手軽にケービングを楽しめる西湖の近くの洞穴とは?



年度末で平日ですが、何とか夫婦同士、

子どもたちの春休みに仕事の予定を繰り合わせ、この日に出ることができました。


先日の飯能方面でのキャンプと同じ、中央道に乗って西に進みます。






子どもたちの「トイレに行きたい~」とか、「お腹減った~」と言う訴えにも、

平日であるため、サービスエリアはさほど混んでおらず、

大人もあまりストレスを感じずに応えることができました。




河口湖インターを降りると、山肌の白さが間近に迫ってきます。



今回、親の仕事予定をやり繰りしてまだ出た旅は、

お姉ちゃんの卒業と進学を祝うものです。




彼女はみごとに第一志望の高校へ進学する権利を勝ち取りましたから。

今回の旅はフィールドでテントを張る行程はないのですが、

これまで彼女や弟たち、そしてもちろん我々夫婦にとっても、

キャンプと同等かそれ以上の楽しみを与えてくれるであろう場所を見つけてあります。


ゴールは明確なのですが、

とにかく主賓が満足できるよう、経由地についてはお姉ちゃんに選択を任せました。



その第一弾はこちら。






青木ヶ原樹海の中にある 「西湖蝙蝠コウモリ」。





駐車場は無料ですが、入場料は高校生以上が300円・中学生以下は150円。

今はまだ彼女が子ども料金で行ける、ギリギリなタイミングですね。



受付ではこれを貸していただけました。




ヘルメット。大袈裟なように思えますが、

この装備が必須であったことはこの後すぐに分かります。




入場ゲートからコウモリの入口までし徒歩5分とのことですが… 




樹海の中はウッドチップが敷かれた木道が整備されており、

青木ヶ原であっても迷うことなく歩けました。







そして入口に到着。




末子は基本こういう暗い場所は苦手なのですが、この日は頑張りました。





続いてお兄ちゃんが入





その後ママさんとお姉ちゃんが階段降り、

ワタシは最後尾で入します。




内はもちろん暗いので、

始めはボケボケな画像しか撮れなかったのですが、

なるべくボディを固定するようにして撮ると… 




何とかなったかな… 





内の照明にも助けられました。





この時点で正午過ぎですから、

夜行性のコウモリに出逢うことはできません。





この看板が見えたすぐ後です。




なるほど…

この天井の低さは、確かにヘルメットが必要です。






しかし悔しいなぁ… 


実はこの前日、肉体的に超絶ハードな出張があり、膝やら肩やらを痛めてしまったので、

ワタシは普段とおりに身体を動かすことができず、脚や腰を曲げる場所に来るたび、

置いてかれてしまいます。
が… 






途中で生命力のスゴさを見ることができ、

気持ちに元気を貰いました。




こんな暗い中でも苔類は生えているのです。



そしてやっと、コウモリの生息域の前に辿り着きます。






しかし… 




この奥に進むことはできませんでした。






縄状溶岩を見遣りつつ… 




足元は水たまりも少なくありません。

なおハイヒールで来てしまった方は、受付で無料の長靴を借りることができます。




所々に木製の手摺りがあります。頭上に気を付けなければならない箇所にも設置されているので、

今回のワタシのように膝を痛めた方も、しゃがむことが我慢できるくらいの状態なら、

何とか中を進むことができると思います。

そういう方向けの、短縮コースの看板もありましたし。




から15分程度で出口に辿り着きました。



なお入口には鉄格子が設置されていますが… 






この縦ヨコに幅が違う鉄格子には、こんな意味があるそうです。





コウモリを守るための構造とのこと。




全長350メートルは富士山域で最長の洞です。

プチケービングも楽しめると思います。過去に他の富士山域洞にも行きましたが、

その中でもボリューム感はイチオシと思います。オススメです。




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ケービング コウモリ 蝙蝠 ヘルメット


コメントの投稿

非公開コメント

洞窟

子供から洞窟に行きたいと言われて
はて? 近くの洞窟ってどこにあるのだろうと
探しておりました。情報ありがとうございます
さっそく子供に教えてあげよう(^^;

こんにちは

お姉ちゃん、ご卒業おめでとうございます♪

今、富士山の近くにいるんですね。
この洞窟はブラタモリでタモさんが入った所かなぁ・・・
富士山にはこんな洞窟が多いらしいですね。
私は閉所も苦手なのでちょっと躊躇だな。
頭上から降り注ぐ太陽の陽。
さぞ綺麗でしょう。
癒されますね(*^^*)

今年の大河はあまり評判がよろしくありませんが、再放送の時間帯は他に楽しみもないので息子と見てます。
全然知らない井伊家なのでね。気づきも楽しみです。
さて、私の今回の目的は何でしょう(≧▽≦)

No title

第一希望合格、おめでとうございます。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ