アウトドア用の刃物は用途重視で選びましょう



アウトドア用のナイフが流行っているようですね。






ブッシュクラフトの静かな流行と共に、


廉価なナイフがアウトドア雑誌で取り上げられる状況もしばしば目にします。







しかし刃物は刃物。


正しい使い方が出来なければケガしますし、


メンテナンスが出来なければ切れ味を維持することも難しいと考えます。







ワタシがアウトドア用のナイフに手を出すとしたら、おそらく調理に主眼を置いた物。


牛刀とペティナイフはステーキハウスで働いていた頃から所持していますが、刃渡り30センチの牛刀は持ち運びが大変な場合もあり、


屋外でこれの代替となるようなクッキングナイフなら、求めることがあるかもしれません。





何が言いたいかというと、きちんとした必要性がなければ、


無目的に流行りに乗っかって廉価なナイフを求めても意味はなくて、


何に使うのかがはっきりしていないのであれば、安易に刃物を手にするべきではないと思った次第です。





小振りな焚火台でミニマムに焚火を楽しむのであればナイフも有用と思いますが、


我が家のように冬キャンプは薪ストで暖まる方向性であれば、


ナタ一本あれば何とかなる場合がほとんどでした。







これだけでもじゅうぶんと考えてましたし、実際ほとんどの場合はその通りでしたが、


昨年末に「想定外」の事態に直面してしまった。







キャンプ場で求めた薪が長すぎてちびストーブに入らず。


言うまでもなく鉈は木目に沿って割るための道具ですから、こんな場合には役に立ちません。


急場しのぎでキャンプ場近くのホームセンターに寄り、折りたたみ式の鋸を求めて何とかしました。







しかし折りたたみ式の刃物って、どうも好きになれません。


刃が柄にガッチリと固定されていないので、切断時に力が分散してしまいます。







切断面を見ればブレブレで鋸場を引いていたことが明らかです。




キャンプに持参した薪が足らなくなり、現地で薪を買ったら長すぎた というケースは、


どうも中伊豆やピカ系列でのキャンプで発生しやすいのですが、


実は春休みからGWにかけて、どちらの場所にも予約を入れてあります。




ということで… 











やっと手に入れました。竹内快速鋸です。







名刀剪定鋸の240ミリ。








楽天で求めたものですが、オーダーから配送まで一週間近くかかりました。


人気商品ということではないと思いますが、流通量が少ない製品なのかもしれません。













発明賞を受賞したほどの切れ味があるとのことですが… 







受賞に値するほどの切れ味の秘密は、薄く削った鋸刃の隙間。


大きめの隙間を与えられた鋸刃の間はオガクズが付きにくく、爽やかな切れ味を約束してくれるのだそう。





実際どれほどの切れ味があるのか、自宅前の塀の隙間から勝手に伸びつつあるピラカンサスを切ってみると… 







駐車場脇に勝手に生えてきて、あまりに大きくなり棘が車のボディを擦るようになってしまったので、


昨年末にも一度切ったのですがまた伸びてきた物。








切りにくい角度で太さもある生木ですが、ほぼ1分で切れました。


そして切断面がきれいなことが分かります。









確かにオガクズは残りにくい感じ。これは使えそうと思い、次に… 








ナラ薪です。ちびストに入れるには枝分かれしている部位が太いため、使用を見送っていた物。







この太めの薪も難なく切り進めることができて… 








スパッと切れると言うとほめ過ぎかもしれませんが、やはり切断面は平坦で綺麗です。








ブッシュクラフトも面白そうですが、我が家の薪の運用用途にはナイフでは足らない感じ。


調理用に良く切れる出刃包丁は欲しかったりしますが。







竹内快速鋸、前評判通りでした。あとは片刃でなく両刃の鉈を揃えたいところです。










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ノコの歯が大きくて、素早く切れるというのは一見しただけで判ります。
歯の強度と焼入れの度合いのバランスが難しいから、しっかりした製品じゃないと直ぐに刃こぼれしてしまいますよね。
木工で切断方向が縦横を切る場合は両刃鋸が必要となってきますが、キャンプでは不要ではないかと思いますが…

No title

出発できたかな?

自分も

折りたたみ式のナイフで
怪我したことあるので
おすすめできないです
やはりナタがいいと思うのですが(^^;

旅行中で失礼します

No title

「バカと鋏は使いよう」とはよく言ったものだと思っております
刃物は道具ですから用途に合わせるべきですね

刺身を造る時には堺一文字光秀を取り出してきますが
柳刃×2、出刃、薄刃のセットは普段、
ジュラルミンケースの中に眠らせており、日常はセラミック包丁です

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ