1年のうち2ヶ月を外で過ごす目標は達成できたか?



このブログ、「一年のうち2ヶ月を外で過ごすことを目標にしている」としてますが、


果たして2013年、この目標を達成したのかというと… 









泊数は年トータルで35泊(北海道往復のフェリー泊を除く)。そしてのべ日数は… 










64日。2ヶ月をなんとかクリア。目標達成です。



※ ちなみに2月の日帰り登山は含んでおり、8月の北海道キャンプ往復のフェリー泊は抜いての計上です。






ということでその35泊目・64日目のキャンプで、今日から西伊豆へ旅立ちます。






昨日のうちに洗車と積み込みは終えてあり、この更新の後でまもなく出発です。





…で、昨年末を思い出してみると 





イタリアに行ってたんですよね。なので年末の、あの番組は観れませんでした。





ワタシはどうでもいいんですが、悔しがったのがお姉ちゃん。さすがに2年続けて家族旅行で観れないのは可愛そうなので… 





これを求めてみました。





見る人が見たら今さらな感じなのかもしれませんが、プレクスのUSBドングル型フルセグチューナー PX-S1UD。






このあたりとか、小型でフルセグチューナー内蔵のテレビを求めても良かったんですが、





このあとクーラーボックスを積んだら、ノートPCくらいしか載せるスペースは残りませんからね (^^ゞ





ただしこのチューナー、いろいろと自分で環境を構築する必要がありますが… 





ドライバーのCDとインストール方法が載ったマニュアルくらいしか同梱されてません。





マニュアルの指示通りにインストールを進めると、セキュリティ上問題ありそうなダイアログにぶち当たりますが、このまま「インストールする」で良いらしい。





インストールが終わった後、ググってみると割りとすぐに設定方法が見つかりました。




この状態だと、ワンセグの放送を受信して観られますが… 





ケータイ用ということです。PCのモニタでは、モザイク感というか粗さが目立つ感じ。





そこで2つほど、フルセグを視聴するのに必要なアイテムを求めることにしました。








越年で続くことになってしまった。みなさま良いお年を… (^^ゞ





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


コメント欄開けてますが、西伊豆のモバイルインフラが2年前のままならコメ返伺えないと思います。ご容赦下さい (m_m) 


















食器にエコ性能を求めるのもアリかと





これ、グルキャンの前に求めてあったモノですが… 







タンブラー。フォルムはごくごくありふれたカタチなんですが、見た目も質感もやわらかいというか暖かみがあるというか… 





ハイマウントのプロダクトで、エルブレスで求めたもの。 





プライスタグもお手頃です♪ 





「BIODEGRADABLE」とあり… 





「生物分解性が有意」という直訳になります。







目新しい素材ではないと思いますが、竹の粉末を主材料にして作られており、


割れたりしても埋めてしまえば、2~3年で土に帰るという自然に優しめなプロダクトとのこと。




  


  


「バンブーパウダー」とか「バンブーファイバー」とかで楽天で探せば、いろんな形状のディッシュとかプレートがヒットします。




ほとんどが家庭でのデイリーユースを前提としたプロダクトですが、アウトドアでも、


もっと注目されて良さそうなマテリアルではないかと思います。




なぜかというと… 





耐冷・耐熱性能は-10度~100度と書かれてます。電子レンジで使えないとの記述が読みとれますし… 





どうやら食洗機でも洗えないとのことです。




自然に優しいマテリアルがゆえ、耐冷・耐熱性能はやや弱めですが、


食洗機やレンジで使えないというのは屋外で使うには、むしろ持ってこいな感じがします。







これまでアウトドア用具のベンダーで、ハイマウントしか手がけていない感じなのは意外な感じ。






エコソウライトカップ、過日のグルキャンで、両家の子どもたちにも好評だったので、






大晦日からの年越しキャンプ用にも買い足しちゃいました。






オレンジのふたつめと、白をひとつめ。他の選択肢はグリーンのみ。ハイマウントでは3色しか選択肢がないんですよね (^_^;









  





マグカップの形状だと、ピンクやブルーの選択肢もあるようです。



  


リストウォレットやスカーフのラインナップもありましたが、こちらはリサイクルポリエステル。土には帰りません (笑) 





これまではSEA TO SUMMITやMSRのプラなプレートやボウルとか、








イケアで求めたかなりお安い皿やコップとかを使ってましたが… 




土に帰るディッシュ類も良いかもです。今後の使い勝手次第では、もっと増えるかもしれません。





ところで大晦日からファミキャンに出ますが… 





お子たちの、どうしてもとの要望があり、ある環境を構築しないとならないようです。






2012年末は渡欧していたので観れずでした。





過去にはお姉ちゃん、端役ですが出演したこともある、赤白で決着をつける国営放送の定番番組。お好みのアイドルが出るから、どうしても観たいらしいので… 







パパとしては今回限りかなと思えるような、たぶん無駄な買い物をしてしまいました。



にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン



続きは次の更新で。








このクオリティ、思わず欲しくなる緻密さです。近いうちに触れたいと思います♪











アルパカをお持ちの方は要点検かも?




先日のリコさんちとのグルキャンで行った、青根キャンプ場、


通年営業を謳われてます。一部のスマホなキャンプ場検索サイトだと、冬季休業と表示されてますが…  






しかしHPではこんな告知が… 





通年営業のキャンプ場のはずですが、この年末年始はお休みするらしいです。





あてにしていた方は、どうぞお気を付け下さい。






さて、過日のリベンジです。





火力調整ツマミの根元から燃料漏れを起こしていたアルパカくんですが… 





パッキンの劣化を疑っていましたが、原因判明です。





ツマミを外して… 





火力調整の軸を引き出しますと… 





ありました。パッキンです。







軸から外すと、やっぱりという感じ。





軸がわの接点となる部分、バリが残ってます。これは劣化というより初期不良っぽい。





そして外側にいたっては割れてます。ここは劣化なのか初期不良なのかはビミョーですね (^_^;





しかし特殊な形状です。




こんな感じの一般的なOリングでは対応できないと分かりました。








いちばん近い大きさと形状は、ホンダのミニバイク、ダックス用のオイルシールであることを突きとめました。が… 




これを試すには時期がよくありません。


年末年始休みに入ってしまったし、休みが明ける前に大晦日からの年越しキャンプで、アルパカを使うことになりますし…。





なので現状で対応です。





先日求めてあった液状ガスケット。





アルパカのシールのバリを取って軸に戻し、割れの部分に液状ガスケットを塗り… 








ガスケットを均して成形し、一晩置きます。





アルパカが汚い… 作業してたら煤とかたくさん落ちてきてしまいました (^_^;






そして一晩放置した後。ついさっき撮った画。朝の6時ジャスト。











液状ガスケットはほぼ硬化してます。






軸をアルパカ本体に戻して… 
















火力調整ツマミのボルトを締め戻します。






では実践。灯油を満タンまで入れて… 










前回は補修後、30分経ったところで失敗が判明しましたから、今回も30分経ったところでチェック。






さて結果は… 








今度は大丈夫でした。この方法、応急処置のレベルですが使えそうです。





アルパカをお持ちの方、今は燃料漏れが起きてなくても、火力調整ツマミのパッキンを一度チェックしても良いかもしれません。





更新の時点で補修完了から1時間経ちましたが、灯油は漏れてません。液状ガスケット、使える感じですよ。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







このクオリティ、後日の更新で再び触れたいと思います。











テンティピ用ランタンハンガーは格安で自作できます





青根でのグルキャンレポも今回で終了ですが、載せるのを忘れてました。



テンティピのぶっといポールにランタンをぶら下げるランタンハンガーは、





こうなりました。過日はソリステで間に合わせていたんですが、この方が確実だった。






使用した部材はこれら。











40Aという規格の蝶番式吊バンドと、3/8インチのフックボルトです。





吊バンドをポールに固定するのに、別にワッシャーとゴム板も求めましたが合計で1,000円もかかってません。




これもう1セット求めましたから、大晦日からの年越しキャンプでは、もうひとつランタンをぶら下げられそうです。






…で、青根でのグルキャンですが、日曜日の昼も、


デイキャン利用で5時まで利用できるよう、サイトを押さえてありました。




リコさんちのお子さんとウチのお子たちは馬があったようで、空腹も感じないほど夢中で遊び回ってましたが、


それぞれ呼び止めて昼食を摂らせます。






末子は朝のBLTドッグの余りを食べさせて… 





お兄ちゃんとワタシはこれ。








リングイーネとレトルトのソースを合わせたナポリタン。





これ喰わせたらすぐにまた外へ遊びに出て行きました。グルキャンを楽しんだのは親たちだけではなかったようです。





そしてこれもリコさんから戴いてしまった。





テント内の消臭スプレー。ウチは時間がなくて使えずでしたが効くみたいです。詳しくはリコさんちでレポされてます。






楽しい時間はあっという間に過ぎ、


デイキャンのチェックアウト時刻がやってきて… 









5時過ぎに撤収完了。ここでリコさんと別れました。次はあの方も一緒のグルキャンかな (^。^) 







しかしグルキャンの楽しい思い出だけでなく、お土産というか課題というか… 






宿題を持ち帰りました。再掲ですが上の画像、ちとおかしいところがあります。



分かるかな? 








実はここ。





確かに短いですよね。




ちびストーブデフォルトの煙突パーツがひとつ、壊れてしまった。


細くすぼんでしまったようで、繋ぐと短くなってしまう事態に… (T.T) 






これが新品時の画。




オガワデフォルトで買い替えようかとも思ったんですが、コスパ的には巻き式の方が上なので… 









こっちにしました。3本目の巻き式煙筒として使う0.1ミリのステン板。デビューは大晦日になりそうです。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















焚火には良いが薪ストーブには適さない燃焼材








そろそろお昼時。





この頃になると、薪の在庫も底を尽きましたが、陽の光もあり幕内は暖かい。





ならばということで、昼食に先立って、ちびストの片付けを済ませてしまいます。






先日エルブレスで求めてきた、ユニフのキャンプグローブの出番です。





熾火はまだ残ってますから、もう少し待っても良いんですが、


冬キャンプの撤収でいちばん手間がかかるのはやはりちびストなので。






やれるうちにやってしまおうということです。









筐体内は素手じゃ絶対に無理な温度ですが、皮手袋の威力はさすが。全く熱くありません。












ちびスト内の炭を均し、幕外に運び出す目処が付いたので、一気に煙突を外して…








左には新設された水場が写ってます。これから別用途で火を使うので、ウチのサイトのすぐ横に水道があるのは助かりました。





じゃ、12月下旬・青根での煙突の状況報告です。





今回の薪は先月末の森ソロの時、きこりさんちで求めたナラと広葉樹の取り合わせが約30kgと、青根の受付で求めた杉が10kgほど。




寒さがキツかったせいと、末子に過去のキャンプで教えておいたコレ… 





杉葉です。




オープンエアの焚火では着火剤として最適と教えてましたが、


幕体にインストールした薪ストーブで使うと、煙突から灰が幕屋根にたくさん降り注いでしまいます。







どうも杉葉をたくさん突っ込まれてたみたいで… 





うーん… 





ちびストデフォルトの煙突パーツも、巻式煙筒の中もかなりの煤け方。






これくらいになると、もう焼き切るしかありません。





ちびスト筐体に煙突部材を突っ込み、灯油を垂らして燃やしてしまいます。





リコさんからも「大変ですね」と労いの言葉をかけられましたが、施術後は素晴らしいくらいのスッキリ感が味わえるので… 








※ 焼き切る間の画は撮り忘れました。





これだけキレイになります。やっぱり煙突掃除は砂利で振るより、焼き切った方が仕上がりが良いようです。





そしてこの後処理も必要。





ストーブ筐体内の炭になった薪片を、100均の粉ふるいに入れて振るいます。




こうすることで、ストーブ筐体内に灰だけが残り、吸湿効果でサビ付きが防げますし、


火が残る炭と火が残らない灰を分けることで、ストーブを手早く冷まして撤収することができます。





ちなみに青根キャンプ場、直火は許可されてますが、


そのまま放置して良いとまでは言ってません。






ピザ釜設置の水場の前に、炭捨て場があります。





ここに炭を廃棄して、とりあえず一仕事完了♪ 





巻き式煙筒もこれだけキレイになりました。





ところで巻き式煙筒をもう一本増やすことになりました。なんでそうなったかということは、別の更新で触れます。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










予約不要・無料で使えるピザ釜は貴重




11月に青根キャンプ場に来た時には、まだこの設備はありませんでした。






水場の横に新設されたのは…





ピザ釜です。




今さらキャンプ場で見つけて騒ぐほど、目新しい設備じゃないのは分かってます。が… 






青根のは、ある意味スゴかった。





何がスゴイかというと…





上の看板に ピザ釜 御自由にお使いくださいとあります。そう、無料で使えるピザ釜なんです。





ワタシの知る限りでは、キャンプ場のピザ釜って予約制で課金されるのが常です。



例えば…





この間行った、山梨と神奈川の県境のこのキャンプ場のピザ釜も予約制で有料でした。350円です。





そして河口湖近くで、我が家のリピ率が高いこちら…  








森と湖の楽園です。期間限定でしたけど、ピザ焼き体験した時も有料だったし、



ウチはまだ行ったことがないのですが、道志みち最頂部に位置するキャンプ場も予約制で、枚数ごとに課金されるシステムだったと記憶しています。




今回も青根のスタッフさんと話す機会があり、「あのピザ釜は無料って本当?」と聞いたら間違いないらしい。


ただし「試験的に導入」ということでした。





今後の使われ方によっては、場所や運用方法などに変更があるかもしれません。





そしてピザ釜だけではなく…











水場の前の道志川は、きっちりと餌釣りエリア用の区画ができてました。






いろんな発見の後、そのヨロコビに浸ることもなく洗い物… (T.T) 





青根には給湯設備ができましたけどね。






SEA TO SUMMITのキッチンシンク・20リッターサイズの許容量は、グルキャンの多めな汚れ物を運ぶだけでも頼もしい存在です。





そうそう、今回のグルキャンで、リコさんちから困った? 頂き物をもうひとつ戴いておりました。





テーブル天板の規格外品。反ったり曲がったりした部材で、焚き付けに使えるとのことですが、何か勿体なくて… 





焚き付けには使えずに、リコさんにも告げずに持ち帰ってしまいました。


次のキャンプで何らかのカタチで活かしたいと思ってます。





接合精度が良いこのテーブルの部材です。燃やすにはしのびなくて… 




あ、そんでもって、ジルコンのぶっといポールにも、ランタンを取り付けることができそうな見通しです。





ジルコン15の40ミリ超のポール径は、市販のランタンハンガーを寄せ付けません。DIYで工夫するしかありませんでした。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 




青根は零下3度・幕の中は27度





さて朝メシの支度ですが… 






昨夜の残りのおでんを、ちびストーブの上で温めて… 





いつものレシピもこしらえました。BLTドッグ。





6個入りのロールパンパッケージを4袋買って大量生産。





リコさんちのお子さんも、いくつか食べていただきました。





もう午前8時半過ぎたというのに、青根の芝サイトは凍てついたまま。





昨夜は最低気温はマイナス3度だったそうです。ワタシは計り忘れましたけど、リコさんに教わりました。






これだけ凍ってると陽が差して溶けたら、ドロドロになるんでしょう。





画像庫のGoogleで自動的に生成されたGIFが、イメージ画としてちょうど良い。スタッフさんの話しでは、この2日ほど前に雪混じりの雨が降ったらしい。





周りを見回して気付いたのは、電源サイトの奥である我々のまわりが、


妙に人口密度が高いこと。









おそらく予約のお客さんには、割りと凍結が少ない場所をあてがってくれたんでしょう。






やがて青根にも陽が差して来て… 










ちびストーブと陽光の威力でしょう。幕内の気温はこうなりました。








9時前で27度超。これなら寒くありません。幕の外とは30度近く違いますから。





子どもたちはリコさんのiPadに夢中。前夜、このゲームを紹介したのは間違いだったかも (^_^;





Bad Piggies。これ大人もはまります。






末子がトイレに行きたいというので、いっしょに外へ出てみます。






電源サイトのお客さんが入っていないあたりは、こんな状態。





タイヤの跡の轍に雨水がたまり、凍ってます。









芝の部分は霜柱の踏み心地が小気味よい♪ 






末子が見つけたのは… 





これです。こんな立派な霜柱ができてました。





そしてトイレに行った後、フリーサイトの水場に寄ってみると… 





この水場に最近、給湯器が入ったんですが、それとは別の新しい設備ができてましたよ。 続きます。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















あの高品質なウッドテーブルが増殖です




さて、青根でご一緒させていただいたのは… 






デザインリコさん




ここで書くまでもないことですが、木製折りたたみテーブルの製造販売をされてまして、


自作キットのモニターの話を戴いた今春以来、何度もメールのやりとりを重ね、


秋口あたりにキャンプ同道しましょうという話があったのですが、延び延びになってしまいまして… 



こんな寒い時季の初オフになってしまいました (^_^;





これ日曜日朝の画。前述とおり、夜間オフ会時は飲みつつ話し込む時間が進んでしまうため、土曜日の画像はもうありません。





開宴の前に記憶を戻します。





これ戴いてしまいました。





いや、これと書くべきでした。





ミドルテーブル。ロープを用いた天板の接合は素晴らしいアイデア。





開閉のアクションの柔らかさは今までに見たテーブルの比ではありません。





詳しくはこちらをご覧いただければと思います。さらにこのテーブルだけでなく、もうひとつ戴いてしまったのは本当に嬉しい。


これらテーブルのアクションと意匠の美しさ、そして設計の巧みさの感動は、別更新で伝えたいと思います。







で、日付が変わる頃まで美味しいお酒をいただいて、日曜の朝… 





起きたのは7時過ぎ。昨夜はお子たちも付き合わせてしまった。さすがにこの時間になってもまだ起きてきません。






幕外に出てみると… 





うーん、凍てついてます。





ウチのサイトのすぐ横に水道の蛇口がありましたが… 





なぜ逆さなのかはわかりませんが、ひねっても水が出ません。





止水してるのではなく、単に凍結していたみたいです。





フレンディのフロントウインドウも凍り付いてます。





後でリコさんが温度計測されていた数値を伺いましたが、氷点下4度近くまで下がってたらしい… 















幕内に戻ると、温度の差でカメラのレンズが一瞬にして曇りました。





この後でお子たちが起きてきて、暑いと言うくらいまで温めないと。風邪引かせたらオトーサンたちは怒られますからね (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







ボーナス出たら買うのも手ですよ。これ後悔はさせません (^。^) 











オフ会・グルキャンに最適のキャンプ場の筈ですが…




この週末は、毎度おなじみなこちら。青根キャンプ場へ。






しかし今回の青根は、今までとは違います。







いわゆるオフ会。我が家としては初めてのことです。


心躍る感じでこの日を迎えまして、数日前から青根のAC電源サイトを2つ予約してありましたが… 






この数日前に降った雨や霰(あられ)を吸い込んだ地面が乾き切らず…
 





サイトコンディションはかなり悪め。土が見えているところは全て濡れた地面。通路には水たまりも残り、ドロドロのグチャグチャです。







しかし寒い中にもかかわらず、青根のスタッフさんたちは精力的です。








ところどころで重機を出し、砂を入れて通路の補修に励まれてました。音はデカめでしたけど… (^_^;







ところで青根キャンプ場でグルキャンの場合、ある意味最強の環境が備わっています。





近接のいやしの湯でひとっ風呂浴びて、そこの食事処で晩メシと生ビールで一次会という手があります。が… 





この時期のいやしの湯は、冬の営業体勢… 





これ今年の2月の画ですが、食事処が19時でラストオーダー。今冬も同じ。定刻より1時間早く閉まるんですよね。






夕方は入浴料も割引になりますけど、20時には退出しないとならないのでは、宴会を開くには心許ないです。






ということで… 





諸事情により我が家のお子たちのみ、いやしの湯の温泉で温めさせていただいた後、幕内で宴会となりました。







オフ会でご一緒させていただいたのは、あの御仁。詳しくはまた後日。





美しきアレが増殖するという、思ってもみなかったサプライズなお歳暮をいただいてしまいました。ありがとうございます m(__)m





画像入れて、詳しくレポりたいところなんですが… 





オフって画像を撮るのは難しい… 





飲んで食べて話し込むと、カメラなんぞの存在を忘れてしまいます。


気付くと日付が変わりそうな時間になってましたから (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン









雰囲気と品質を両立させたウッドテーブルでは最強のコスパです。ワタシも満足の使い心地です。











アルパカの燃料漏れは…残念(T.T)








一週間ほど前の更新で、アルパカストーブの燃焼調整ツマミのあたりから、


灯油漏れが起きていることを書きましたが… 









対応するための補修剤をオーダーしてあったのが届きました。





バイク用の液状ガスケット。厚付け可能なタイプです。






完全硬化には24時間必要とのことで、金曜日の朝に塗り塗りして、






これ土曜の朝。完全に固まったようです。





ということでこのタンク、灯油専用としては初出場。








やはり注ぎ具合が小気味良い。ホースが二重構造でエア抜きしながら給油できるので、あっという間に満タンになります。





この状態で漏れが無いかを確認すると… 








給油3分後では漏れを確認できません。止まったかな? 






5分経っても大丈夫でした。無事に補修成功 と思いきや… 





約30分経った後、ふと見ると… 





漏れてるし… (T.T) 





触診したところ、液状ガスケットを塗ったこちらは大丈夫なんですが… 







軸の部分から漏れてるみたいです。





ばらしてないので分かりませんが、おそらく内部のOリングを交換しないとダメということでしょう。







もっとも現在、アルパカはほぼ満タンなので、灯油を使い切らないと、ばらすことも適いません。







灯油ストーブとしてのパワーはなかなか良いんですが、リコールにもなったくらいだし造りは粗いかなぁ…






燃焼させると止まる程度の漏れだし、耐震消火装置がないので屋外で使う以外の用途はあり得ませんけど… 






造りの精度とか耐久性は、メイドインジャパンに歩があるようです… (^_^;





楽天在庫アリで最安値はこれみたい。もう1台買おうかなぁ… (^_^;










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

















ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ