燃えない薪のおかげで楽しいはずのソロ焚火が台無しに…





焚火の時間です。




その前に一応書いておくことにします。

今回は前回と違い、隣を気にせずに済む広いサイトでしたから、

張り縄を取り回す工夫は不要でした (^.^) 




幕体テンションを保つためのペグダウンはまったく工夫せずに済んでおります。



さて、敷地が広大なキャンプ場の成功事例はたくさんありますが、

その反面、失敗例かもしれない光景も多く目にしてきたように思います。




2年前は何もなかったキャンプ場のすぐ隣りに、

久しぶりに訪れたら、工場が建ってたなんてこともありました。




色んなことを書きたいのですが、

ワクワクな連休後半が始まったばかりだし、明後日からの久しぶりなお出かけ予定も楽しみなので、

吐き出しは最小限に留めたいと思ってます。自制心を保つことはどんな状況であっても必要ですから。









砂利サイトであってもキャンプ場が直火を許可していても、

サイト直火で焚火をする気にはなりません。




スノーピーク焚火台はSです。

ピコグリルもありますが、それを使っても使わなくても同じでしょう。

きこりさんで買った杉です。




頑張ったのです。

車のゴミ箱にあった紙ゴミやらティッシュボックスやらの中味全部を、

携行してきた5リットルの灯油缶に染み込ませて着火源として使い、

に火が点いた後は口角を狭めて幾度となく吹きました。




呼気を与えればこんな風に燃えそうになりますが… 





の炎はすぐに鎮火してしまいます。



こちらの、かつても未乾燥状態で売られていたことがあり、

その時は鉈で割いて細くして使いましたが、




時刻はすでに夜20時を過ぎてますし、

空いているキャンプ場であっても、まったく無人ではないので、

鉈割りの打刻音を響かせることが許される時間帯ではありません。




なお上の画像当時の方が、杉の乾燥状態はまだマシでした。

焼きそばを食べられる状態まで加熱調理できましたから。

ダッチオーブンの底は煤だらけになりましたけど。





2年前だったかな。その時もこの販売元の杉薪には苦渋を舐めされました。

水分たっぷりの杉薪を割いた後の鉈は濡れてましたからね。


いやいや自制心…(^^ゞ 

たまたま2年越しで購入した杉の薪束が、

たまたまはずれだったのかもしれません。


しかし同じ薪屋さんで二度も乾燥度の低さに直面してしまったとなると、

このアイテムを引っ張り出して検証するのもアリと考えてしまいます。




今年の2月、某所からいただいた大量の間伐材を薪にすべく、

乾燥状態を管理するために求めた含水率計 モイスチャーメーターです。

もしかして持ってきてるかと思いキャンプ道具のコンテナの中を探ってみたら、

自宅での薪割りに仕舞ってあったものを見つけました。





前述通りすでに鉈を振るうことはできない時刻ですから、

買ったままの割らない状態で、杉薪の中程にて検針します。




この後計測値がすぐさま表示されましたが… 




「うーん…」 と唸ってしまうような数値が表示されてしまった。




残念な結果に近かったことだけは明言しておきます。


年度が変わり仕事の職責も微増してしまいました。

なおのこと、自分の身と心を癒せる時間が愛おしく、機を与えてくれた家族に感謝しておりますが、

その癒しの時間の半分くらいは、燃えない薪のおかげで台無しになったのであります。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ きこり 焚火 含水率計 モイスチャーメーター


コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

毎日拝見だけになってました。
ここ数年大まかに割って束ねただけという印象が強く、足が遠のいてます。他に比べて価格は抑えられていると思うのですが、需要と供給のバランスが崩れているのが顕著に表れてるように思います。木炭を投入して強引に燃やした事がありましたが、盛大な煙しか上がらず広葉樹薪へ着火も出来なかったです(^^;なんとかならんもんですかね〜…。

燃えない薪

燃えない薪ってあるんですね
今まで経験したことがないです
これは本当に残念でしたね

ところで、WideFMは新しい車なら
対応しているんじゃないでしょうか
もし携帯性のよいものを探している
なら録音機能がないものは安く
購入することができますよ(^^)

No title

3日からかと思ってましたよ。

Re: お久しぶりです。

みっと 様

コメントありがとうございます。
あの薪屋さん、最近の状況はちょっとマズイですよね。

仰るとおり需要と供給のバランスが崩れているのは間違いなく、
本当に焚火を楽しむなら、可能な範囲で自分で薪を管理して、
キャンプ地へ持ち込むべき時代になってきたように思います。

そろそろ薪棚も作らないと…(^^ゞ

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
タグ

Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ