日曜大工でマネできるレベルではない格好良さのウッドテーブル




大きな理由にはならないのかもしれませんが、


これまでキャンプでの知り合いとのつき合いの都合もあり、 差し控えていた道具類の情報があります。







しかしこれ見た時、そういう柵(しがらみ)が吹っ飛んでしまった… (^^ゞ 


ウッドテーブルネタです。







テーブルは脚部分も木材を用いることで、セルフビルドしやすい道具ではありますが、






その妥協がゆえ、構築後にメンテナンスが必要になることもあります。











割れや乾燥により生じる歪みにより、修正を加えてやることで愛着もさらに増すものですけどね。





しかし最初に載せた画のテーブルです。







こちらはINOUTさんのプロダクトで、Turtle tableというロールトップテーブル。




このロールトップテーブル、脚部がスチール製。





きっちりと焼き付け塗装された部材とのこと。





今も所有していますが、C社製のロールウッドテーブルも脚部は木製ではなく金属製。非鉄材、おそらくアルミだったと思います。







天板の色は好みですが、どうにも脚の線が細くて華奢な感じが否めず、現在お蔵入り中。

今後もよほど大人数での野営ではない限り、使用する場面はなさそうです。





それに対し、この力強い意匠。










ウッドとスチールを混在して作ったテーブルは、さじ加減をちょっと間違うと限りなくチープになってしまいますが、


このプロダクトの存在感、ただ者ではありません。








ロールの天板はタモ材のワトコフィニッシュだそうです。








サイズは920 * 540ミリという天板の投影で、高さは430と640ミリの2タイプから選択することができます。







収束状態はこんな感じ。天板の長辺が1メートル近い大きさがありますが、薄く収容できそうです。








かなりカッコイイのですが、お値段もなかなかのもの。






…かといって、この存在感を素人が真似して作ろうとしても手を出せない領域にありそう。


屋内で使う家具と捉えれば、手元に置く機会にもいつか恵まれるかもしれません。




興味をお持ちの方はこちらを覗いてみてください。  INOUT Turtle table






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン
励みになります。クリックお願いします♪ 







関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

木の材質は心が和みますね
しかしメンテナンスが必要なこともあります

私のネット環境かも知れませんが
一部の画像が表示されないようです
もしかしたらそういう設定なのかも知れませんが・・・

アイアンとの組み合わせはワイルドで、しかもワトコのオイルステイン仕上げっていいですね~(^_^)
タフさもアウトドアにぴったり♪

スノコ状

お~これはアイデア商品ですね
スノコ状というか、すだれ状というか
金属フレームがしっかりしていれば
天板も安定しますね
うんうん、これいいかも(^^)

No title

丈夫なんでしょうが、値段が・・・。

No title

なかなかいいですね。

たしかに組み合わせ方次第で途端にチープになりますからね。

そういう意味では絶妙なつくりですね。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ