道志最強のワイルド感漂うキャンプ場へ



海の日を含む3連休でしたが、中日である17日(日)から一泊のキャンプに出ていました。

ちなみにそのキャンプ場、飛び込みではなく事前に予約してありましたが、

連絡を入れたのは一週間前で、管理人さんには「ウチのテント、大きいのですが入れますか?」 と伺ってありましたが、

「あーたぶん大丈夫だから~」と快諾をいただいておりました。




現地着は15時半。道志みちの北海屋商店と水源の森の中間あたりを左に折れ、

橋を渡ってすぐ右に入ります。




ここは大栗オートキャンプ場。看板は大栗キャンプ場とありますが、オートが入るのが正しいようです。


キャンプ場受付までのアプローチには廃車が数台…。




キャンプ場ではそう珍しい光景ではありませんし、ある意味ワイルドだなぁと感じましたが、

本当にワイルドだったのはここから。


下り坂の勾配のきつさは、先日伺った久保キャンプ場と良い勝負で (笑)、

ここを左に曲がれば受付なのですが… 




バイクでもない限り、絶対に左折できません…(^^ゞ 



反対側から見るとこうです。




右奥に見えるのが受付。

ここでは左折するのではなく、車の頭を下り坂の先に突っ込んで、

バックで受付前まで進む必要があります。






先ほど渡った橋があんなに空高くに見えます。キャンプ場の入口から水平方向には200メートルも離れていないのに、

いかに急勾配を下ってきたかが分かるというものです。



さらにワイルドなのはこちらのメインサイトの立地。

受付で名前を告げて支払いを済ませましたが、

こちらのキャンプ場のメインサイトは、道志川の本流を渡った先にあります。




道志川の左が受付のある岸で、右岸がメインサイト。


こちらのメインサイトに車で渡る手段はありません。




人間は丸太橋を渡る必要があり、荷物はこれを使います。






道志川にかかるワイヤーが見えますが… 


そう、ゴンドラです。




手作り感満載のゴンドラはその名も 「ビッグマロン号」。

その筐体はどうやら家庭用の浴槽っぽい感じ。




しかしここで問題が発生。悔しいかな、大栗ACのメインサイトに進むことはできませんでした。

詳しくは次の更新で… (T.T) 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 大栗オートキャンプ場 大栗キャンプ場 ワイルド ゴンドラ 勾配


コメントの投稿

非公開コメント

No title

天気にも恵まれたみたいで、良かったです。

No title

ワイルド感に溢れていますね

昨日はHONDA CBのオーナーズミーティングがあり
仲間内からの誘いもあって
鈴鹿サーキットまで行ってきました

世田谷区在住の定年退職者である友人も参加、
CB1300でキャンプがしたい旨を聞いて
道志村の話をしておりました

No title

なかなかワイルドなキャンプ場ですね。
ビックマロン号が笑えますねw

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ