予約なしで連休も入れるキャンプ場で注意すべきたったひとつのこと





GWの初日である昭和の日、今や関東一のキャンプのメッカである道志なのに、

4組しか設営していなくて、

静かにソロキャンプを楽しめるキャンプ場とは…




こちら。オートキャンプせせらぎ。

このキャンプ場、あの超人気キャンプ場のすぐ近くに所在します。




かつて道志キャンプの代名詞とも言える巨大人気キャンプ場・道志の森に向かったところ、

あまりの場内の混雑ぶりにその地での設営を諦め… 




道志の森近所の小さなキャンプ場に泊まったら… 

案外と静かで、快適に過ごせたことを思い出しました。




ただしある点を除いて、という前提付きでの話です。




こちらはラビットオートキャンプ場。

今回のオートキャンプせせらぎと同じく、

道志の森の近くに所在し、難民キャンプ状態な道志の森を諦めて設営したら、

アウトまで我が家だけの貸し切り状態で過ごせたことがあります。




道志の森が人気キャンプ場である理由のひとつは、

そのワイルドな環境設定。





野趣あふれるというかざっくりしてるというか… 

とにかくワイルドなのです。




例えば管理棟からメインのサイトである天然プールに至るまでの道を車で走るだけで、

路面の荒れ方が四駆向けであることが嫌というほどわかりますから、

こちらのキャンプ場では車高を落とした改造車の姿を見ることはほとんどありません。




また夏休みや連休などの繁忙期を除けば、利用料はリーズナブル。

ソロで車なら一泊1,700円、バイクなら1,200円で泊まれてしまいます。





そんな非日常的なワイルドさとコスパのバランスが人気の秘訣なのでしょうが、

それがゆえ、特に今の時期はファミやグルの方々が押し寄せて混雑するため、

とりわけソロキャンパーには敷居が高いキャンプ場になります。





しかし灯台下暗しとはよく言ったもので、

その人気キャンプ場のすぐそばにあるラビットオートキャンプ場やオートキャンプせせらぎなどは、

GWのような繁忙期でも予約せずにフラッと立ち寄っても、

隣のサイトの嬌声に眠りを妨げられたりすることもなく、

静かで快適なキャンプを楽しむことができるのです。





が、そんな美味い話には必ずオチが付くのが、

この世の中の必定。

オートキャンプせせらぎでも、たったひとつ、

ある事案を我慢しなければなりません。


それは何かというと… 




ラビットキャンプ場やオートキャンプせせらぎに共通するのは、

その立地が宅地に近接していること。


それぞれのキャンプ場でも、サイトを選べば何とかなるとは思います。

しかしそれを怠ると住民の方と目が合ってしまったりして、

キャンプ客の非日常と周辺住民の日常が隣り合うことになり、

焚火の煙など、気を遣う必要が生じることもありそうです。






しかしオートキャンプせせらぎでは、管理者様はその辺りも対策されている様子。

もう少し暑い季節に近付くと、植栽の繁りが濃くなるので… 




サイト内外の視覚的な干渉の頻度はかなり解消されます。



こちらのキャンプ場、サイト地面のコンディションや給水設備、

また管理者様の快活なお人柄等、

じゅうぶん通年営業できるスペックをお持ちのように思えるのですが… 




それをしない理由は、冬季に植栽が落葉し、

プライベート感が著しく損なわれるから…




…といった要因が大きいのかもしれません。

実に惜しい…(^^;;




それでも開場時期ならほぼいつでも空いていて、

ほぼ間違いなく快適に過ごせるのは凄いことです。




じゃ、ウンチク言うのはこの辺で止めにして設営始めますか。




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ ソロキャンプ 連休 視覚的 プライベート


コメントの投稿

非公開コメント

惜しい

GWでも入れるってすごいですね
しかもすごくリーズナブル
これで目隠しがあれば
最高でしたね。惜しかったです(*^^*)

こんにちは

あのプレート、表面がすごく綺麗で、使うのが楽しみですね(*^^*)
この連休が使い初めかな?
最近テレビでお肉のお店をよく見てるので、やっぱり肉がイイナぁ♪

道志ってホントにいっぱいキャンプ場がありますね。
その時々で希望に沿ったサイトが選べるって凄いです。
連休は喧騒がつきものかとおもってましたが、静かなソロキャンを満喫できたようですね( *´艸`)

都会のカラスって凶暴なイメージですね。
人間もそうだし、動物までもが心の余裕をなくしている感じ。
こちらは、まだ人間を避けて飛んでいきます。
私は「カーコ」と名前までつけてるのに^^

No title

宅地に近接しているってなんか、現実に戻りますね。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ