薪を割る丸太が無い場合の代替品・SP焚火台セット持ちならアレが使えます



昨日の東日本は獅子山の名を冠した台風により、大荒れの天候。

その台風はキャンプ当日はすでに発生してから久しく、太平洋上を迷走している最中でしたが、

この日の道志村下善之木にはほとんど影響はありません。




とても穏やかで過ごしやすい気候に恵まれました。




森林香の煙がほぼ無風であることを示しています。


湿度が低く、気温も高くないため、

設営後にゴクゴクと喉を鳴らしてビールを飲みたいという欲求には駆られませんでした。

なので今日はこちらから。




男梅です。

甘ったるいので暑い時期は遠慮しがちでしたが涼しいからでしょう。無性に飲みたくなりました。


甘酸っぱい梅酒の風味を楽しみながら、

少しずつ日が暮れゆく時間をまったりと過ごします。




右奥のトイレ棟にも灯りが入りました。



夕暮れ前はカメラと肉眼では捉える陽光の量に差が生じます。




18時半過ぎですが肉眼ではもっと暗く感じます。


LEDランタンを灯してみるとこんなです。




2本目はやはりビール。この画は時系列としては逆順となる18時半前の撮影だった筈。

ビールを飲んでいた時の画の暗さの方が、肉眼で感じる明るさに近く感じます。


ということでランタン点灯の儀を開始しますが、

ヘッ電を使わずとも、これを手元近くに置いて照らしても有効ではないかと思い試してみます。




iPadですね。



うんうん、思惑通りです。




照射範囲がピンポイントのヘッ電より広域を照らしてくれるので、作業がしやすかった♪ 





プレヒートを済ませて… 








19時10分、点灯の儀終了。




たった40分であたりは真っ暗になりましたが、

さすがのケロ灯3発は明るいです。この明るさが後であだになりましたが…。



そして涼しいので積極的に焚火の準備も進めます。

いつも通り、着火しやすくするために薪を鉈で細く割りますが、このサイトには薪割りに使えそうな、

薪割り台の代わりになりそうな、手頃な大きさの石がありません。

※ サイトの三ヶ瀬川との際の護岸部に石がありますが、それ使うのはさすがにマズイので対象外です。




しかしこんな状況下でも、アレがあれば大丈夫。






スノーピーク炭床。ワタシのは旧型Sですが現行タイプより厚手なので、この用途には向いてるように感じます。


スノーピーク (snow peak) 焚火台/炭床Pro S/ST-031S 【...
価格:2592円(税込、送料別) (2016/8/30時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



現行型だと下手すりゃ細めの鉄部が割れるかも…(^^ゞ 



シルキー鉈でSP炭床薪割り台に使い、薪を割るのも割くのも完了♪ 




無事に焚火の支度も整いました。


ではそろそろ晩メシの支度へ。




これまでのキャンプ生活では封印してましたが、ある理由から初の料理ジャンルに挑みます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ケロ灯 プレヒート 薪割り 炭床 スノーピーク 焚火

オシャレ系キャンプ用温度計は北欧系がオススメ♪




私的にいちばん好みのキャンプ場サイトの立地は、河畔沿いです。





ワタシが道志みち沿いのキャンプ場ばかりに足を向ける理由は、

言うまでもなく清流 道志川、そして田代沢や三ヶ瀬川やモチハギ沢など、

道志川水系の本流・支流域に立地する河畔サイトのあるキャンプ場が多いからということに他なりません。



そしてこちらのオートキャンプせせらぎの河畔サイト。




今までの経験の中でも、もっとも川面に近い場所のひとつですが、

その川面よりやや高い場所に立地しており、サイトのすぐ下に三ヶ瀬川の清流を楽しむことができます。



他にも道志川の本流域で、川の水面にごく近い環境を楽しめるキャンプ場には、

つい半月ほど前、親戚とのグルキャンで訪れましたが、

その数日後に上陸した台風による増水で、我々が川遊びを楽しんだあたりの穏やかな流れの川岸は、

流出してしまったと聞きました。




左下に見えるテントが起っているのがそのあたり。我々の設営したAサイトは、護岸により無事だったようです。


久保キャンプ場、台風直撃で道志川が増水したことによる河畔サイト流出は以前もあったそうですが、

今回はよりその規模が大きかったようで、改修処置が大変だったそうです。


このお盆休みにお世話になった管理者様、そしてスタッフの方々にはたいへんお気の毒様でした。

心よりお見舞い申し上げます。



そしてここ、オートキャンプせせらぎの三ヶ瀬川に近いサイトでも、

台風9号上陸後の痕跡が見受けられますが… 




倒れた川べりの草の高さで、増水がさほどの量ではなかったことが分かります。

同じ道志川水系でも、本流と支流では流れ込む雨水の量に、

かなりの違いがあるのでしょう。




ところがこの気持ち良いロケーションの河畔サイトですが、

ひとつだけ我慢しなければならないことがありまして… 




植栽切れ目から、周囲の住宅が見えてしまいます。


ただし… 




その住宅群には生活感がありません。

どうやら日常的に住まう居宅ではなく、別荘のようです。


キャンプ場で無関係な近所の余所様の日常生活が垣間見れてしまったり、

あるいは生産活動を行う工場等の稼働音が聞こえたりすると、

非日常感が薄れてしまうものですが、前者の場合は人がいないのであれば、

我慢できる範疇かなと思います。



対岸に植栽が増えれば対策できそうですが、三ヶ瀬川の対岸はキャンプ場の敷地では無いようですし、

こちら側の岸にはこれ以上植栽を増やすのは難しそうです。

せめて我々の滞在中は、別荘は別荘のまま、静かな状態でありますようにと祈るまで…(^^ゞ 



さて、今日の更新の本題です。

これ横浜某所の、某海外資本系の巨大家具屋で見つけました。




お持ちの方もいられるでしょう。LOTTORP、ロットルプのタイマー。




開梱しましたがシンプルな意匠。

側面にはスウェーデン語と思しきテキストの印字がありますが、

これが意味する機能がスゴかった。



まずは電池を入れます。






ヘッ電でも使うため、キャンプ道具のコンテナに単4アルカリ電池は切らしたことはありません。これは100均で求めたもの。


電池を入れた後、タイマーを傾けてみると… 







時刻を表示するだけではなく、気温が表示されました。





キャンプ中に時刻やら時間計測やらしたい方も少なくないと思いますし、

温度計も必要かと思います。

ワタシもその1人で、スントやバリゴのABCウォッチを愛用して来たのですが… 




ボケてしまい申し訳ありませんが、ロットルプと同じ時刻に計った数値。

バリゴの計測性能は優秀です。驚きなのはそれと同じ気温を表示していること。




だってこれイ○アなら200円未満で買えてしまう廉価なアイテム。

なので5つも買ってしまったけど、こんなに正確な計測値を叩き出すとは思っても見ませんでした。




楽天にもありましたが店頭とはかなりかけ離れた価格です。このプライスが付くだけの性能があると考えても良いのかも。

なお時刻と気温の他に、カウントダウンタイマーとアラーム機能も併せ持ち、

本体を回転させるだけでそれらの機能を切り替えて表示させることができます。




そしてもうひとつ、数日前の更新で格安にて入手できた鉄鍋ですが… 




これお手頃価格で本体だけ買えたのですが、キンキンに熱して使うものですから、

キャンプに持ってきてから、受け皿をいっしょに買うことまで気が回っていなかったと気付きました。


しかし… 




手持ちのステーキ鉄皿用の木皿がジャストフィットするとわかり、問題は解決しました。






調子に乗って、調理とは全く関係のないアイテムを入れてます。これも後で活躍してくれました。

続きます。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ケルティノアズ16ft.が1諭吉+3000円で買える?



オートキャンプせせらぎは、道志村下善之木にあるキャンプ場。




標高は730メートルほどの場所にあります。


下善之木は大小30近くのキャンプ場がひしめく道志みち沿いにあって、

特に個性的なキャンプ場が集まる地域です。




道志随一の広大な敷地を誇る道志の森キャンプ場や… 




レストリブレや山荘水之元といった、旅館業のかたわらでキャンプ場も経営されているところもあり… 




特に水之元さんは、1人300円で民宿の風呂を使わせていただくことが可能で、

他のキャンプ場に宿泊している場合でも大丈夫。




この地で子連れキャンプを楽しむ場合は、とても心強い存在です。




他にもラビットオートキャンプ場といった、こぢんまりとした個人経営のキャンプ場があります。

かつて道志の森に向かったけど満員状態で入れず、

泣く泣く西沢林道を下ったところでラビットさんの看板を見つけ、家族で利用したことがあります。

いわゆる「道志の森難民」の受け皿といった立地の小さいキャンプ場ですが、

コインシャワーやAC電源、共用冷蔵庫などは揃っています。

施設に新しさは望めませんが清潔感はあり、古いことを我慢できれば快適な場所でした。




かつてオートキャンプせせらぎは、その立地としてラビットオートに近いような…




つまり「道志の森難民の避難先」と言われていたようですが、それは昔の話です。

今はこのキャンプ場ならではの雰囲気を楽しむために、

初めからここへと決めて訪れるだけの魅力が備わっています。




道志の森の天然プールを縮小したようなプールは、同じく三ヶ瀬川から天然の清水を引き込んだ物。


ここ7月初旬のソロで訪れた際に下見して、その時のブログに画像を載せておいたのですが、

往路で末子にその画像を見せたら「ここに行く~」と一撃で決断。


そしてこうなりました。




たぶん末子の身長でも足が着く深さなのでしょうが、念のためライジャケは身につけさせてます。


というのもこれを投入したのと… 






ワタシも水着に着替えるべきでした。服のままこんにゃくボートに同乗し漕ぎ方を教えてたら、

いつの間にかTシャツ背中から短パンの尻にかけてずぶ濡れになってしまった…(^^ゞ 





そして三ヶ瀬川でも水遊びしたから。こちらの方がプールより浅いけど流れがありますからね。




ちなみに末子が川遊びしているのはサイトの真横。

ほんの3~4メートル先なので、川を見遣りながら設営を進められて… 




2人ですがテンティピ設営完了。このサイトに入れることを想定し、

夏も快適なポリコットン幕を持ってきたのは正解でした。



サイトに入ったのは15時半過ぎでしたが、設営前にプールで舟遊びしたおかげです。

ずいぶん時間を喰ってしまった… (^^ゞ 






まもなく18時。


ケルティノアズ16ft.もペアキャンプでは大袈裟な装備のように見えますが… 






これも起てて大正解。翌朝は思ってもみなかった天候になりましたから。



 

2年前は1諭吉ちょっとで買えたノアズ16。その後値上がりしてしまいましたが、

アマで12800円送料なしで売っているのを見つけちゃいました。この記事作成時点で左が残り2点、右はラス1だそうです。

欲しい方はお早めに。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ケルティ ノアズ 16ft 下善之木 道志の森 ラビット レストリブレ 水之元 風呂

金曜に休みが取れると幸せが訪れる・まさにハッピーフライデー♪




今夏受けた職場の定期健康診断で、思わしくない診断結果をもらってしまいました。

不安を払拭すべく、金曜日は1日休みを取って自宅近くの病院に予約を入れ、

朝一番で通院。




※ イメージ画です。


再検査の詳細は割愛しますが、検査結果を持っていき、該当科の医師に見ていただいたところ、

再検査が必要とされた項目の数値は体質に依存するものであり、心配することはないとのこと。

念のため検査のための採血を行い、その検査結果を聞くための再来予約を済ませて病院を出たのは、

まだ午前10時台。


職場に行くという選択肢もありましたが、この時期は幸いにも忙しくありません。

ありがたくも週末前に空き時間ができ、サイフにも余裕がありました。


ということは… 




平日からのキャンプへ。

この日は最高気温が30度を超すものの、湿度は50パーセント台。初秋を思わせる快適な気候条件でした。



とは言え特に予約を取っていた訳ではありませんから、行ける場所は限られています。

なので目的地はいつもの道志みち沿いで、飛び込みでも入れる場所を目指します。


まずはこちら。




道志のきこりさん。相変わらず人気の薪屋さんですが、週末前なので在庫があるだろうと思い訪れると… 



うーん… 甘かったか… (^^ゞ 




と思いきや… 


無人販売の売り場奥にかろうじて残る杉薪を確保できました。







一束250円。




この時季なら杉薪一束でも足りるのですが、こまかい硬貨の持ち合わせがなかったので二束購入。




料金箱に投入して杉薪を車に積み込み、目的地を目指します。



予約を取らずに行けるキャンプ場できこりさんの近く、つまり道の駅どうしあたりで、

必ず再訪したいと考えていたキャンプ場です。


こちらの天然プールを備えた超人気キャンプ場と、どちらにしようか迷いましたが… 




この時季のあのキャンプ場は金曜インでもおそらく混んでいるでしょうし、静かな時間を過ごせない確率も高そうだし… 


そこで7月初旬に訪れたあの超絶快適そうで静かな穴場のキャンプ場へ赴くと… 




思惑的中です。




空いてました。なんと我が家以外のお客さんは3組のみ。


しかもこのサイトに入ることができたし♪ 






清らかな道志川の支流、三ヶ瀬川(さがせがわ)沿いの極上サイト♪ 

そう、ここはオートキャンプせせらぎ



7月初旬にソロで訪れた際、この三ヶ瀬川を眼前にしたサイトには、

絶対に我が家の子どもたちを連れてきてあげたいと考えていまして、今回は末子が同道してます。




彼の小学校はすでに夏休みが明けていますが、この日は正午前の下校でした。

気象条件としてもこの土日は難しい状況でしたからね。ハッピーフライデーとはこのことかと♪ 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ハッピーフライデー 道志 三ヶ瀬川 オートキャンプせせらぎ

19度の道志と39度の相模原市内を行き来して感じたのは…



昨日の更新の文末で名前をおたずねした、可愛らしいお客さんですが… 




フタスジモンカゲロウではないか、とのご指摘をいただきました。

ググってみると確かにその通りではないかと思います。

お知らせくださったのはももびーさん。ありがとうございました (^.^)



さて今回のソロキャンプは紛うことなく、明けたとの宣言が出てない、

梅雨の真っ最中でしたが、晴れと風に恵まれました。


いつものこの時季なら、撤収時には間違いなく結露していたこの部位です。





トンネル型テントのフライとインナーが近い部分。

特にファーリット3はトンネル型としては小型の部類ですから、立ち上がりシロが少ないです。

必然、フライシート上部のエアインテークまでの対流が起こりにくいのでしょう。




昨年10月末、晴れ間でソロキャンした後の撤収時。

フライのインナーに近い部分は露が付きまくりで、乾燥のために手間が必要でした。



しかしです。

今回は秋晴れな時より、明らかにずっと湿度が高い時季だったのにもかかわらず… 




なんと結露はゼロでした。




夏の珍事か… (^^ゞ 

ま、ありがたいことです。ファウデ・ファーリットはこれまでさんざん雨に降られてきたし、

晴れても結露が酷くて、たいていはゴミ袋撤収でしたからね。



せせらぎさんのチェックアウト定刻の正しい情報は、結局のところ分からないままでした。






この気持ちいい空間、ホント去るのが惜しい…(T.T) 




ですが時は待ってくれません。




諸説のうち遅い方の時刻を目安に撤収を進め、

定刻? 前に泣く泣くという感じで撤収を済ませましたが、正午過ぎなのに気温は30度に届いておらず。

これはスゴイことなのでしょう。






「スゴイ」を実感したのは、せせらぎからたった8キロ過ぎただけで、

この気温表示になったこと。




デリカの車外温度表示は33度。



これ道志下、椿のあたりです。




喉を潤したくて、道志みち沿いでハッピードリンクを求めた時の撮影でした。



しかしさらに凄まじい状況を目にしてしまいます。





相模原市中央区の辺りでした。

地球温暖化が危機的状況に近付きつつあることを感じます。




車外は40度近く、燃費度外視でエアコンフル稼働の状態でも、

車内はこんな温度。




30度です。



この12時間前、道志で見た気温の画像を載せておきます。




車外温度表示とは、ほぼ20度の違いです。


今年の夏はとんでもない暑さになるかもしれないと報道情報で聞いたばかり。

夏休みは出来る限り涼しいところへ避難した方が良さそうですが、

それ以前に温暖化を何とかしないと、そろそろ本気でマズイ気がします。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

サイト拡張が成功するケースは少ないのかもしれない




とんでもなく気持ち良さそうな「せせらぎ」の、

三ヶ瀬川を独占できそうなとっておき度の高いサイトを見つけた後は、

第2サイトに向かってみます。




左手には三ヶ瀬川が流れているのですが、

さきほどの「とっておき」サイトと違い、川に降りることは適いませんが、

第2サイト入口にいちばん近いサイトは、ここもなかなかのロケーション。




朝方まで、バイクキャンプの方々が幕営されていましたが、

せせらぎの中では広めのサイトで、木陰の濃さも申し分ない感じ。



ただ、第2サイトをだんだんと置くに向かうと、様相が変わってきます。






少しずつですが明らかに、木陰が減って行きます。



こちらの第2サイト、Web上の情報によると、2013年頃に造成が始まったらしいのですが… 





基本砂利サイトであるこのキャンプ場で、

まだ赤土が見えている造成途中っぽいサイト候補地? が残っています。


そして第2サイトの奥へ進めば進むほど、とある状況において、

残念さが増す傾向がありました。






サイト敷地と周囲の民家との間に植栽がありません。

この辺りは民家から視覚的に曝されている感がハンパないです…(^^ゞ 




ふと気付くと第2サイト奥では、三ヶ瀬川沿いの植栽がある場所であっても、

川の対岸にある民家から、電動工具を使う機械音が聞こえてきました。


プライベート感を味わいたいなら、オートキャンプせせらぎでは第1サイトか、

せめて第2サイトならその入口あたりまでがオススメです。


なお前述の「とっておき」サイトからも民家は見えますが… 




幸い遠くにあったり、旨い具合に植栽がカバーしてくれる感が強いので、

あまり問題に感じません。



せせらぎの素晴らしいところと残念なところを感じつつ、自サイトに戻ります。






ありがたいことにブヨは来ず、しかしこんな可愛らしいお客さんが見えてました。




カゲロウの類と思いますが名前が分かりません。

どなたかお知らせ頂けたら幸いです。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

道志でいちばん気持ち良いロケーションのサイト発見♪




このキャンプ場への初訪問は涼しさを連呼してきましたが、

オートキャンプせせらぎにも日射しはしっかりと差し込んでいます。





しかしそれ以上に木立の繁りが快適です。








「濃緑色」とはこのことを言うのでしょう。






タープの色に負けないくらい濃い緑です。夏を感じます。



このキャンプ場のチェックアウト時刻は諸説あり、検索してみたところ、11時だったり13時だったりします。

残念ながらキャンプ場オリジナルのHPは持たれていないため、真偽のほどは定かではありませんが、

空いている場合はゆっくりしていっても良いことが多いらしいので、

甘えさせて頂くことにしました。




10時半を過ぎましたが、もう少しこの涼しい場所を堪能したくて、

散策を続けます。





数年前に増設されたらしい第2サイトに行く前に… 






左手に回り込むと、川沿いサイトがありました。




上の画の左上の茂みのすぐ裏が、ワタシの設営した場所です。





第1サイトほどではありませんが、適量な感じの木立の繁りがあり、

この下に幕営すれば昼間も暑さは緩和されるでしょう。






このサイトには、上の自サイトから植栽ごしに見えていて、

ずっと気になっていたロケーションがあります。





やっぱりです。






道志川支流の清流・三ヶ瀬川に直でアクセスできる環境でした。








ここ、反則だなぁ。






こんな気持ち良さそうな場所、道志みちのキャンプ場では他に思い当たりません。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ