センタービレッジの名の由来は村の中央にあるからじゃなくて…




ブー垂れた表情の小学2年生がいます。




前日のうちに「明日の朝はラピュタパンを作るよ~」と言い渡しておいたのです。






それが失敗作であったことが不細工な表情を写したのではないというのは、

彼の起き抜けの後だけでなく会話した中でやっと安堵しました…。 

単に眠かっただけらしい。


前夜は自宅での就寝定刻よりも、1~1時間半ほどの夜更かしを許してしまいましたから、

これは親としての失態なのでしょう。



朝食が済んで、そろそろ撤収の算段をまとめないとなりません。




ナラは1束強が残りましたが、

この時点ですでに次のキャンプ予定が決まっているので、自宅へ持ち帰ります。



素晴らしいポテンシャルを発揮して暖かさを具してくれたちびストーブ

これを仕舞うための儀式が始まります。





熾きになったナラの残りで灰缶にすくいますが、

もう何度もこの工程は載せてきたので割愛します。



そしてこれも何度となく載せましたが、煙突の事後状況。

75ミリ径のステンレス管です。




朝方まで熾が続くナラだけで運用すると、液状のタールなどはほとんど残らず、

煙突コンディションの維持も容易になり、次も使おうという気になります。

結果、一冬に何度もキャンプに出る環境が整います。





100ミリ以上の径の煙突を使うストは止めた方が良いです。

ちびストなどの可搬性を考え細めの煙突径に設えたストーブより、暖かさは上かもしれませんが、

その径の煙突はとにかく嵩をとります。




煙突の幕体避けとして使っている煙突ガードは本来106ミリ径の煙突用ですが、これ1本を載せるだけで、

かなりのスペースを占有します。同じような径と長さの煙突を何本も持ち運ぶことなど、考えたくもありません。



一方オガワの逸品ちびストーブ、そしてホリデーロードさんや快速旅團さんといった、

75ミリ径の煙突で運用させるキャンプ用ストーブなら、筐体に煙突が収まりますから、

車載時にも容量は取りません。




また、1000~2000円程度で入手できる厚さ0.1ミリのステンレス板と収束用ホースバンドを持てば、

さらに積載量を減らすことも可能です。




0.1ミリ厚ステンレス板の巻き式煙筒、その結束を解くだけで、

良好な燃焼状態でついた煤はパリパリと剥がれ落ちてくれます。


ま、それでも冬キャンプでは、巨大なテンティピ以上に、

ちびストーブの設営撤収がいちばん手間をとることに他なりませんけど。




最大の大物をやっつけました。ここからは撤収のスピードが上がります。



一段下がった5番サイトに置いたままでは積み込み時に苦労するので、

再びデリカを6番サイト内に移動させ… 





幕内では末子にヘリノックスやエーライトの収容を任せました。




「あーなんで入らないんだよ~」と呟きながらも、

何とか2人分のチェアを収容してくれました。




兄も辿った道です。今後、何度も繰り返せば、力下限も分かってくることでしょう。



ところで前夜、この光景を見られた他サイトに入られていたご婦人に声をかけられ、

テンティピの巨大さに感嘆の声を上げられていたのですが… 




テントから煙突が生えて、さらにそこから煙が出ていることを信じられないご様子でした。

そしてこの巨大な幕体をどうやって持ち運ぶのか、

想像もできないと言われ、「大丈夫なんです。持ち帰れますよ。」とお答えしたのですが… 






こうなります。20キロのバックパック様に収束完了です。

朝方その方がもう一度自サイトを訪れられたのですが、まだテンティピは起っている状態でしたので。

もしやこのブログをご覧になっていたらと思い掲載しておきます。





…と、だらだらと写真を撮りながら撤収していたらアウトの定刻をオーバーしてしまった…(^^ゞ 





あとはワタシのリュックを積めば撤収完了です。

この後管理棟近くにいらっしゃった管理者様に遅刻のお詫びを告げて、

センタービレッジキャンプ場を後にしました。




この時キャンプ場の看板を見て、初めてキャンプ場の名前の由来を理解しました。

道志村の中央あたりに所在するがゆえのセンタービレッジなのかと思っていましたが、

看板の下に見える文字、「中村荘」という民宿が経営母体らしい。

中村の直訳だったんですね。




この時点ではまだまだ緑が濃い道志村。




あと10日ほど後に再訪の予定があります。その時はもう少し山は色付いているでしょうか。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : センタービレッジキャンプ場 中村 中央 ちびストーブ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

1このテント、デカイですもんねえ。
見たことない人なら、びっくりでしょう。

No title

こうやって見るとあらためて、サードシートの存在が大きいですね
お使いになることもあるようですから必要な存在でしょうけれど
荷物満載にあたり、少なからず障害に感じます

パジェロロングのサードシートは床下格納式ですが
外して契約外部倉庫へ預けたままです
先日は車中泊使用にしていたため2シーターでした

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ