心がほっこりするキャンプ場・身も心も寒くなった温泉よりはこっちの方が…(^^ゞ 



道志の上白井平にあるセンタービレッジキャンプ場ですが、

道志上と呼ばれるこの界隈、すなわち道の駅どうしあたりから山中湖側にあるキャンプ場は、

独自に「おもてなし」の心を、いろいろと工夫されている場所が少なくありません。

もちろん東京五輪が決まる前からの話です。


例えば花の森オートキャンピアさん。

このキャンプ場はフィンランド風コテージが売りですが、

夏場はこんな歓待を受けることができます。




ジャグジー機能付きプールです。我が家の子どもたちも、かつてお世話になりました。


サイトごとに流しを設けているキャンプ場もいくつかありますし… 






そのおかげで開封仕立ての新品スキレットのシーズニングを、

まったく初めから行うこともできました。

これスカイバレーキャンプ場での話です。



またAC電源付きサイトの所在率も高くて… 







この設備があるキャンプ場なら、秋冬に家族でキャンプする場合、

間違いなく寒い思いをせずに済むあの装備を持ち出して使うことが可能になります。




ホットカーペットですね。


またキャンプ場自体や、キャンプ場が付帯する宿泊設備があることで存在する、

通年で嬉しいこの設備を持つ場所が多いことも道志上のキャンプ場の特徴かなと… 






残念ながら温泉を引くキャンプ場はありませんが、

気持ちいい入浴設備を整えているキャンプ場が少なくありません。

上はレストリブレで下はオートキャンプ長又の風呂です。


浴槽はないけど、しっかりした湯温と水勢のあるシャワー浴をいただけるキャンプ場もあります。






上はオートキャンプせせらぎで下はオートキャンプしろいだいら。

どちらのキャンプ場でもシャワー浴でじゅうぶん温まることができました。

特にオートキャンプせせらぎさんのシャワーは素晴らしかった。この水圧と湯温なら、風呂が無くてもいいかなと思えるほどでした。



そして今回のセンタービレッジキャンプ場です。






トイレに寄りがてら、ここの灯りが気になって寄ってみました。




炊事棟と呼ばれる施設です。


庇をくぐって中に入り、まず目に入ったのは自サイトからは見えない角度にあるこの書棚。





幼児向け絵本やマンガの文庫本やら、

たくさんの子ども向け書籍が積まれています。







背表紙がやや色あせた感や、ラインナップの古さは否めませんが、

昔を知りそれを楽しめるというのも、マンガ文化の大事な要素ではないかと思います。





そしてその書棚の下には… 




家族で球技を楽しめるように、ボールやバット、グローブまでもが揃えられておりました。

実際、これらで日中にキャッチボールなどに興じる親子連れさんの嬌声が何度も聞こえてましたよ。



さらにこんなものまでも!




木琴です。バチの端が曲がってますが、使用しは差し支えないでしょう。


やや草臥れている感は否めませんが、子ども連れを歓待するこの設え、

もしかして経営者様は小学校の教員経験者なのかもしれません。



そして炊事棟と名付けられている通り… 




たくさんの清潔な流しが並んでいます。

残念ながらこの地の他のキャンプ場と同じく、水場に給湯設備はありませんから、

冷水しか出ないことになりますが。




飲み物の自販機もありました。






観光地価格ではなく通常価格で求めることができるのは嬉しい。





アルコールも販売されてます。




これだけは観光地価格でしたが、

夜中に目が覚めて飲みたくなったりしたら、仕方ない出費額でしょうか…(^^ゞ 



炊事棟に長居しすぎたせいか、再びトイレに行きたくなって所用を済ませたところで、

オドロキの発見をしました。







こちらのシャワー棟ですが… 





1回200円ですが、機械式コインシャワーではありません。




200円が必要ですが、時間きっちりでお湯が止まるタイプではない。




これはありがたい設備です。

残念な山中湖村の温泉じゃなく、やっぱりこっちを利用するべきだった…(T.T) 





炊事棟だけでなく冷蔵庫を利用できるBBQ棟もありました。



まずまずに手厚い「おもてなし」のあるキャンプ場ですが、

ご老齢な経営者様の知恵と経験に依る暖かさが大きいように感じました。




心がほっこりするキャンプ場… ということなのかもしれません。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : センタービレッジキャンプ場 シャワー 風呂 AC電源 スカイバレー 花の森 せせらぎ 白井平


コメントの投稿

非公開コメント

No title

木琴もあるよ、と奥様をお誘いしたいですね
乗ってこられるかどうか、は疑問を残すところですが・・・

昭和の終わりにワンルームマンションが多く建設されました
16㎡程度の広さにトイレ一体のユニットバス設置です
今では23㎡以上、バス・トイレ別でなければ入居されないようです

時代はこうやって、各サイトに流しやコンセント設置が当然に
そのうちなるのかも知れませんね

     神社仏閣の拝観料について私は是論です
     維持管理に必要な資金を、拝観者たる受益者に求めるのは
     当然であり、そのおかげで私たちは拝観できます

     一方、そこまで燃料費やETC費用を支払って赴いており
     わずかな駐車場代なら負担してもいい、と思うのですが
     客体としての正当性が介在して然り、と考えます

     百円ショップで300円の駐車場代とか、
     イノシシやタヌキが頻繁に出没する山中の施設に
     500円の駐車場料金設定に非常識を感じます

     そのせいで売り上げが伸びない、としたら
     愚の骨頂ではないでしょうか



こんにちは

すごいですね。
多くのキャンプ場がひしめく中にあって、しっかり差別化が出来ている。
マンガ本は良いなぁ。
昔泊まったペンションにもこんな感じにマンガがいっぱいあって、どこにも行かず何泊でも出来る気がした事を思い出しました。
お子さんとパパがアウトドアしている時にママが漫画を読んで。
良いかも^^

ホントに父の言動には振り回されます。
文書は書けるほど筆圧が無いし読めないので(視力的に)現実的ではありませんが、「録音したろか」って思ったことはあります。
でもその証拠すら聞こうとしないのが老害です。
どこの親も似たり寄ったりらしいですよ。

No title

薪って2年もかかるんですね。

無人販売

お互い信頼があって
タイマーなど設備投資に
まわす必要がない
というのはとってもいいこと。
この文化続け欲しいですね(^^)


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ