスゴイことに…





もうすぐ飛行機降りるんだよ~ (^_^; 




ちゃんと起きてくれたのかは、また次の更新で…








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






秋葉原の印象は国内外で違いがあるのだ






25日に自宅を発ちました





でも今回はキャンプじゃありません。





フレンディに積み込んだ荷物は、


いつものキャンプ道具でなく、スマートなトランクやリュックばかり…







千葉県北部を目指してひた走り…



空港近くの駐車場にフレンディを預け、そこのマイクロバスで成田へ。









やってきました。第2旅客ターミナル。




搭乗手続き開始時刻に、余裕を持って到着してました。





あと1時間以上のマージンがあるので…





ここに居座って過ごします。








NAA ランデブープラザ





成田への往路、高速のPAで昼食を摂ったのですが、末子だけは寝てしまったので… 





スタバでドーナツを買って食べさせました。



他にも旅行中に読むだろう書籍や、これからの長い空旅に欠かせない耳栓やらを求め、




時間になったので、荷物を預けて…





長旅なので大きめなのも含めて、久しぶりに納戸からトランクを引っ張り出してました。




9泊ぶん、5人ぶんの家族の着替えや変圧器をつっこんだので心配でしたが、


重量制限の半分程度でしたけど… (^。^)




いよいよ出国。






久しぶりの出国検査、以前と違う点もあり戸惑いましたが、


なんとか通過してこちらへ…






成田空港の免税店エリア、Fa-So-Laです。





ここで「おや?」と思うネオンを発見。







近づいてみると… 






「AKIHABARA」とあります。





機内でiPhoneの充電ができるか不安だったので、秋葉原という名前のお店なら、


安くモバイルバッテリーが買えるかもと思い寄ってみると…








どうも趣が違う感じ?





秋葉原という店の名前から受ける印象は、日本人でなく他国の方向けのものみたい。






家電コーナーもモバイルバッテリーもありましたが、価格は出国前に寄れるエリアのお店の方が安かった。



完全に日本土産のお店という感じです。






でもそのそばには、小さい子ども連れには嬉しい施設も♪





キッズルーム。





ここがけっこう広くて充実していて、助かりました。






琉球畳のある和室はほっとします。









遊具があるだけでなく… 







これから利用する飛行機を間近に見ることができ、


子どもに「これからあれに乗るんだよ」と教えるにも都合の良いロケーション♪







もっとも… 





遊具に夢中になり過ぎると、事前学習することはかないませんが… (T.T)






で、時間近くになったので、いよいよ搭乗口を目指します。






伝える内容が多く、長くなりそうです。次の更新でイタリアまで辿り着けるかなぁ… (^_^;











にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






焚火缶とHEAT-1とトランギアでイタリアへ

今回のイタリア旅行は9泊10日。



思い出の地の再訪です。





10ウン年前、われわれ夫婦が結婚式を挙げたのがフィレンツェでした。




この時は5泊6日の滞伊。


前2泊はフィレンツェのGrand Hotel Villa Coraを宿に、フィレンツェ市庁舎であるヴェッキオ宮殿で挙式。


そのまま市庁舎へ婚姻届を提出し、現地の法律できちんと夫婦と認められるというプランでした。






Grand Hotel Villa Coraでの画。天皇も宿泊された三つ星ホテルです。




海外挙式では、たいてい現地での婚姻届の受理はできません。帰国後や出国前に日本の役所に提出しますが、


フィレンツェはこの届けが可能で、しかも市議会議員が司式します。


そういや我々の前にももう一組、日本人のカップルが挙式していた記憶がありました。






真夏だったので、タキシードの下は汗まみれだったなぁ… (^_^;






…で、実はこの時、夫婦の両親4名を同道しての渡航でした。




フィレンツェの三つ星な高いホテルに6人で何日も泊まれるほど裕福ではないので、


後半はローマに移動し、トレビの泉直近の安宿を根城に観光…



 



さすがに60代の両親たち4人には、5泊6日のあいだずっとイタリア料理というのはキツそうだったので、


ローマのホテル近くにあった和食処に行かざるを得ませんでしたけどね。






今回は両親でなくお子たちと一緒なのですが、挙式時よりも長い9泊です。


ローマ5泊、ポンタシエーベ2泊、そしてフィレンツェで1泊して、最後にローマで1泊。


帰路も安めな路線なので、フィレンツェから成田の直行便ではないんですよね… (^_^;




ローマなら和食処も探せますが、お子たちをこんなに長く海外に滞在させるのは初のこと。





そば好きだしなぁ…





日程の中ほど、ポンタシエーベはアグリツーリズモ


アグリツーリズムと言った方が通りは良いかもしれません。


観光農園というか、いちばん適した言い方をするなら「農園ホテル」かな。




ググってもなかなか情報がヒットせず、少ない情報では田舎町っぽくて、


ローマのように、すぐに和食のお店や食材を探せる環境にはない感じ。





ということで、これ。





定番ですね。尾西のアルファ米です。200グラムをふたつ。





さらにおかずはこちら。









それぞれお湯を注ぐだけで作れます。缶詰の和風サーディンは封を開けてそのまま火にかければ、かなり旨い筈です。





こっちは夜食になるかもしれません。日清食品さんのリフィル食材も活用するでしょう。





アウトドアや海外旅行にもってこいですね。






お湯の調達はホテルなら容易いかもしれませんが、イタリア語に堪能ではないので…





トランギアとタトンカのアルコールストーブを持参です。もちろん中味に残燃料がない状態。





当然のことですが、アルコール燃料は機内に持ち込めません。




熱源はこっちとも迷いましたが…





ドラゴンフライの燃料はケロシン、灯油です。でも現地で灯油の調達できるか分かりませんし、燃焼音もうるさいし… 




ローマじゃケロシンよりキャンガスより、燃料用アルコールの方が調達が容易いだろうと考え、


アルコールストーブ持参に決めました。





当然ストーブ使用は窓の外、屋外になると思いますが念のため…








バーナーシートも持参します。プリムスのモノ。





こんな感じで、難燃加工された帆布にアルミ蒸着されたシート上で調理するかなと。







クッカーは熱効率に優れたDUGのHEAT-1をメインに…








サブクッカーとして、焚火缶も持っていきます。




お湯入れるだけでも出来上がりますが、より旨いのはきちんと炊飯すること。これでアルファ米を炊こうかなと。





他にもいろいろと… 





ヘルスニットの靴下や… 





ドイターのリュックを背負って行くので、2気室ぶんのジッパーを留めるためのロックやら…








9泊なのでこれも必要です。衣類用洗濯洗剤。








SEA TO SUMMITのポケットランドリーウォッシュ。シート状洗剤です。60枚入り。





宿は全てLANがあるところにしました。モバイルと電源環境も確保です。





変圧器とモバイルルータ。さらに念のため、イタリアで使われている3タイプ、全種類の変換プラグも買いました。





ちと大袈裟な準備になった気もしますが、長旅ですからね。


何が起こるか分かりませんから…



















にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ