温泉と沢遊びを同時に楽しめる場所とは?







苫小牧港から北海道に上陸し、最初にやって来たのは…










大湯沼川遊歩道です。登別温泉の源泉地の近く。









遊歩道を進めば、鉄泉池や大湯沼まで行くことができますが、



今回の目的は、遊歩道に入ってすぐの場所。









清流沿いに歩くので、念のために自作した虫除けを足に吹いて… 












ほどなくして… 





沢の水に白いモノが混じります。











そう、この沢の上流は温泉が湧いていて、









天然の足湯が楽しめるんですが…









足湯というには、野趣に溢れ過ぎてる感じ。









沢遊びというには、これ以上上流に行くとたぶんヤケドする筈なので… (^^;;














しかし気持ち良い♪








周りに誰もいないし、水着持ってたら間違いなく、



足湯でなく腰湯になってたでしょう。






ちなみにバリゴを沈めて測ったら、湯温は43度と出ました。






この後、ママさんとお子たちで登別の地獄巡りを楽しみ…













パパは駐車場の車内で、休憩を兼ねて留守番でした。東北道縦断の疲労は、フェリー内で5、6時間休んだ程度では解消しませんでしたから。









その後は支笏湖へ。














スワンボートに乗るのもパパ以外で。












運転は車だけでじゅうぶんですから。(^^;;













湖畔で軽食の昼餉を済ませたら、







いよいよです。








北海道有数、というより日本有数の規模と高規格さを誇る、あのキャンプ場へチェックインします。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのライトテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

足湯と聞くと、もうちょっとこじんまりしたものをイメージしていましたが、
さすが北海道といったところでしょうか。

おはようございます

羨ましいぐらい天気が良さそうですね^^
本州はアチコチでゲリラ豪雨ですよーーー
うちも昨日の午後、かなり降りました。
川遊びと足湯だなんて、なんて素敵なんでしょう♪
ココちゃんの喜ぶ様が目に浮かぶようです。
ただ、私は43度、熱いなぁ。
私には冬の方が良さそうです。

No title

 こういう,自然の中にあるものが1番ですね。
 確かに,体も浸かってみたくなりますね!
 やはり北海道は,規模が違いますね。

こんにちは♪

やっぱり足湯の所でしたか(^^

やっとキャンプ場到着ですね。
これからがメインイベントですよね♪

No title

やっぱりホテルじゃないんですね。

いや~興味深い

ここは自由に入れるんですね
温泉って結構利権の関係から
源泉閉鎖されているところが多いのですが
ここは入ることができるんですね
行ってみたい

No title

地獄谷の雰囲気は、栃木県の殺生石に似た雰囲気に感じました
広大な土地柄、関西からみればすっかり外国みたいです

自分が旅行したような気分になって、拝見しております

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ