ジルコン15をクリーニング業者に持ち込んだらいくらかかる?



テンティピ ジルコン15にニクワックスのコットンプルーフを塗り始めます。




まずは雨漏りしている部分から塗り固めようと思い、

縫製部を中心にハケを走らせます。




しかしこの作業、思っていたより大変でした。




何が大変かというと、ハケでコットンに液体を塗るという行為は、

例えば板や鉄部にペンキを塗るような場合に比べると… 




格段にハケの穂先の抵抗が大きいと言うことです。

考えてみれば当たり前のことで、ただ塗るだけでなく、

撥水作用を期待して布地に擦り込むようにハケを使ってますからね。




想定していた以上の筋肉疲労がじわじわと右腕に蓄積されてきました。

ここでふと思い出したのは、縫製部分以外からはまったく雨が漏れていなかったこと。



始めに縫製部分から塗布し、次に非縫製部位の生地全面を塗り広げようと考えていたのですが、

雨漏りする縫製部分にだけコットンプルーフ希釈液を染み込ませれば大丈夫だろうと考え、

方向転換。


ただしこれらの部分だけは念入りに塗布します。




テントの中でもっとも可動する箇所であるドア付近と… 




トップベンチレーション。てっぺんは縫製部の密度がいちばん高いので、

このパーツだけは全面に塗布しました。


もうひとつ、テンティピ全面への塗布を諦めた理由がこちら。




水で希釈したコットンプルーフは、

生地に浸透する過程で撥水剤成分が分離しやすいのです。




塗りムラのような線状の斑となって残ってしまう感じで、

全面塗布したとしたら、どんな斑模様になるのかと… 





考えただけで恐ろしく、縫製部だけの処理までに留めた次第。


ということで塗りたくること1時間40分。

やっと塗布作業が終了。







塗った希釈液の総量は2リットル。





ジルコン15の縫製部位だけ再撥水処理するのに必要なコットンプルーフは、

1本分も要らないことになります。



ソトソトデイズさんで伺った話では、

ノルディスクのコットン幕全面を撥水処理した際は1本で足りたそうで、

ジルコン15なら2本でちょうど良いだろうとのことでしたが… 




確かにジルコン全面塗布ならコットンプルーフ2本を適量で希釈してほぼ足りそうな分量と感じます。




この後塗布したコットンプルーフが乾くまでさらに一晩放置して… 






ようやく仕上がりました。

例の塗布中に斑に浸みていた状態ですが乾いてみると… 




濡れていた時より気になりません。

この仕上がりだったら全面塗布でも良かったかなぁと…(^^ゞ 





ジルコン15、ほぼ復活です。


なお洗ってすすいで乾かして、撥水処理してさらにそれが乾くまでに要した時間は、

トータルで48時間7分。

ちなみに某業者にジルコン15のテントクリーニングを依頼した場合

4万円以上かかるそうですが、確かにそのお値段が納得できる仕事量でした。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : テンティピ コットンプルーフ テントクリーニング 撥水


コメントの投稿

非公開コメント

メンテナンス

メンテナンスしっかりしてますね
自分はこういうの面倒で
おろそかにしてしまいます(^^;

画像のロゴが小さくなって
とても見やすくなりましたよ(^^)

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ