東北からの刺客・吸気システム導入のキャンプ用薪ストーブがリリース!!




つい先日、今夏は「ラニーニャ現象」が発生した模様だとの気象庁の発表がありました。

「ラニーニャ現象」とは南米・ペルー沖の赤道付近の東太平洋で海面水温が平年より低くなる現象で、

世界の天候に影響を及ぼすと考えられています。


このラニーニャ現象が日本に及ぼす影響とはすなわち、

11月くらいまでは高い気温が続くのですが、その時期を過ぎるとガクッと気温が落ちて、

例年より寒い冬が訪れることになるらしい。







ということは、2年前のような豪雪もあり得るかも知れず、

今から冬の備えを進めておいた方が良いということと考えます。

が… 

我が家としては、むしろ夏より冬場のキャンプの方がハイシーズンなので、

備えは万全です。


まずメンテが楽な灯油系暖房。こちらはすぐに使える状態になっております。






アルパカもレインボーもいつでも出陣可能。

今年は倉庫に仕舞わず、自宅の納戸に置いてあるのですが、

先日見たところ両方とも芯の上げ下げは問題ありませんでした。



そして絶対的爆発的な暖かさでは灯油系暖房がいくつ束になっても敵わない、

系のこのストーブも健在。




ちびストーブ

オガワ製のアウトドア用品の中では、てっこつやピルツシリーズ、またアームチェアなどよりも、

このキャンプ用暖房器具の方が、買い得感は遙かに高いように思います。

仕舞いのコンパクトさと暖かさのバランスの良さはまさに逸品のレベルにありますが、

ワタシがそこまで高く評価するのに同意をいただくためには、このストーブを実地で使う経験が必要かもしれません…。




オガワの逸品と言っても良いコンパクトなキャンプ用ストーブですが、

ここ数年、さまざまなところからいろいろなライバルが顕れてきました。




ライバル筆頭はテンマクデザインiron-stove ちび。


オガワと同じ「ちび」の名を冠してますが、本家ちびストーブよりはやや大きめで、

炉内でダッチオーブン料理等をこなすための、いわば「クッキングストーブ」としての位置づけがあります。



もう少しコンパクトな筐体が良い方には、こちらのストーブもオススメかもしれません。




笑'sのフォールディングストーブ 焚き火の箱Gスペシャル2。

これコンパクトにたためるという点では、オガワの逸品より小さく仕舞えるのですが、

私的に角張り過ぎた筐体のストーブというのは好みではありません。

耐久性について疑問が残りますし、煙突が角張っているのもちょっと…




アウトドア用ストーブの煙突を一度でも掃除すれば分かりますが、円柱状や巻き式であることで… 




どんなに維持が楽だったか。

ま、笑'sさんのプロダクトは使ったことがないのでこれ以上書けませんが、私的に次を買う場合の候補に挙がることは少なそうです。



そしてもうひとつ。こんなにも強力に本格的なプロダクトが、

ついにリリースされました。




これ近代製鉄発祥の地である「鉄のまち」、岩手県釜石市で機械開発や製造、そしてストーブを製造されている、

石村工業さんの手がけられたキャンプ用ストーブ、その名も「クラフトマン C3」。




COMPACT・CARRY・CAMPINGSTOVE の3つの頭文字をとった商品名として「C3」と設定されたそうです。


このストーブがスゴイと思ったのはこの機構。




これC3専用のオプションパーツですが、なんと外気導入ユニットとのこと。

ストーブ筐体下部にある吸気ダンパーに取り付け、ダクトホース先の吸気口を屋外に伸ばすことで、

強力な燃焼をキープできるようです。




アウトドア用薪ストーブとしてかつてない機構を有するC3ですが、

ひとつだけネックなのはその重量。




これひとつ26キロの重さがあるとのこと…。


ちなみに今回更新で取り上げたテンマクのiron-stove ちびの重量が18キロで、

コンパクトに見える焚き火の箱Gスペシャルは5.3キロ。ただし煙突は含みません。




そしてオガワちびストーブは、総重量で5.2キロ。

なんとこちらの方が焚き火の箱より軽いというのはオドロキです。





石村工業さんのC3、斬新な吸気システムは本気でスゴイと思うのですが、




ワタシはやっぱりこっちの方が安心できます。何よりも軽いしね♪ 










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ちびストーブ iron-stove C3 石村工業 オガワ テンマクデザイン


コメントの投稿

非公開コメント

かっこいいけど

やはり重量が問題です
そんなに重くては使う気になれません(^^;
コンピューターのCPUファン使って
強制吸気できないかな(^^;

No title

26kgと5.2kgの差は歴然ですね
固定設置すれば話は別ですが移動を伴うキャンプ時に
軽い方に軍配が上がるのは必然でしょう

次々と製品をリリースされることは嬉しいですね
この商品が都合のいい方も少なくないのでしょうね

こんにちは

イイですね♪鉄の町・岩手。
岩手と言えば南部鉄器ですもの。
丈夫そうだし、四角が仕舞いがっても良さそう。
重いのは・・・仕方ないね、南部鉄器も重いもん。
キャンプ場に備え付けしちゃえば良いのにね。
キャンプに限らず、居間でもマッチしそうだなぁ。

あの蛙は、それまで調べもしませんでしたが、たぶん二ホンアマガエルじゃないかな。
保護色で色が変わってるんだと思います。
ベランダの片づけをしたら、プランターにもう一匹発見し、その子はプランター色になってきました。
今朝はピョン吉をメダカの入れ物の中で発見。
当然と言えば当然ですが・・・ 虫にしか目がいかなかった・・・
クモは今年少なくて嬉しいのですが。

No title

短期決戦は、何があるか分かりませんからねえ。
ロッテが3位から日本一になったこともありますし。

No title

なかなかの重量のストーブですねw
とぢらかというと、自宅でアウトドアって感じの使い方がメインなんでしょうかね。
見た目はなかなかいい感じなんですけど、さすがにキャンプ場に持っていくにはきつそうですね(´・ω・`)

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ