ガソリン車ってこんなにトルク細かったっけ?




この間の土曜日、仕事は休みでしたがサービス出勤のため、


自宅を車で出て車を走らせていた時のこと…。





考え事をしながらハンドルを握っていたのですが、ふと気付くと職場ではなく… 






道志方面に向かう道を走ってました…(^^ゞ 



先週は忙しかったからなぁ… 


心身共に野山に出たい欲求が溜まっているということなんでしょうけど、


気を取り直し、職場へ向かわざるを得ず…(T.T) 






で高速に乗ったのですが… 







この日ワタシがハンドルを駆ったのは、デリカD:5ではありません。





デリカは家族が使う用事があったので、やむなくノアで職場まで。


大きめな荷物を運ぶ必要もあったので、どうしても車で行きたかったんですよね。




ちなみにノアについては前述しましたが、海外赴任している親戚から預かってくれと頼まれたもので、


持ち主からは「置いておくだけだと腐るだけだから維持するために自由に乗ってほしい」と言われており、


保険関係もワタシやママさんが乗って万が一事故を起こした場合でも、大丈夫なプランに変更してもらってあります。




ただ、古い車です。






すでに総走行距離は10万キロに近いので、持っていく荷物がもう少し小さければ… 






バイクで休出という手もあったのですが、こちらはあいにく自賠責の期限切れ。


そして現在、保険関係とは別の不調も抱えています。その不調については機会を見つけて書くことになると思います。






そしてノアを走らせ、約30キロの道のりの高速道を走ったのですが… 







この車、怖すぎます…(^^ゞ 







上の動画はその時の感覚に近いもの。


流れに乗るために、やむなく追い越し車線を走らねばならなかった場面で… 




スピードメーターとタコメーターの針が、確かにこんな位置を指していたのをはっきりと見て取れましたが…





5000回転までブン回しても、トロトロとしか加速しない…(T.T) 


※ この画像は停車時に撮った画像を加工したものです。




時速100キロ前後からの加速がモソーっとし過ぎで、後ろからに煽られるほどでした…(^^ゞ 






ちなみにこっちはデリカのメーター。4000回転ではすでにレッドゾーン突入です。


もちろんレッドまで回したことなんてありませんし、そんなに踏まずとも高速道路の流れにもスイスイと乗れるのはさすが、


ディーゼルの大トルクのおかげです。






後で調べて分かりましたが、この年式のノアの最大トルクは18.5kg・mを4400回転で発生するとのこと。


普段乗ってるデリカは36.7kg・mなので、ほぼ半分程度ということ。





ちなみに前の車であるボンゴフレンディも、ノアと同じ自然吸気なガソリンエンジンでしたが、


最大トルクは30kg・m程度のパワーがあったように記憶しています。0.5リッターほど排気量の差はありますが。





さらに気付いてしまったのが、ブレーキ系もそろそろ限界っぽい。





もしかしたらローターもアウトかも。ブレーキ踏んだ時の車体挙動がいちばん怖かったかなと… 




持ち主は2週に一度くらいしかハンドルを握らない方で、


ほとんど下道しか走っていなかった使用状況は容易に想像できます。




著作者:Lúa Chín | Chụp Hình

どうやら持ち主に確認するため、国際電話をかけないとならないようです。








思い出の詰まった車とのことで預かりましたが、まもなく20年選手。


いくら調子を維持してほしいと言われても、この車はチョイ乗りに留めておいた方が良さそうかなと… 






間違ってもキャンプ場まで乗り付けるなんてことはしない方が賢明みたい… (^^ゞ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 






関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

トルクの数字が出てきたので興味を持って調べました

PAJERO V75Wはガソリンエンジンのロングボディ3500ccです
35.5kg・m/3,750rpm

そしてCB1300SuperBoldo’rが
11.7kg・m/5,500rpmでした^^
100km/hのメータ読みが6速で3,000回転くらいです

No title

いくらなんでも、この車、ヤバいって。
本当なら、とっくの昔に廃車かな?
車も消耗品ですしね。

こんにちは

無意識に山へ向かう・・・
よっぽどですね^^
途中で気付いて良かったです。
でなければ、キャンプ場について「あれっ」と、なりかねない・・・

やっぱり軽ってそんな風に見られてるんですね。
そりゃ、人数が増えると馬力が無くなっちゃうけど。

10万キロ。まだまだ全然乗れますよ。
もちろんアチコチの部品交換はするべき。
うちはもうすぐ15万・・・
でもまだまだ乗り続けるつもりです。

コロコロの金属製。
あったら欲しいけど重いかな。
かなり力を入れてるので腕がちょっとした筋肉痛になってます。

No title

ガソリンエンジンだと回転数でパワーを絞り出すからどうしてもトルクは薄くなりますよね。
ディーゼルは低い回転数でトルクを発揮するエンジン特性だから、車重が重いとディーゼルじゃないとダメなんですよね(^^;;

20年選手

乗っていなくても20年も経てば
いろんなところでガタが来ます。
性能も20年前とは雲泥の差でしょうね
高速はやめておくのが無難でしょう(^^)

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ