かつてない羽アリの大襲来で学んだこと




思い起こすと昨年の今頃、道志の森に来た時も、

彼らの襲来を受けたことがありました。




この翌日、台風15号が九州地方に上陸することになり、道志の翌朝も雨に見舞われ、

木陰に設営したテンティピはなんとか半濡れの状態での撤収となりました。



観天望気(かんてんぼうき:気象に関することわざ)によれば、羽蟻が多く出れば雨が近いと言われているとのこと。

これは羽アリが蒸し暑い日の夕方、低気圧の温暖前線が近づいたタイミングで飛び回ることが多く、

温暖前線が通り過ぎるとやがて雨となることを先人が指したもののようです。


今回のペアキャンプ、この数日後に台風10号が東北地方に上陸することになりますが、

そんなタイミングと言うことは、当然こうなります。




羽アリの大襲来です。




スーパー森林香を焚いているすぐ横ですが、彼らの勢い、すなわち走光性は、

燻されることすらも厭わず灼熱のクローブに集まり、一瞬で焼かれていきます。



足元にも凄まじい量の羽アリの姿が… 







この状態は去年の道志の森よりも明らかにスゴイ。






夜間に地表を這ったり飛来したりする羽虫を撮ることは簡単ではないのですが、

今回はそれがあっさりと出来てしまった。それくらい大量の羽アリが押し寄せてきています。





末子が花火遊びを始めても… 




地表に集まった羽アリの羽根が、花火に照らされているのが分かります。






地面に花火を向けてみても… 





効果は薄いようです。






こんな時は大光量のケロシンランタンを幕の中、メッシュ窓の先に仕舞い込み、

幕外の灯りはLED灯だけにしてやり過ごします。




それでもLED灯にすらたかって来ました。もはや打つ手なしです…(^^ゞ 

あの末子がプールに放ったガマガエル、連れてきたら大喜びだったかもしれませんが…。





これがブヨや蚊だったら今すぐ逃げ出すべきですが、

吸血虫ではありませんし、元もとは彼らのテリトリーに我々人間が入り込んでいるだけです。

たまに腕や足にたかってくるのさえ我慢できれば、ケロ灯よりは集蛾力のないLED灯のもとで、

抗わず、なるべく干渉せず… 




羽アリも人間も、それぞれのしたいように過ごせば良いのかなと…。

これだけの大襲来を受けると、そこから得るものもあったように思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽アリ 台風 襲来 森林香 花火 ケロ LED


コメントの投稿

非公開コメント

羽アリ

すごい数ですね
こんなに多い羽アリ見たことがありません
これは台風の影響なんですか!
ちょっと気持ち悪いです(笑)

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ