オフシーズンはコテージやパオが半額に? バーデゾーンありの風呂直近キャンプ場



ゆうパークおごせのフリーテントサイトは2つあり、

我々が利用したのはそのうちのBサイトと呼ばれる方でした。




チェックアウト定刻は11時で、ほんの少しだけ遅れてしまいましたが、

撤収を終えてサイトを後にします。


ただしこのまま自宅に直行するワケではありません。

チェックアウト時には撤収が済んだことをフロントに申し出て欲しいと言われていたことと、

他にもうひとつの目的があります。

数日前の更新末尾で触れていた、あるお得な選択肢にエントリーしていたから。




目的の場所はこちら。

ゆうパークおごせ本館の大浴場入口ですが… 




こちらには男女別の裸湯だけでなく、水着で入るふれあいゾーンと呼ばれる風呂がなんと12種類も♪ 

水着で入るのでもちろん男女混浴。しかもキャンプ場利用者に限り、

泊をまたいで滞在する2日間に2回入浴できて、タオルも貸してもらえるプランがあったので、

もちろんインの時にエントリーしておきました。

そしてこのプラン、撤収後に利用することも可能なのです♪ 



前日の入浴時は食事処のラストオーダーが気になり、

裸湯だけしか入る時間的余裕がなかったので… 




その時水着を穿けず残念がった末子には「撤収したらバーデゾーンに行くからね」と約束してあったんですよね。


なおこのキャンプ場利用者向け入浴プラン、

大人は1,150円・子供は700円 (共にバスタオル・フェイスタオル付き) で利用できますが、

タオルが付くのは二度の入館のうち一度のみだったので、初日は持参していたタオルを使用しました。

アトピー有りのお兄ちゃんがいる我が家ではキャンプ場に風呂があるのはとてもありがたいことで、

我が家がもう少しこちらに近ければ、夕方まで堪能することもできたなぁと… (^^ゞ




風呂上がりはノンアルで喉を潤します。




往生際が悪い… (^^ゞ 



その後お子たちが本館の2階を見たいというので付いていくと… 




2階にゲームコーナーあり。


しかし様子がおかしい…? 




よく見ると電源が切られています。




フロントに申し出れば電源投入してもらえるらしい。

節電ということね… (^.^) 



また昨夜の食事は1階レストランでしたが、2階にも食事処があるようです。




2階の食事処はより和テイストが強い感じ。

提灯が宴会場を彷彿とさせます。



休憩室もありましたが… 







利用は午後6時まで。しかも床が固そうだなぁと思ったら… 





同じフロアの奥に仮眠室も設置されていました。






男女別になってます。



外へ出て駐車場に向かうと… 





駐車場のすぐ横にリトルインディアンビレッジの看板を発見。





トーテムポールの先にはログコテージパオがありました。







どちらも宿泊費は通常1万円以上かかるようですが、

オフシーズン料金の設定もあり、半額で利用できる日もあるようです。




気になるオフシーズンは期間としては11月1日~3月31日。

ただしその期間中、半額になるのは平日の前日のみ。

ただしテントサイトはオフシーズン割引の設定はありませんでした。



ワタシのような暦通りに休みとなる職種では難しいですが、

上記オフ期間に親の職場の振替休日と子どもたちの学校の振休が合えば、

ここのキャンプ場の宿泊設備を半額で使える可能性があります。




キャンプ場入口の前には屋根付バーベキュー場あり。




3棟で20テーブル(1卓10人まで)の収容人数。バーベキュー駐車場は無料だそうです。

バーベキューの料金体系等の詳細はこちら


そしてその奥に見えるのが、フリーテントサイトA。




ただし今の時季はAサイトは使用できず、Bサイトのみ開放とのことですが、

遠目にもBサイトと同じく撤収しにくい砂サイトであることが分かります。




このキャンプ場、正直テントサイトは使いにくい印象もありましたが、

豊富な風呂がある本館の入浴料はリーズナブルと言って良い設定でした。


次に使うのは子どもたちと親の振替休日が合致したオフシーズンに、

常設のパオコテージで、というのが現実的な選択肢かなと思います。




ゆうパークおごせを発ったのは12時半過ぎた頃。




2017年は3連休が貴重ですから、

もっと混むかなと思ってましたが、ストレス無く中央道を走り、

帰宅することができた。得した気分でキャンプを終えられたのはありがたいことです。




なお更新文末ですが、例のトイレアートについて続報があります。






誰の手によるものか、ワタシの憶測通り越生高校美術科の生徒さんたちの作品か、

気になったのでHPから問い合わせたところ、

ゆうパークのご担当者様からメールをいただいております。



…だいぶ古いもので、越生町にも確認をいたしましたが

担当者も変わってしまい、どなたが書いたかわからないとの回答でした。

施設自体が20年以上を経過しており、当時の職員も今はおらず、こちらでも分かりませんでした。

こちらの施設は越生町の施設で、できた頃にはすでに美術科が出来ておりましたので、

もしかしたらitchann 様のおっしゃるとおり越生高校の生徒さんたちによるものかもしれません。

お問い合わせを頂き、調べるのにいい機会を与えていただいたにも関わらず、

きちんとしたお返事ができずに申し訳ございません。



とのことで、詳細は謎に包まれたまま…。

ですが丁寧なご対応には感服いたしました。ご担当者様、ありがとうございました。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ゆうパークおごせ キャンプ パオ コテージ バーベキュー オフシーズン 半額


コメントの投稿

非公開コメント

移動手段

ロッジ懐かしいです。田舎で何回か泊まりました。
オフシーズンで半額になるのはうれしいサービス!
自分はここまでの移動手段が問題になります。
レンタカー借りる必要あるし、ちょっと無理かな
やはり車があるとないのでは行動範囲が
違ってきますね

こんにちは

様々な施設がつまった場所だったんですね。
が、仮眠室・・・キチンとした仮眠室も初めて見ましたが、男女別というのも・・・
うちの方は大部屋ならごろ寝だなぁ。
何か指摘があったんでしょうね。
そして、ゲーセンの節電はねぇ(^^;)
なんか将来が先細ってくのが目に見える。
受付もそうでしたが、あまり経営が上手いとは言えないかも。

やっぱりコストコの会員も良いかもしれませんよ。
パンを冷凍し、キャンプの度に持って行き軽く焼いたり、ハッシュドポテト、うちも買いましたが20枚で500円。
わが家はあれからずっと冷凍室に入りっぱなしですが、itchannさんちなら需要がありそうです。
ファミキャンや親戚が集まってのキャンプもあるから元がすぐ取れるんじゃないかな。

No title

売れれば、美味しいんですがね。

一か月以上、楽天で売れてません。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ