心温まるキャンプ場トイレアート・身体はもっと温まる薪ストと灯油ストーブの共演




越生町は有名な梅処であると知ったのは、

現地を訪れてからのこと。




ゆうパークおごせの敷地内にある、フリーテントサイトからいちばん近いトイレのそばにも、

ナトリウム灯に照らされた梅花が咲き誇っています。


梅の花を愛でるにも良い場所ですが、

トイレを訪れるともっとビックリするような華やかさが、我々親子を待ち受けていました。





落書きだらけ?


いや… 落書きにしては手が込んでいるというか、

もっと意図的なものを感じます。




ゆうパークおごせ自体が公園のような面もあるので、

このトイレも公園のそれという感じの佇まいなのですが、

壁画として描かれたものと考えた方が良さそうです。





あるいは… 

不届き者の手で落書きされてしまう前に、

壁画で飾ってしまおうという意図を持って描かれたものなのかも…。




ひとつだけ言えるのは、

これらの壁画によって、殺風景でない暖かみというか、

ほんわかとした気持ちになれたこと。




なんとも言えない可愛らしさを感じます。

女の子が描いたものでしょうか。




この壁画アート、誰の手によるものか、

ネットで調べても答えが見つからなかったのですが、帰路に見た越生町内の店舗のシャッターにも、

同じようなものが描かれているのを見つけました。






そのシャッターアートには越生高校美術科の生徒さんたちによるものとのサインがあったので、

もしかしたらこちらのトイレアートも、同校の生徒さんたちによるものかもしれません。


ちなみに我が家のお姉ちゃんも4月から、

別の高校ですが美術科へ進学することが決まっています。




たかがトイレアートですが心が少しだけ暖かくなった気がして、

末子とともに自サイトへ戻ります。





実はこの時点で22時ジャスト。子どもたちにだいぶん夜更かしをさせてしまった… (^^ゞ 





テントに入ると心以上に身体が暖かくなった…(笑) 





ちびストには越生町・ウッドパイルジャパンさんの素晴らしい薪が燃え盛っており、

その隣ではアルパカストーブが稼働してますからね。




ちびストは吸気口を閉じました。

朝まで薪火は保たないでしょうけど、熾火くらいは残ってくれるはず。





今回は帯同人数が3人ですが、

ダウンシュラフだけでは寒いかもしれず、化繊シュラフを3つ持参し、

それをガワにして2レイヤーシュラフにします。




そろそろ日付が変わります。

やっとお子たちも寝息を立て始めたので… 




ワタシも休むことにします。おやすみなさい。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ゆうパークおごせ キャンプ トイレ 壁画 越生 高校 美術科

最高品質の薪との出会いに感謝・久々にテンティピ幕内30度を超しました



こんなローアングルから撮ってみて、

やっと煙の色を画像に残すことができました。





越生町のウッドパイルジャパンさんで求めたの質は、

これまで対面販売で買った物の中では最高と言って良いクオリティです。




ちびストーブの炉内に入れれば、

瞬く間に火が回ります。火が点くというレベルではありません。




すぐに炎に包まれるのです。


おかげで広いテンティピ ジルコン15の幕内なのに、

温度はこんな状態に… 




33度と出た。ウッドパイルジャパンの店主様からを頒布いただいた際、

質に自信がおありの様子でしたが、なるほどと思いました。



くべのためちびストーブの前に座っておりましたが、

さすがに暑すぎて、幕外に出て火照った身体を冷やすことにします。




ジルコン、良い色に照らされてます。



ちなみにゆうパークおごせが所在する地の標高は… 




100メートルくらい。我が家と同じくらいの海抜高度。




なので自宅で眺める夜空と同じくらいの星しか拝めませんでした。


外気温はきちんと計りませんでしたが、この日の予報では一桁台、

おそらく5度前後まで下がっていた筈で、

すぐに身体の火照りが冷めたので幕内に戻ると、

前回のソロ行時、このランタンのホヤを清掃した甲斐があったことに気付きます。




コールマン639C700。やはりケロシンランタンは、

ホヤのメンテを頻繁に行うべきなのでしょう。

なお白い粒状の斑点は、今回の予熱時に発生した水蒸気がへばり付いたものと思われます。



この後お子たちと話し込みつつ時間が流れ、

21時を過ぎた頃、就寝中の暖房熱源を確保する準備に入ります。




ちびストーブは朝まで起きてをくべ続けなければ、

間違いなく鎮火するので、アルパカストーブストキャンプでも欠かせません。




給油を済ませて… 




点火完了。



そして今は爆発的な照度を誇るケロシンランタンたちも、

夜中には減圧したりケロシン切れしたりで消灯するので… 






太陽充電式のソーラーパフを点灯させました。



ここでふと気になったのが、サイトの地面。




これって砂だけど、何というか… 

子どもたちの運動会で見たような気がします。




この砂が翌朝の撤収時に、

思わぬ障壁になるとはこの時はまだ気付きもしませんでした。



末子がトイレに行きたいけど一人じゃ怖いと言うので、

付き合うことにしますが… 





ゆうパークおごせのフリーテントサイト直近にあるのは、

目にも楽しいトイレだった。




今回は不参加の我が家のお姉ちゃんも関係があるかもしれない意匠です。

続きます。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ゆうパークおごせ キャンプ テンティピ ストーブ ウッドパイルジャパン ナラ



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
access counter




  • SEOブログパーツ






カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
キャンプ場検索
キャンプ場予約はE-CAMP
月別アーカイブ
更新履歴
Pharus Store
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

translation
リンク
米国OD用品アウトレット
Sierra Trading Post

Live Moon ~ 本日の月齢
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ