大きめテントの雨撤収時は大きめタープが使える?




ちょうど2年前のゴールデンウイークのこと。







今まででも最大人数でのグルキャンで、ふもとっぱらに行ったのですが、


2泊して帰る日に、土砂降りの天候に見舞われました。







低い雲から降り付ける豪雨と、真横から吹き付けるような突風の中での撤収となり… 







この時にたっぷりと濡れてしまったMSRのシェルターは、少し経ってから加水分解を起こしましたが、


現在は専用のケミカルで復旧処理が済み、いつでも出撃できる状態を維持しております。







ふもとっぱらの草原地表には、川のような雨水の流れがいくつも出来上がり… 








弟家族が使ったファウデのトンネル型はもれなくゴミ袋撤収となりました。







そして強風に立ち向かうテンティピ。この時はストームコードはペグダウンしてないのに飛ばされることもなく、


さすがに風に強いテントだということが良く分かりました。



しかし直径6メートルで20キロもの重さがあるテンティピ ジルコン15もずぶ濡れになってしまい、


そのままでは車内に積めず、かと言って手持ちのポリ袋にも入りきらず、


仕方なくこれに包んで、何とか車内へ積み込むことに…。







たまたま持ってきてあったモンベルのビッグタープ。


すでに絶版のウイングタープですが、ウイング型ということはカテナリーラインで四辺がシェイプされているものの、ほぼ正方形。


いわば防水性の高い、巨大な濡れ物を包むには最高の風呂敷になります。








何とか車内を濡らさずにジルコン15を自宅に持ち帰り、


自宅駐車場で乾かしましたが、乾燥重量にして19.9キロの重さを持つ幕体です。


雨水をたっぷり含めばおそらく25キロを超す重さになり、干すだけでもともかく大変な思いをした憶えがあります。


小学生の頃、小田原の海岸で地引き網を引いた記憶が蘇りました。





そしてこの4月中旬のスカイバレー。







すでにポリコットンの幕体は濡れ色です。



雨脚の弱まりを狙ってピンポイントで撤収を進めますが、


暖房熱源が無くなるとこの気温。







8時半で12度。








ちびストーブの収容、本願としては幕外で行いたいところですが仕方ありません。







灰濾しを済ませて巻き式煙筒を収容します。







巻き式煙筒やオガワデフォルト煙突の煤の付き方は申し分ありませんでした。







これなら養生せずとも大丈夫でしょう。








コンテナはその都度組み替え、空きスペースを確保しながら積載を進めます。


この後、巨大な風呂敷包みを載せる可能性がありますからね。






…で、残念ながら… 







雨が弱まり晴れ間が差して、乾燥撤収が適わないかなぁという一縷の望みは砕かれつつあります。







雨粒が大きくなっていることが幕内にいても分かってしまうし。





さらにジルコンのフロアを剥がしてみてわかったことですが… 











外から浸水が始まってました。


あと少しフロアを剥がすのが遅かったら、直径6メートルの厚手のナイロンがずぶ濡れになるところだった… (^^ゞ 







すでにジルコンのドア付近のスカートはこんな状態ですし、雨脚が弱まる気配は微塵も感じられず、


こうなるとやむを得ません。2年振りの風呂敷状態撤収を決意しましたが、モンベルでなく別のアイテムを使うことにしました。








このタープも一応持ってきてあったのですが、別の物で事足りてしまいました。続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

風呂敷

すごいなあ
タープを風呂敷にしちゃうとは(^^)
いつも、そのアイデアに驚かせられます

No title

早めの行動が功を奏していることが多いように思います
的確な判断力と迅速な行動力がすばらしいですね

地引網の比喩になるほど、と思いました

こういう時こそ、コンテナの出番ですね。
昨日の記事のホルダーですが、ゴム製のスタンドを好きな所にセット出来るからフューチャーフォン、スマホ、タブレット、どれでも対応可能なんです。

こんにちは

あの日はかなりの雨だったんですね。
テントの下に浸みこんでくるなんて「止めて~」!!
撤収、テントを裏返したら出来そうだけど・・・
でも、撤収している間もずぶ濡れになりそうですね。
この気温だと・・・帰りは温泉に浸かりたい気分。

No title

これだけ大きいと、干すのも一苦労ですね。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ